Catchとは?

キャッチ [1] 【catch】

( 名 ) スル
とらえること。つかまえること。 「情報を-する」
球技ボールをとらえること。捕球
キャッチャーの転〕 捕手
手やオールをとらえること。

キャッチ

英語:catch

ダーツで、自分の狙った場所とは異なる所に刺さって得た点数のこと。

Catch

カードがいい流れで来たとき、"catching cards"という表現を用いるが、「信じられないツキだね」という感じニュアンスのある表現である。従って、例え誰かが、"nice catch"(ナイスキャッチ!)と言ったとき、その言外の意味は "上等だよ。ポットをもってきな。このトーシロ野郎!"という感じから " outdrew(アウトドロー)されたようだね。 仕方ないか"という感じ程度までの幅がある。

キャッチ

読み方きゃっち
【英】:Catch

投げ物体を手でつかむ事。ジャグリングでは最も重要な事である。

ジャグリング回数数えるときはキャッチ数を数えるのが一般的である。そうでなければただ手に持ったボール空中投げるだけでジャグリング成立してしまう事になるからである。

手でボールをキャッチするだけでなく首の後ろでキャッチしたり(ネックキャッチ)、足の上でキャッチしたり(フットキャッチ)することもできる。

キャッチの反対語は、もちろんドロップ(落下)である。


キャッチ

(Catch から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/25 00:24 UTC 版)

キャッチ (Catch)


CATCH

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/18 14:41 UTC 版)

CATCH』(キャッチ)は、1999年1月から2004年12月18日まで仙台放送で毎週土曜 18:30 - 19:00 (日本標準時)に放送されていた報道番組である。

概要

毎週1つのテーマに絞って制作したVTR映像を放送。VTRの合間には、司会者とそのテーマの専門家が対談するコーナーを設けていた。

番組が終了した理由は、公式サイト上では「諸般の事情」とされていたが、当時フジテレビから来ていた社長が「経営効率化」を謳い文句に、自社製作番組を大幅に見直した結果の終了だった。視聴率も安定していたため、番組発足時のプロデューサーが、これまで番組に関わった人たちの意見を集め、番組を継続させてほしいという嘆願書を提出したが、受け入れられなかった。

番組の終了後、土曜18:30枠は『もしもツアーズ』(フジテレビ)の同時ネット枠に切り替えられたが、2006年4月に『速報スポルたん!』(月曜19:00枠で放送されていた『スポルたん!』のリニューアル版)がスタートしたことで再び自社製作枠となった。

議員に対する報道の偏りへの批判

番組は硬派な報道番組だったが、公職選挙法違反の議員に対する報道に関して批判があった。自民党小野寺五典が選挙区の有権者に香典セットを配布していたことが明らかになり、後に辞職。その際、番組は当然ながら小野寺議員に対する批判的なスタンスで報道するも、後に民主党鎌田さゆり、そして本番組の元キャスターである今野東も公職選挙法違反をしていたことが明らかになると、番組は終始両議員を擁護し、また出演した政治評論家まで両議員に理解を示す、かつ両議員を生出演させ、弁解の場を与えるなど先述した小野寺議員との報道姿勢とは明らかに異なったために、公正を欠くとして批判が寄せられた。

歴代キャスター

  • 今野東(当時フリーアナウンサー、1999年1月 - 2000年1月) - 衆院選出馬のために降板。
  • 菅原美千子(当時仙台放送アナウンサー、1999年1月 - 1999年10月)
  • 秋山美紀(当時仙台放送アナウンサー、1999年秋 - 2000年夏)
  • 柳生聡子(当時仙台放送アナウンサー、2000年夏 - 2001年春)
  • 佐藤拓雄(仙台放送アナウンサー、2001年春 - 2004年12月)

外部リンク

仙台放送 土曜18:30枠
前番組 番組名 次番組
CATCH
(1999年1月 - 2004年12月18日)

キャッチ!

(Catch から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/08 10:48 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search
キャッチ!
catch!
ジャンル 生活情報番組 / 報道番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 中京テレビ放送NNN
演出 横尾亮太(総合演出)[1]
プロデューサー 加藤哲朗
築地浩司(CP)[1]
出演者 以下を参照
音声 ステレオ放送
字幕 字幕放送[注 1]
データ放送 番組連動データ放送
(2013年10月1日 - )
オープニング 作曲:不明
外部リンク 公式サイト
【第1期】(放送開始から2012年度まで)
放送時間 【月 - 木】15:50 - 19:00
【金曜日】16:49 - 19:00(【月 - 木】190分、【金曜日】131分)
放送期間 2012年4月2日 - 2013年3月29日
【第2期】(2013年度から)
放送時間 平日 15:48.30 - 19:00(191.5分)
放送期間 2013年4月1日 -
出演者 恩田千佐子
佐藤和輝
松原朋美(月・火)
佐野祐子(水・木・金)
石橋武宣気象予報士
ほか

特記事項:
16:50 - 18:15は『news every.』を内包。上記の放送分に含む。
テンプレートを表示
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

キャッチ!』(英称:catch!)は、中京テレビ2012年4月2日から生放送されている夕方生活情報番組報道番組であり、同局として初の夕方ワイド番組である。タイトルコールは番組名と同様である。

概要

前番組として2年間放送されていた『news every.』(ローカルパート)と、日本テレビの朝の情報番組ZIP!』のローカルパートとして、約1年間放送されていた『おはZIP!』を終了させた上で開始された[2]。佐藤和輝や芸能リポーターは3月まで放送されたおはZIP!からの移動。また、おめざめワイドから続いていた朝の芸能コーナーが終了しこの番組に移動、夕方に芸能コーナーが放送されるのは在名局では初めてとなる(東海テレビ放送では『スーパーニュース』内の芸能コーナーである「文化芸能部」が放送されない)。

放送開始時点では在名局の中で当番組が一番早い時間での夕方のニュース番組である(ただし、2013年3月29日まで金曜日に限り、同じ自社制作の情報番組『ラッキー!!』を放送していた関係で、前番組同様16:49からの開始であった[注 2])。番組構成は前番組とは違って、15:50 - 16:53の第1部と、16:53 - 17:53の第2部、18:15 - 19:00の第3部で構成されている[注 3]。第1部はスポーツ情報部、第2・3部は報道部とスポーツ情報部が制作している[3]。尚、新聞の番組表では日本テレビ『news every.』は内包扱いとなっているが、EPGでは当番組とは別番組扱いとなっている。また、前番組と違い中継を多く交えて放送しており、スタジオには多くのゲストが出演している。

放送開始日から放映されているCMでは恩田が『新鮮情報 3時間生ワイド キャッチ!』と言う[注 4]。また、中京テレビのCMと同様のものがウェブサイトでも公開されている[4]。番組コンセプトは「東海地方の情報をしっかりキャッチ! ドーンとワイドに3時間!![5]。番組テーマカラーは特に決まっていないが、      黄緑を基調としている。

この番組が開始した事により中京テレビの月曜 - 木曜のミニ番組を除く早朝から19時まで日本テレビ系列のネット受け番組を含め、全て生放送番組となった[注 5]

24時間テレビ 「愛は地球を救う」』を放送する週はキャスター全員番組専用のTシャツ(通称:チャリTシャツ)を着用する。

18:15 - 19:00の時間帯は常に視聴率10%前後を記録しており[6]、2014年12月25日には、番組歴代最高視聴率15%超を記録した[7]

番組リニューアル

  • 2012年7月2日より、第2、3部を一部リニューアル。第2部では一足早く6月中旬にnews every.の17時台の天気予報以外任意枠フルネットに移行。ただし、東海地方かつ全国では重要でない重大なニュースなどが起こった場合は17時台任意枠の冒頭ニュース部分を同時ネットになる[注 6]。また、全国ニュース前の18時台のラインナップを廃止し、第3部始めに移動。第3部では前述の通り18時台のラインナップ、そして新コーナー「キャッチ! eye」をスタートさせた(詳細後述)。そして、ビシバシ天気予報では、これまで恩田が「CMの後は石橋さんの天気予報です。」と言っていたが、これを廃止し、石橋が「この後詳しくお伝えします。」と言ってからCMに入るようになった。CM明け後、これまでなかったタイトルが画面に表示され天気予報をし、恩田と一緒に気象の話題を伝えしたりする[8]
  • 2012年11月5日より、新コーナー「キャッチ! オン」をスタートさせ、ビシバシ天気予報を第1部でも放送を始めた。
  • 2013年4月5日より、『ラッキー!!』が土曜日の午前帯に枠移動するのに伴い、金曜日の放送時間が月 - 木と同様15:50 - 19:00に拡大。テロップのデザインが変更され、ナレーションの鹿内美沙が3月をもって中京テレビを退社したことにより、柏田ユウリが週3回から週4回となった。また、金曜日に出演していたコメンテーターの高木が毎日出演することになった。松岡が降板して以来、第1部内でニュースは放送されていなかったが、「キャッチ! Today」を放送するようになった。また、「エンタメ」では、毎週月曜日は週末に起こった話題を伝える。水曜日にはスポーツコーナー「スポッチ!」、木曜日には料理コーナー「虻ちゃんのちゃちゃっとめし」、金曜日には中継コーナー「中継! 物産展まにあ」を放送。
  • 2013年12月より火曜日の「世界遺産の番人」と 木曜日の料理コーナー「虻ちゃんのちゃちゃっとめし」を入れ換える。
  • 2014年5月30日より、『わたしてんさい・めばえ』から『かぞくのめばえ』に変更された。
  • 2016年1月6日より、「めざせ!チューボー王子」の放送を開始した。
  • 2016年11月21日より、ささしまライブ21新社屋スタジオからの放送開始に伴い、オープニング映像やスタジオセットなどの大幅なリニューアルを実施した。
  • 2017年4月3日より、テロップのデザインが大幅に変更された。また時刻出しも当番組仕様のカスタムフォントに切り替わった。

番組史

※ゲスト出演した者については省略。時間短縮日については後述参照。

2012年

  • 4月2日 - 中京テレビ初の夕方ワイド番組として当番組がスタート。
  • 4月2日週、4月9日週 - 金曜日を除くこの週に「中京テレビのおもてなし」と題してプレゼントを実施。
  • 6月25日 - 月曜日の企画「おNEWS!」が終了。これに伴いリポーターの友理奈が降板。
  • 7月2日 - 番組を一部リニューアル(詳細前述)。
  • 7月29日 - 派生番組『キャッチ! ミライTV』(16:30 - 17:00)を放送。
  • 8月18日 - 第2回目となる派生番組『キャッチ! ミライTV』(16:55 - 17:25)を放送。
  • 8月24日 - 番組放送回数が通算100回目を迎えた。
  • 9月17日 - 派生番組『キャッチ!的 防災 南海トラフ地震に備える』(10:25 - 11:14)を放送。データ放送を実施。
  • 9月28日 - 松岡がエンディングに妊娠を発表。
  • 11月5日 - 番組を一部リニューアル(詳細前述)。
  • 11月22日 - この日午後に発生した豊川信用金庫立てこもり事件の模様を伝えるため、当番組の第3部でも内容をすべて変更して放送したが、第3部本編は日テレNEWS24(CS)を通じて全国に放送された。
  • 11月30日 - 松岡の産前産後育児休暇前最後の出演。
  • 12月3日~ - 松岡が産前産後育児休暇のため番組を一時降板。
  • 12月5日 - 当番組として初の番組連動データ放送を第1部内の「お買い物対決」(第6弾)で実施。
  • 12月7日 - 17時18分に発生した三陸沖を震源とする地震を受けて、第3部でも日本テレビから一部この地震に関する内容を伝えた。
  • 12月12日 - 『FIFAクラブワールドカップ』のため放送休止[注 7]
  • 12月21日~ - 毎週金曜日にコメンテーター枠を設置。これは前番組以来およそ1年半ぶり。コメンテーターには当番組統括編集デスク(当時)の高木を起用。
  • 12月28日 - 年内最後の放送。

2013年

  • 1月4日 - 16:55から時間短縮ではあるが、放送開始。
  • 1月7日 - 年始のレギュラー放送開始。
  • 1月11日 - 番組放送回数が通算200回目を迎えた。
  • 1月25日 - 松岡が番組最後に電話で出演。
  • 2月5日 - 札幌テレビどさんこワイド179との二元中継を実施。
  • 3月25日週 - 金曜日を除くこの週に「キャッチ! 春の新生活応援プレゼント」と題してプレゼントを実施。
  • 4月1日 - 番組を一部リニューアル(詳細前述)。
  • 5月31日 - 番組放送回数が通算300回目を迎えた。
  • 6月16日週 - 『TOYOTA JUNIOR GOLF WORLD CUP 2013』の模様を伝えた。
  • 7月21日 - 東海地方の参院選の結果を放送するため『ZERO×選挙2013』内で『キャッチ×選挙』を、愛知県知事の大村秀章をゲストに招いて伝えた。スタジオキャスターは恩田と高木。
  • 8月11日 - 16:30から30分枠で『虻ちゃんのちゃちゃっとめし おかわりSP』を放送。
  • 9月24日 - 火曜日の企画「桂三輝のきょうもあっ晴れ!」が終了。
  • 10月1日~ - 番組連動データ放送を毎日開始。
  • 10月18日 - 番組放送回数が通算400回目を迎えた。
  • 11月5日~ - 「世界遺産の番人」が開始。
  • 12月14日 - 2回目となる『虻ちゃんのちゃちゃっとめし おかわりSP』を15:30からの30分枠で放送。
  • 12月27日 - 年内最後の放送。

2014年

  • 1月6日 - レギュラー放送開始。
  • 2月22日 - 派生番組『キャッチ!防災スペシャル』(10:30 - 11:25)を放送。中京テレビで初めて2チャンネル同時放送を実施。
  • 3月14日 - 番組放送回数が通算500回目を迎えた。
  • 12月14日 - 東海地方の衆院選の結果を放送するため『ZERO×選挙2014』内で『キャッチ!×選挙』として放送。スタジオキャスターは恩田と高木。
  • 12月26日 - 年内最後の放送。

2015年

  • 1月5日 - 16:00から時間短縮ではあるが、放送開始。
  • 1月6日 - 年始のレギュラー放送開始。
  • 1月20日 - ISILによる日本人拘束事件を受けて、当番組の第3部でも内容を一部変更して放送[注 8]
  • 2月27日 - 村田が最後の出演。
  • 3月7日 - 派生番組『キャッチ!防災SP 見える化で備える』(10:30 - 11:25)を放送。
  • 6月22日 - 高木が最後の出演。

2016年

  • 1月4日 - レギュラー放送開始。
  • 5月14日 - 土曜朝9:25枠でスピンオフ番組『キャッチ!サタデー』を放送開始。以降原則毎月1回放送[注 9]
  • 11月18日 - 高峯町旧社屋Cスタジオ[9]から最後の放送。
  • 12月29日 - 年内最後の放送。

2017年

  • 1月4日 - レギュラー放送開始。
  • 1月9日 - 平日昼枠で派生番組『キャッチ!ブランチ』を放送開始。
  • 11月10日 - 恩田が番組内で初期の乳がんであることを公表、同月13日から30日まで手術のため休養[10][11]。休養中は松原朋美が代行を務める。
  • 12月20日 - 同日から恩田が乳がん手術後の治療のため休養[12]。休養中は再び松原が代行を務める。
  • 12月28日 - 年内最後の放送。

2018年

  • 1月4日 - レギュラー放送開始。
  • 2月23日 - レギュラーコメンテーターの岩田が最後の出演。
  • 2月26日 - 第23回冬季オリンピック競技大会日本代表選手団帰国時記者会見の中継のため、18:40頃まで日本テレビと同時ネットし、その後数分間もその様子を伝えた。
  • 3月2日 - レギュラーコメンテーターとして堀尾正明が就任。以降、毎週金曜日に出演。
  • 3月19日 - 恩田が番組に復帰[13]
  • 6月7日 - この日、内包番組『news every.』のキャスター・小山慶一郎が、自身の未成年女性への飲酒強要問題に関して、同番組の冒頭で謝罪を行うことになった。これを受け、通常中京テレビではネットしていない『news every.・第1部』を、本番組内で冒頭数分間のみ臨時ネットした。
  • 6月18日 - 16時台の前半で、この日の朝に発生した大阪府北部地震に関する情報を伝えるため、『news every.』経由で大阪・読売テレビのローカル報道番組『かんさい情報ネットten.・第0部』を臨時部分ネットした。

出演者

肩書きが無い者は全員中京テレビアナウンサー。

メインキャスター(MC)
コメンテーター
  • 川鰭市郎(産科医) - 2017年4月6日より隔週木曜日に出演。
  • 森田豊(医師、ジャーナリスト) - 2017年4月13日より隔週木曜日に出演。「ドクター森田の諸説ありますが…」も担当。
  • 堀尾正明フリーアナウンサー) - 2018年3月2日より毎週金曜日に出演。
芸能リポーター
リポーター
月曜日のエール
  • 平山雅
おジャマ中継
  • 神ひろし
  • 平山雅
お天気キャスター
ナレーション
  • 日比野正裕(ナレーター) - 月曜日担当
  • 神ひろし - 火曜日担当
  • 吉田太一 - 水曜・木曜日担当
  • 鈴木康一郎 - 金曜日担当
  • 松原朋美 - 木曜日担当
  • 平山雅 - 月曜日担当
  • 政次夏希 - 火曜・水曜日担当
  • 小原佳代子 - 金曜日担当

出演者の歴史

「キャッチ!」歴代のキャスター一覧
期間 メインキャスター ニュースキャスター 情報・エンタメキャスター お天気キャスター
2012.04.02 2012.11.30 恩田千佐子 松岡陽子 佐藤和輝 石橋武宜
2012.12.03 2013.03.29 佐藤和輝 村田千弥 松原朋美
2013.04.01 2014.03.28 村田千弥
2014.03.31 2015.02.27 松原朋美 村田千弥
2015.03.02 2015.10.02 佐野祐子 松原朋美
2015.10.05 2018.03.30 松原朋美 佐野祐子 松原朋美
2018.04.02 現在 松原朋美 佐野祐子

その他

  • 桂三輝落語家) - 2012年4月10日より火曜日の企画「桂三輝のきょうもあっ晴れ!」に出演。
  • 白井奈津リポーター) - 毎週月曜日と水曜日に「街かど キャッチ!」を担当。
  • 友理奈モデル) - 番組開始当初より2012年6月25日まで月曜日の企画「おNEWS!」を中心に出演。
  • 水谷陽介 - 2012年〜2014年6月頃。リポーター、「食卓の秘密」ナレーション
  • 鹿内美沙 - 2012年4月〜2013年3月。ナレーション
  • 高木一郎(当時当番組統括編集デスク、中京テレビ解説デスク) - 2012年12月21日〜2015年6月22日。
  • 柏田ユウリ - 2012年4月〜2016年3月。ナレーション
  • 近藤浩(ナレーター) - 月曜日担当
  • 藤井未莉佳 - 2016年4月〜2017年6月。ナレーション
  • 市野瀬瞳 - 2012年4月〜2018年1月。リポーター、生中継、「食卓の秘密」
  • 岩田公雄(ジャーナリスト) - 2017年4月7日から2018年2月23日まで毎週金曜日に出演。

放送時間

※時間は全て日本標準時で記す。

期間 月 - 木曜日 金曜日
2012.4.2 2013.3.29 15:50 - 19:00
(190分)
16:49 - 19:00
(131分)
2013.4.1 2018.8.31 15:50 - 19:00
(190分)[注 10]
2018.9.3 現在 15:48 - 19:00
(192分)
  • 前番組『news every.』と違い、月 - 木曜日は開始時間が約1時間早く、金曜日は前番組通り(2013年3月29日まで)。
  • 2013年3月29日まで金曜日が約1時間遅れているのは、同じ自社制作の情報番組『ラッキー!!』を放送していたからである(『ラッキー!!』は土曜日に移動[注 11])。
  • 日本テレビ『news every.』の金曜日の放送時間拡大に合わせて中京テレビでも当番組の金曜日の放送時間を拡大。これにより、週を通して開始時間が統一された。
  • NNN枠は17:53 - 18:15の22分間。

放送内容

主なコーナー

1週間のみに放送された特別企画は省略。

主な帯コーナー

  • オープニング
    オープニングタイトルが流れ、スタジオのカメラに切り替わり、出演者が立った状態で恩田が「こんにちは、『キャッチ!』です。」と挨拶する。
  • トップニュース
    オープニングの後にすぐ放送。日本テレビのVTRを時差ネットで放送することがあり、その際、テロップは当番組に準拠したものを使用する。
  • 特集コーナー
    16時台と18時台に放送。
  • エンタメ
    在名局の中では唯一芸能リポーターを招いてのエンタメニュースを伝える。
  • ビシバシ天気予報
    東海地方の天気を伝える。補足的に全国の天気もある。18時台は東海地方の天気予報と天気にまつわる話題を伝える。18時台はスポンサーが付く。
(月)伊勢安土桃山城下街
(火)三十三フィナンシャルグループ
(水)大垣共立銀行
(木)積和不動産中部
(金)三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島
  • CATCH! TODAY
    16時台後半と不定期で18時台に放送。
  • news every.
    16時50分から18時15分の間、17:30頃の「木原さんのお天気」を除きネット。
  • 今日の1コマ
    不定期で18時台に放送。
  • トーク・エンディング
    出演者が立った状態でトークをする。エンディングはスタジオでの挨拶し、恩田が「今日はこのへんで失礼します。」「このあとは○○です(19時からの番組名)」などと言い終了する。
  • かぞくのめばえ
    生まれて間もない赤ちゃんを紹介するコーナーで、月曜~水曜はエンディングでの紹介となり、木曜・金曜の放送は無し。

主な曜日別コーナー

  • 月曜日のエール(月)
  • 虻ちゃんのちゃちゃっとめし(火)
  • 神ひろしのちょっとおジャマします(水・金)
  • 食卓の秘密(水)
料理家が旬の野菜や果物を使って簡単&時短料理を作る。東邦ガス提供。
  • きょうも絶好調!(木)
  • ビシバシ生アンケート(月1金)

主な不定期コーナー(特集企画)

  • ホームセンターの旬アイテム
  • ドクター森田の諸説ありますが…
  • リニモ沿線ガチンコぶらり旅
  • 東海3県魅力向上会議
  • すみま川柳
  • "ちょっと"お時間をいただけますか
  • 鈴木康一郎の東海3県縁日ニュース
  • 恩田千佐子のP.S.今でも愛している!
  • 定点観測
  • ビシバシお天気旅
  • モールWalker
  • シリーズ 町の陽だまり
  • 東海地方ココダケの定番
  • キャッチ!ナビ
  • おじさんの知らない世界
  • センニュウ
  • 理屈抜きにうまい店
  • ニュースドライブ
  • 鈴木康一郎のお役に立たせてください。
  • 平成タイムマシン
  • 東海老舗図鑑
  • それ買われたら困ります!最強コスパハンター
  • わが町ふるさとの味
  • 今だからアレが見たい!
  • 東海3県市町村長の主張
  • 東海3県の愛され人
  • わが町モーニング一番店

過去に放送されたコーナー

  • おNEWS!(月)
    今話題の新しいもの、期間限定品など今旬な情報を届ける。
  • デパート探検隊(水→月)
    名古屋デパートにあるお得情報や最新ネタ、新商品、限定品などを見つけて調査する。ナレーターの呼び方は探検隊っぽく「市野瀬隊員」と呼ばれている。服装は探検隊の格好になっているため、市野瀬は「この格好は少し抵抗があった。」と自身のブログで綴っている[14]
  • プレゼン
    前番組から引き続き放送されており、「キャッチ! eye」の前コーナーとして松岡が担当。キャッチフレーズは「キャッチ! eye」と同様「旬の話題を徹底取材」。
  • キャッチ!的 ロンドン
    東海地方のロンドンオリンピック日本代表選手を紹介・応援する。開幕まで毎週金曜日に放送[15]。だが、実際には結果やロンドンパラリンピックの模様も伝える。
  • 鈴木リサーチ
    鈴木理香子が気になったことをリサーチする。
  • 桂三輝のきょうもあっ晴れ!(火)
    東海地方を旅しながら色んな人と出会いを深め、その土地の「あっ晴れ」なものを探す旅。
  • 世界遺産の番人(木)
  • マガジンコンシェルジュ(木→水→月)
    雑誌編集者がオススメグルメなどを紹介してくれるコーナー
  • わたし・てんさい!めばえ(金)
    毎週金曜日のみ。放送当日に生まれた赤ちゃんを紹介するコーナー。
  • キャッチ! オン
    気になる“きょう”の話題・ニュースを恩田のチョイスで詳しく伝えていく[16]

タイムテーブル

  • 第1・3部は時間の変動が大きい。そのため、ここに示すのはあくまでも一例である。
時刻 放送内容 備考
第1部
ミヤネ屋
放送終了直後
ラインナップ 読売テレビ情報ライブ ミヤネ屋』からSB枠なしで接続。
15:49頃 オープニング・トーク
15:50頃 トップニュース news every.冒頭のニュースVTRをネット受けする場合がある。
15:57頃 特集  
16:13頃 エンタメ
16:25頃 ビシバシ天気予報
16:31頃 曜日別企画
  • 月曜日: 月曜日のエール
  • 火曜日: 虻ちゃんのちゃちゃっとめし 
  • 水曜日: 神ひろしのちょっとおジャマします
  • 木曜日: きょうも絶好調!
  • 金曜日: 神ひろしのちょっとおジャマします
  • 月1金曜日: ビシバシ生アンケート
  • 月1金曜日: とれたて中継
16:45頃 キャッチ!Today
第2部
16:50.00 news every. 日本テレビから全国ニュース
17:30頃 ビシバシ天気予報 不定期でニュースやキャッチ!Todayが放送される場合あり。
17:33頃 news every. 再び日本テレビからニュースフラッシュ・Culture & Sportsなど
全国ニュース
17:53.00 news every.(NNN枠) news every.のメインキャスターである藤井貴彦が即座にニュースを読み上げる。
第3部
18:15:00 ローカルニュース
18:23頃 特集
18:41頃 ビシバシ天気予報
18:45頃 ローカルニュース
18:45頃(水) 食卓の秘密
18:56頃 トーク・エンディング
18:57.10 かぞくのめばえ(月 - 水)
18:58.00 放送終了

特別編成

ここでは時間短縮日および年末年始の特別編成について記述する。放送休止日については上記を参照。 ※ 年末年始の項を除く( )は放送開始時刻(詳細後述)。

  • 2012年4月30日・5月3日・5月4日:野球中継のため。(16:53、5月4日のみ17:00)
  • 2012年5月4日:同上。(17:00)
  • 2012年7月16日:『地球の未来!緊急取材「宮根誠司と考える!持続可能な世界とは」』を放送したため。(16:20)
  • 2012年8月3日:『第36回全日本少年サッカー大会・準決勝』を放送したため。(16:55)
  • 2012年8月15日:18:57から『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』を放送したため、15:50 - 18:57での放送となった。このため、当番組は18:57にSB枠を設けず終了した。(15:50)
  • 2013年1月4日:『秘密のケンミンSHOW』()を放送したため。(16:55)
  • 2013年1月14日:『緊急報道番組 関東・東北で大雪』を放送したため。(同上)
  • 2013年2月11日:『ブラマヨ自転車部SP』を放送したため。(16:53)
  • 2013年3月29日:17:50から野球中継のため。(16:49)
  • 2013年5月24日:『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』を放送したため。(同上)
  • 2013年7月15日:『宮根誠司と考える! ニッポンの食の未来』を放送したため。(16:20)
  • 2013年8月2日:『第37回全日本少年サッカー大会 準決勝』を放送したため。(16:50)
  • 2013年9月16日:『ブラマヨ自転車部 美男☆美女&野獣ナマSP』を放送したため。(16:53)
  • 2013年9月23日:14:55から野球中継のため。(同上)
  • 2013年10月29日 - 31日:18:05から野球中継のため。(15:50)
  • 2014年2月11日 - 15:55から『ブラマヨ自転車部!金超人&金美人ナマSP』を放送したため。(16:53)
  • 2014年3月28日 - 17:50から野球中継のため。(15:50)
  • 2014年5月23日 - 『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』を放送したため。(16:50)
  • 2014年7月21日 - 『宮根誠司と考える!2050年地球の未来 僕らがもっと豊かになるために』を放送したため。(16:20)
  • 2014年8月8日 - 『第38回全日本少年サッカー大会 準決勝』を放送したため。(16:50)
  • 2014年11月12日、14日 - 18:00から野球中継のため。(15:50)
  • 2015年1月12日 - 『第93回全国高校サッカー選手権 決勝』を放送したため。(16:20)
  • 2015年3月27日 - 17:50から野球中継のため。(15:50)
  • 2015年5月22日 - 『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』を放送したため。(16:50)
  • 2015年7月20日 - 『エクスコムグローバルpresents 知られざる奇跡の海!ブラジル大紀行』を放送したため。(16:20)
  • 2015年9月23日 - 『坂上忍の勝たせてあげたいTV~G1オールスター競輪2015~』を放送したため。(16:53)
  • 2016年1月11日 - 『第94回全国高校サッカー選手権 決勝』を放送したため。(16:20)
  • 2016年3月25日 - 17:50から野球中継のため。(15:50)
  • 2016年5月20日 - 『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』を放送したため。(16:53)
  • 2016年7月18日 - 『水の惑星大冒険 澄み切った美しい水を求めてカリブ海から日本へ!』を放送したため。(16:20)
  • 2016年9月19日、10月10日 - 14:55から野球中継のため。(16:53)
  • 2017年1月9日 - 『第95回全国高校サッカー選手権 決勝』を放送したため。(16:20)
  • 2017年3月31日 - 17:50から野球中継のため。(15:50)
  • 2017年5月19日 - 『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』を放送したため。(16:50)
  • 2017年7月17日 - 『これぞニッポンの海~美しい海に魅了された人たち~』を放送したため。(16:20)
  • 2018年1月8日 - 『第96回全国高校サッカー選手権 決勝』を放送したため。(16:20)
  • 2018年2月12日 - 『感動生中継!坂上忍の勝たせてあげたいTV~第33回読売新聞社杯全日本選抜競輪~』を放送したため。(16:50)
  • 2018年2月13日 - 『平昌オリンピック2018 アルペンスキー「男子アルペン複合」』を放送したため。(16:30)
  • 2018年2月14日 - 16:30から『平昌オリンピック アイスホッケー女子「韓国・北朝鮮合同チーム×日本」』のため。(15:50)
  • 2018年2月21日 - 18:55から『平昌オリンピック2018 ショートトラック』のため。(同上)
  • 2018年3月30日 - 17:50から野球中継のため。(同上)
  • 2018年5月18日 - 『中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン』を放送したため。(16:50)
  • 2018年7月16日 - 『アサヒ飲料スペシャル これぞニッポンの海~水の恵みと生きる人々~』を放送したため。(16:20)

年末年始

  • 2012年は12月28日で終了した。新年レギュラー放送(15:50 - 19:00)初回は2013年1月7日から放送開始。
    • 2012年12月28日は『キャッチ!年末SP 希望のヒカリ』と題して放送したため、16:49 - 18:20で放送した。
      • 18:20 - 18:30は『NNNニュース』を、18:30からは『うわっ! ダマされた大賞 2012年末SP』を放送。
    • 2012年12月31日は報道番組は放送されず、2013年1月1日は『NNNニュース』で、2013年1月2日・3日は『NNNニュース&スポーツ』でそれぞれ代替放送を行った。2013年1月1日は15:50からの10分枠で、2日・3日は18:00からの30分枠でそれぞれ対応した。
    • 2013年1月4日(短縮版ではあるが、新年初回)は16:55からの放送。
  • 2013年は12月27日で終了した。新年レギュラー放送(15:50 - 19:00)初回は2014年1月6日から放送開始。
    • 2013年12月25日 - 27日は『キャッチ!ミライスペシャル』と題して放送した。
    • 2013年12月30日 - 2014年1月1日は『NNNニュース』で、2日・3日は『NNNニュース&スポーツ』でそれぞれ代替放送を行なった。2013年12月30日は16:50から、31日は16:00から、2014年1月1日は15:50からの10分枠で、2日・3日は18:00からの30分枠でそれぞれ対応した。
  • 2014年は12月26日で終了した。新年レギュラー放送(15:50 - 19:00)初回は2015年1月6日から放送開始。
    • 2014年12月26日は『キャッチ!年末SP「驚きの2014」』と題して放送した。
    • 2014年12月29日 - 2015年1月1日は『NNNニュース』で、2日は『NNNニュース&スポーツ』でそれぞれ代替放送を行なった。
    • 2015年1月5日(10分縮小した上で、新年初回)は16:00からの放送。
  • 2015年は12月25日で終了した。新年レギュラー放送(15:50 - 19:00)初回は2016年1月4日から放送開始。
    • 2014年12月29日 - 2015年1月1日は『NNNニュース』で代替放送を行なった。
  • 2016年は12月29日で終了した。新年レギュラー放送(15:50 - 19:00)初回は2017年1月4日から放送開始。
  • 2017年は12月28日で終了した。新年レギュラー放送(15:50 - 19:00)初回は2018年1月4日から放送開始。

スタッフ

  • 統括デスク:栗本直弘
  • デスク:高田愛子[17]
  • ディレクター:竹内康真[17]ほか
  • 総合演出:横尾亮太[1]
  • プロデューサー:加藤哲朗
  • チーフプロデューサー:築地浩司(以前は、プロデューサー)[1]
  • 制作協力:CTV MID ENJIN[18]
  • 製作著作:中京テレビ

過去のスタッフ

  • 総合演出:板谷学[19]
  • 統括編集デスク:高木一郎(コメンテーター出演は2015年6月22日を以って終了)

脚注・出典

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 『news every.』内ではリアルタイム字幕放送を実施している。
  2. ^ 16:49開始の番組は他に『FNN東海テレビスーパーニュース』や『START UP!』がある。
  3. ^ 2013年3月29日まで金曜日は前番組同様、16:49 - 17:53の第1部と、18:15 - 19:00の第2部で構成されていた。
  4. ^ 放送開始約2週間前から放送開始前日まで放映されていたCMでは出演者3名(恩田、松岡、佐藤)が『新しい春に キャッチ!』と言っていた。
  5. ^ ただし金曜日は11:01 - 11:30枠に『それいけ!アンパンマン』を放送しているため連続生放送とはなっていない。
  6. ^ 2012年11月22日に発生した豊川信用金庫立てこもり事件では全国的に大きく取り上げられ、その後の第3部でも内容をすべて変更し、その模様を伝えた。
  7. ^ この日は『NNNニュース』で代替放送。
  8. ^ 日本テレビでも放送内容を変更して人質事件に関する情報を伝えた。当番組でも日本テレビのVTRをネットした(テロップは当番組のものを使用)。
  9. ^ 2016年12月10日を最後に放送休止中。
  10. ^ 但し、実際の放送時間は15:48.30 - 19:00の放送だった時期もある。
  11. ^ 2013年9月28日に『ラッキー』は終了。

出典

  1. ^ a b c d 「井戸端会議」目線で地元企業を応援、中京テレビ『キャッチ!』プロデューサーに聞く”. 宣伝会議デジタルマガジン. 宣伝会議 (2014年10月). 2015年3月5日閲覧。
  2. ^ 本多小百合 (2012年3月16日). “「卒業」”. gift. 中京テレビ放送. 2018年5月閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ 佐藤和輝 (2012年5月25日). “「キャッチ!な1日」”. アナかると!. 中京テレビ放送. 2012年5月27日閲覧。
  4. ^ 4 待ってました!中京テレビのおもてなしキャンペーン”. 中京テレビ放送 (2012年3月). 2012年3月30日閲覧。
  5. ^ 公式サイトを参照。
  6. ^ “名古屋地区の民放王「中京テレビ」未来志向の戦略で勢い加速”. 東スポWeb. (2017年2月14日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/651895/ 2017年8月15日閲覧。 
  7. ^ 中京テレビ キャッチ特集 視聴率レコード 15%”. 理事長報告. 一般社団法人 知立青年会議所 (2014年12月26日). 2015年3月4日閲覧。
  8. ^ 石橋武宣 (2012年7月9日). “少しリニューアルしました。”. あした天気にな〜れ!. 中京テレビ放送. 2018年5月9日閲覧。
  9. ^ 佐藤和輝 (2013年3月13日). “「連日、大活躍?『キャッチ!』スタジオの秘密!」”. アナかると!. 中京テレビ放送. 2013年3月13日閲覧。
  10. ^ 恩田千佐子 (2017年11月10日). “治療のため、ちょっとお休みします。”. 恩ちゃんの生きる糧. 中京テレビ放送. 2017年11月27日閲覧。
  11. ^ 恩田千佐子 (2017年11月30日). “復帰しました!”. 恩ちゃんの生きる糧. 中京テレビ放送. 2018年1月4日閲覧。
  12. ^ 恩田千佐子 (2017年12月19日). “今度は少し長めのお休みを・・・”. 恩ちゃんの生きる糧. 中京テレビ放送. 2018年1月4日閲覧。
  13. ^ 恩田千佐子 (2018年3月19日). “復帰しました!”. 恩ちゃんの生きる糧. 中京テレビ放送. 2018年3月23日閲覧。
  14. ^ 市野瀬瞳 (2012年6月27日). “デパート探検隊。”. 市野瀬 瞳のつぶやき部屋. 中京テレビ放送. 2018年5月9日閲覧。
  15. ^ 鈴木理香子 (2012年7月13日). “「キャッチ!的ロンドン」”. 鈴ちゃんのりんりん日記. 中京テレビ放送. 2018年5月9日閲覧。[リンク切れ]
  16. ^ 佐藤和輝 (2012年11月9日). “夏休みがあけて”. 佐藤和輝のカズ打ちゃ当てる. 中京テレビ放送. 2018年5月9日閲覧。
  17. ^ a b [OA情報] 本日 中京テレビ「キャッチ! – 空き家が大変身 まんま民家のお店」”. 新着情報. メディアジャパン (2017年6月20日). 2018年5月9日閲覧。
  18. ^ 制作実績 | 映像制作プロダクションCTV MID ENJIN | 愛知県名古屋市 - CTV MID ENJIN
  19. ^ 本多小百合 (2012年4月4日). “「感謝を込めて・・・(後編)」”. アナかると!. 中京テレビ放送. 2018年5月9日閲覧。

外部リンク

中京テレビNNN 平日夕方の中京テレビニュース
前番組 番組名 次番組
キャッチ!
-
中京テレビ 月曜 - 木曜15:50 - 16:49枠
バラエティ・ドラマ番組再放送
キャッチ!
(2012.4.2 - )
-
中京テレビ 金曜15:50 - 16:49枠
ラッキー!!
土曜 9:25 - 10:30枠へ移動】
キャッチ!
(2013.4.5 - )
-
中京テレビ 平日16:49 - 17:00枠
news every. 中京テレビローカルパート
※16:49 - 19:00
キャッチ!
(2012.4.2 - )
-
中京テレビ 平日15:48 - 15:50枠
情報ライブ ミヤネ屋
※13:55 - 15:50
【2分短縮して継続】
【この番組まで読売テレビ制作】
キャッチ!
(2018.9.3 - )
【この番組から中京テレビ制作】
-

Catch!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/20 07:13 UTC 版)

Catch!
辻詩音スタジオ・アルバム
リリース
録音 2008年 - 2010年
ジャンル J-POP
時間
レーベル DefSTAR RECORDS
チャート最高順位
辻詩音 年表
Catch!
2010年
OH! MY MISTAKES!
2016年
『Catch!』収録のシングル
  1. Candy kicks
    リリース: 2008年11月12日
  2. Sky chord 〜大人になる君へ〜
    リリース: 2009年2月25日
  3. M/elody
    リリース: 2009年8月5日
  4. ほしいもの
    リリース: 2009年10月28日
テンプレートを表示

Catch!』(キャッチ)は、日本のシンガーソングライター辻詩音のファーストアルバム

解説

4thシングル「ほしいもの」から約7ヶ月ぶりとなる、辻にとって2010年唯一のリリース作品。メジャーデビュー以降にリリースされた4本のシングル曲を含む全14曲を収録。初回生産盤には各シングル曲のミュージックビデオなどを収録したDVDが付属。

収録曲

  1. Runaway
  2. Candy kicks
    1stシングル。TBS音楽番組COUNT DOWN TV』2008年11月度オープニングテーマ。
  3. ハローグッバイ
    KBCテレビドォーモ』2010年5月度エンディングテーマ。
    ミュージックビデオが製作されている(付属DVDには収録されていない)。
  4. Take me home (Album Version)
    1stシングルのカップリング曲。アルバムバージョンでの収録となる。
  5. ポップコーンナイト
    かしいかえんシルバニアガーデン CMソング
  6. Breathe With You
  7. 衝動ジェット
     福岡カレッジ・オブ・ビジネス CMソング
  8. Sky chord 〜大人になる君へ〜
    2ndシングル。TXテレビアニメBLEACH』エンディングテーマ。
  9. カラフル
  10. M/elody
    3rdシングル。CX系「ノイタミナ」枠テレビアニメ『東京マグニチュード8.0』エンディングテーマ。
  11. デジタルモード
  12. レインソング
    5thシングル「愛がほしいよ」にアレンジバージョンが収録。
  13. ほしいもの
    4thシングル。アスミック・エースエンタテインメント配給映画『わたし出すわ』主題歌。
  14. 地球儀にキス
    ボーナストラック

全曲、作詞/作曲:辻詩音 編曲:mw (岡和田“Waddy”拓也、福井昌彦)

DVD

  1. Candy kicks -Music Video-
  2. Sky chord 〜大人になる君へ〜 -Music Video-
  3. M/elody -Music Video-
  4. ほしいもの -Music Video-
  5. つじでいず 〜デビューからの軌跡〜
  6. つじらじお スペシャル♪ 〜セルフライナーノーツ映像〜

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ Catch!(初回生産限定盤)|辻詩音”. ORICON STYLE. オリコン. 2016年11月1日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「Catch」の関連用語

Catchのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Catchのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日本ポーカープレーヤーズ協会日本ポーカープレーヤーズ協会
日本ポーカープレーヤーズ協会 All Rights Reserved
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2018 by JugglingDonuts
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャッチ (改訂履歴)、CATCH (改訂履歴)、キャッチ! (改訂履歴)、Catch! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS