ベビーフードとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 工業製品 > 日用品 > 育児用品 > ベビーフードの意味・解説 

ベビーフード

乳幼児向けの食事総称一般的に離乳食を指す。

ベビーフード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/13 17:37 UTC 版)

ベビーフード (baby food) とは、乳児を対象とした食品である。離乳食と混同する人もいるが、ベビーフードは離乳食の中で、乳児を対象とした加工食品全般を指す言葉である。また、1歳6ヶ月までの子供を乳児と呼び、よってベビーフードは狭義では、それまでの年齢を対象としたものに限定される。


  1. ^ 「出生数減っても…ベビーフード成長/18年市場、過去最高の440億円/1歳向け・外出先で」『日経MJ』2019年7月12日(3面)。


「ベビーフード」の続きの解説一覧



ベビーフードと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベビーフード」の関連用語

ベビーフードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベビーフードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベビーフード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS