野犬とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > > 野犬の意味・解説 

野犬

作者杉浦明平

収載図書夜逃げ町長
出版社講談社
刊行年月1990.11


野犬

作者井伏鱒二

収載図書かきつばた無心状
出版社新潮社
刊行年月1994.7
シリーズ名新潮文庫


野犬(イメージ)


野犬(イメージ

この害虫属する群
イヌ(野犬)
害虫カテゴリ
有害鳥獣類 その他
形態
 発達した犬歯臼歯をもち、目が顔の正面位置するなど肉食動物としての特徴を持つ。また、嗅覚聴覚発達している。古くから猟犬番犬牧畜愛玩用などとして家畜化されてきたため、大きさ体形毛色異な多く品種存在する。
被害
 人が噛まれた際には大きな怪我につながるだけでなく、家畜襲い食い殺すといった経済的被害をもたらすまた、人や飼い犬狂犬病寄生虫感染させる恐れがある
生態
 集団で生活建物床下廃墟生息し、人気のない日中夜間出没し、ゴミ捨て場などで餌をあさる。

野犬

読み方:やけん

  1. 火事場泥棒火事場混雑ニ立紛レ犯ス窃盗。〔第三類 犯罪行為
  2. 火事場泥棒のこと。刑事等の用語。
  3. 「やけし」「やけばし」に同じ。
  4. 〔犯〕火事場泥棒のこと、野犬のやうに物をあさるの意。

分類 刑事犯罪者


野犬

読み方:やけん

  1. 第三類「さんくわ」(※「さんか」)ニ同意。〔第二類 人物風俗
  2. 山窩のことを云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

野犬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/04 00:53 UTC 版)

野犬(やけん)とは、飼い主がいないである。野良犬(のらいぬ)とも呼ばれる。


注釈

  1. ^ これらは、軽い気持ちで飼い始めたものの、毎日の散歩や世話・或いは用便の躾から座敷犬では抜け毛の掃除などなど、想定外の世話が煩わしくなってしまったり、臭いなどの理由や、またはきちんとしつけできず主従関係を築けない・無駄吠えが酷いといった問題を抱えて放り出してしまったり意図的に逃げ出し易い状況に置くといったケースが想定される。無秩序に繁殖させてしまって飼い切れ無くなる場合も考えられる。またリードを外してしまって脱走したり、そのまま迷子になってしまう場合や、劣悪な飼育環境や飼い主が替わるなど、置かれた状況が気に入らないために犬自身が自らの意思で脱走する可能性も考えられる。
  2. ^ なお日本では、地方自治体にもよるが迷い犬の場合は防災無線など地域同報システムで呼び掛けを行う場合もある。これは野犬が狂犬病に罹患する可能性があるためだと位置付けられている。
  3. ^ 実例としては沖縄県北部の山原(やんばる)では、ノイヌやノネコの糞を拾ってきて調べた結果、トゲネズミケナガネズミアカヒゲなど希少種が捕食されていることがわかっている。しかし、そういった希少生物でなくとも、キジバトキジカルガモなどの低い位置に巣を作る野鳥、両生爬虫類などに対する捕食圧は、地域の生態系や生物多様性に大きな影響を与える。

出典



「野犬」の続きの解説一覧



野犬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野犬」の関連用語

野犬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野犬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
イカリ消毒イカリ消毒
Copyright 2019 IKARI CORPORATION All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野犬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS