キャッチセールスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > キャッチセールスの意味・解説 

キャッチ・セールス

街頭などで、通行人呼び止め商品販売したり販売契約を結んだりする商法訪問販売一種と見なされ、「訪問販売等に関する法律」によって申込書面や契約書面の交付義務づけられているほか、消費者保護立場からクーリングオフ規定もある。また、化粧品店頭販売みられるような、店内においてお客に声をかけ化粧実演しながら行う商品販売もキャッチ・セールスという場合がある。

キャッチセールス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/23 00:39 UTC 版)

キャッチセールスとは、路上や街頭などで呼び止め、営業所や雑居ビルなどに同行させて勧誘を行うことをいう。和製英語である。キャッチ商法街頭キャッチともいう。


  1. ^ 若者信者が急増中 美女が逆ナンする『アレフ』の勧誘手口、リアルライブ、2014年1月25日、2015年3月22日閲覧。


「キャッチセールス」の続きの解説一覧

キャッチセールス

出典:『Wiktionary』 (2010/11/06 08:36 UTC 版)

名詞

キャッチセールス

  1. 街頭で声をかける販売方法キャッチ商法

関連語

語源



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャッチセールス」の関連用語

キャッチセールスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



キャッチセールスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2020 Houterasu All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャッチセールス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキャッチセールス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS