カワイルカ科とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 哺乳類 > クジラ目 > カワイルカ科の意味・解説 

カワイルカ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/06 08:02 UTC 版)

Platanista gangeticaは、偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)カワイルカ科ガンジスカワイルカ属に分類される鯨類。本種のみでカワイルカ科ガンジスカワイルカ属を構成する。別名インドカワイルカ[5][7]


  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 09/02/2018)
  2. ^ a b UNEP (2018). Platanista gangetica. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 09/02/2018)
  3. ^ a b c d e f g h i j k Braulik, G.T. & Smith, B.D. 2017. Platanista gangetica. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T41758A50383612. doi:10.2305/IUCN.UK.2017-3.RLTS.T41758A50383612.en. Downloaded on 09 February 2018.
    Smith, B.D., Braulik, G.T. & Sinha, R. 2012. Platanista gangetica ssp. gangetica. The IUCN Red List of Threatened Species 2012: e.T41756A17627639. doi:10.2305/IUCN.UK.2012.RLTS.T41756A17627639.en. Downloaded on 09 February 2018.
    Braulik, G.T., Smith, B.D. & Chaudhry, S. 2012. Platanista gangetica ssp. minor. The IUCN Red List of Threatened Species 2012: e.T41757A17628296. doi:10.2305/IUCN.UK.2012.RLTS.T41757A17628296.en. Downloaded on 09 February 2018.
  4. ^ 日本哺乳類学会 種名·標本検討委員会 目名問題検討作業部会 「哺乳類の高次分類群および分類階級の日本語名称の提案について」『哺乳類科学』第43巻 2号、日本哺乳類学会、2003年、127-134頁。
  5. ^ a b c d 笠松不二男・宮下富夫・吉岡基 「鯨類の分類」『新版 鯨とイルカのフィールドガイド』 大隅清治監修、本山賢司イラスト、東京大学出版会、2009年、5-9頁。
  6. ^ a b 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・天野雅男・下稲葉さやか・樽創・姉崎智子・横畑泰志 「世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』第58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。
  7. ^ a b 森恭一 「【参考】本書に出てくるイルカとクジラ」『イルカ・クジラ学 イルカとクジラの謎に挑む』 村山司・中原文生・森恭一編著、東海大学出版会、2002年、7-10頁。
  8. ^ a b 大隅清治編著 「クジラ目、カイギュウ目の分類表」『動物たちの地球 哺乳類II 4 クジラ・ジュゴンほか』第9巻 52号、朝日新聞社1992年、114-115頁。
  9. ^ a b c d e f g h i j 粕谷俊雄 「ガンジスカワイルカ」「インダスカワイルカ」『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著、講談社2000年、148-149頁。


「カワイルカ科」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カワイルカ科」の関連用語

カワイルカ科のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カワイルカ科のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカワイルカ科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS