味付けとは? わかりやすく解説

あじ‐つけ〔あぢ‐〕【味付け】

読み方:あじつけ

味をつけること。また、味をつけた食品


調味料

(味付け から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/18 00:17 UTC 版)

調味料(ちょうみりょう、: Seasoning[1])は、料理の調味に使う材料。主なものに、砂糖醤油味噌さしすせそ)などがある。


注釈

  1. ^ しかし現代では、めんつゆポン酢などを一度に加えることが多い。

出典

  1. ^ プログレッシブ和英辞典(コトバンク)
  2. ^ 石毛直道 他共著 『文化と人類』 朝日新聞社 1973年 pp.208 - 209
  3. ^ a b 石毛直道 他共著 『文化と人類』 p.209


「調味料」の続きの解説一覧

味付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/09 09:10 UTC 版)

食塩水」の記事における「味付け」の解説

スパゲティなど、パスタ類をゆでる場合濃いめ塩水を使う。これは、これらが塩味含んでいないので、ゆでる際に味付けをするめである他方うどんやそうめん真水でゆで、元々含まれる塩分流し出す野菜茹でる際などにも食塩水を使う。これには、沸点上昇によってより高い温度加熱できる効果があるなどの説があるが間違いであり、薄く塩味つけること実質的な目的である。水の沸点上昇は1リットルに対して1モル溶質あたり約0.515 K と小さいため、概算で1リットルに対して大さじ4杯の食塩加えるごとに、沸点が約1度ずつ上がる計算になり「高い温度」が期待できるほど食塩加えたら、ほとんどの料理塩辛くなりすぎる。したがって、通常料理に使う食塩濃度では、沸点上昇による調理への影響はないと考えて良い

※この「味付け」の解説は、「食塩水」の解説の一部です。
「味付け」を含む「食塩水」の記事については、「食塩水」の概要を参照ください。


味付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/01 13:36 UTC 版)

石炭ザンギ」の記事における「味付け」の解説

三笠生産される材料多く使用する。「醤」、リンゴジュース「みわの里」、杉山農園タマネギフリーズドライ)、奔別に自生する行者ニンニク三笠ニンニク使ってオリジナルのたれに付け込んでいるという。片栗粉や卵も北海道産で、地産地消商品である。

※この「味付け」の解説は、「石炭ザンギ」の解説の一部です。
「味付け」を含む「石炭ザンギ」の記事については、「石炭ザンギ」の概要を参照ください。


味付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 07:37 UTC 版)

ランカシャー・ホットポット」の記事における「味付け」の解説

塩と胡椒が最も伝統的な味付けである。さらにキッチンにあるあらゆる材料を使うともできる大抵の場合ラムマトンストック使われる。また蒸気逃さず効率よく調理するため、十分に密閉する必要がある

※この「味付け」の解説は、「ランカシャー・ホットポット」の解説の一部です。
「味付け」を含む「ランカシャー・ホットポット」の記事については、「ランカシャー・ホットポット」の概要を参照ください。


味付け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 08:14 UTC 版)

焼き鳥」の記事における「味付け」の解説

串に刺したものを焼き上げるが、その前・その途中焼き上げた後などに味付けを行う。 味のタイプは主に二種類とされており、塩を主に使用した「塩(しお)」と、醤油味醂、酒、砂糖などから調整された甘辛いタレをつけて焼いたタレ」である。焼き鳥種類店舗によっては塩またはタレみのものもある。食べ際に香辛料使用する事もあり、好み一味唐辛子七味唐辛子粉山椒ワサビ胡椒などが用いられるタレの場合は食材を通す際に食材の脂やうま味などがタレ混ざっていきタレ自体の味が熟成されていくことからタレ長期間入れ替えずに使用する店舗も多い。塩の場合は塩味付け方タイミングなどによって焼き鳥の味が異なってくる。味噌だれを使う地域・店もある(「#東松山埼玉県)」参照)。

※この「味付け」の解説は、「焼き鳥」の解説の一部です。
「味付け」を含む「焼き鳥」の記事については、「焼き鳥」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「味付け」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

味付け

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 09:52 UTC 版)

和語の漢字表記

あじつけ

  1. あじつけを参照

「味付け」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「味付け」の関連用語

味付けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



味付けのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの調味料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの食塩水 (改訂履歴)、石炭ザンギ (改訂履歴)、ランカシャー・ホットポット (改訂履歴)、焼き鳥 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの味付け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS