小さい人とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 小さい人の意味・解説 

ホビット

(小さい人 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/18 00:40 UTC 版)

ホビットHobbit)は、J・R・R・トールキンの創作した架空世界中つ国の種族。『ホビットの冒険』で初めて登場し、『指輪物語』でも重要な役割を果たした。


  1. ^ ホビット(Hobbit)というのはトールキンの創作した英語訳で、元の西方語ではクドゥク(kuduk)と記す。
  2. ^ 現在でこそパイプによる喫煙は高度に趣味化された喫煙方法だと見なされているが、19世紀の欧州ではパイプで喫煙するのは主に労働者大衆であるという見方が存在していた。ホビット族が喫煙パイプを大事にしているというのも、牧歌的で平和なかれらが極めて民衆的だというイメージに沿う物であろう。
  3. ^ Brian Handwerk (2008年8月27日). “パラオ古代人ホビットやドワーフではなかった”. National Geographic(archive.isによるアーカイブ). 2012年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年12月22日閲覧。


「ホビット」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小さい人」の関連用語

小さい人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小さい人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホビット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS