霊夢とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > > 霊夢の意味・解説 

霊夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/08 02:40 UTC 版)

霊夢(れいむ)


博麗霊夢

(霊夢 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/16 00:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
博麗 霊夢 (博麗 靈夢)
東方Projectのキャラクター
初登場 東方靈異伝 〜 Highly Responsive to Prayers.
作者 ZUN
詳細情報
種族 人間
職業

巫女

能力 空を飛ぶ程度の能力
テンプレートを表示

博麗 霊夢 (博麗 靈夢)(はくれい れいむ)は、同人サークル上海アリス幻樂団によって制作された作品群「東方Project」に登場する架空の人物。同作品群における主人公のひとりで、巫女である。博麗 靈夢(「霊」の字が旧字体の「靈」になっている)と表記されている作品もある。

本項では、大きく設定の変更が行なわれた、上海アリス幻樂団の設立前(『怪綺談』以前(PC-98版ゲーム作品)および『秋霜玉』)と設立後(『紅魔郷』以降)に分けて解説する。

本項で使用されている東方Project関連の略称については、東方Project#凡例を参照。

ゲームにおける性能

いくつかの例外はあるが、東方Projectの弾幕系シューティングゲームでは概ね以下のような性能を持つ。

  • 自機選択画面では初期位置に設定されており、扱いやすさを重視した性能となっている。
  • 『妖々夢』以降は当たり判定が他の登場人物よりも小さめに設定されており、また喰らいボムを発動させやすくなっている。

人物(『怪綺談』以前および『秋霜玉』)

東方Projectの『靈異伝』から『怪綺談』までの各作品に、主人公として登場している。『紅魔郷』以降での名前は「夢」だが、『怪綺談』以前では「夢」となっている(読みは同じ)。東方Projectではなく作者もZUNではないが、ZUN公認で正式にゲスト出演している『秋霜玉』では「靈夢」ではなく「霊夢」になっている。

『怪綺談』以前に登場する博麗靈夢は、『紅魔郷』以降の博麗霊夢と基本的には同一人物であるとされている。

『紅魔郷』以降とは服装や髪の色(『怪綺談』以前は紫色)が異なっている。当初は白衣に緋袴という服装だったが、『怪綺談』では緋袴が緋色のスカートになっている。PC-98版の頃は空を飛べなかったため、空飛ぶ亀の玄爺に乗って移動していた[1]。『秋霜玉』では『紅魔郷』以降に近い姿になっており、玄爺にも乗っていない。

生まれつき高い霊力[2]と才能[3]を持っていて、霊気を放出したり得意の体術と組み合わせたりもできる[2]。また神仙術も修得している[4]。博麗の血筋であるため、最強の力を持つという秘宝「陰陽玉」を扱うこともできる[5]。持って生まれた才能のおかげであまり修行せずとも強い[3]が、修行不足のせいで悪霊封印がすぐ解けたり[6]、当初は修行不足過ぎて陰陽玉を操れず振り回されたりしている[2]。『封魔録』で明羅に告白されたと勘違いし、満更でもなさそうにしている一面も伺える。

変な事に巻き込まれる特殊体質を持っているため、いつも変な事に巻き込まれるが[2]、修行もせず暇を持て余しているので変な事を期待して楽しんでいる[7]

人物(『紅魔郷』以降)

博麗神社に住む巫女。ほぼ全ての東方Project作品で主人公として登場している。

容姿

年齢は明らかにされていないが「少女」とされている。髪の色はこげ茶色で、髪型は作品によって異なる。どの髪型でも共通して大きな赤色のリボンをつけている。

主に紅色を基調とした巫女装束を着用している。この巫女装束には袖がついておらず、霊夢は白色の袖を別途腕に括りつけ、肩と腋の部分を露出させており、下はではなくスカートになっている。この服は古道具屋「香霖堂」の店主・森近霖之助に作ってもらった物で、仕立て直しなども彼に依頼している[8]。巫女装束のデザインは、作品ごとに微妙に異なっている。『紅魔郷』ではパチュリー・ノーレッジとフランドール・スカーレットから「そこの紅白」と呼ばれ、『妖々夢』ではアリスに「所詮、巫女は二色」と言われている。

月刊コンプエース』Vol.13に掲載された『三月精』第2部第7話で、霊夢が菜箸を持っているコマの枠外に「左利き」と書き込まれているが、単行本では記述が無くなっている。

能力

主に空を飛ぶ程度の能力(霊力を操る程度の能力)。空を飛ぶ能力とあるがこれは、何事にも縛られないという意味だと考えられている。他にも夢想封印や二重結界など巫女に交わるスペルカードを持っている。

性格

単純かつ裏表の無い性格で、人・妖怪を問わず惹き付ける不思議な雰囲気の持ち主[9][10]

努力が報われると信じておらず、一生懸命に取り組むことを嫌っている故に努力をあまりしない。[11]。アリス・マーガトロイドの「全力で戦って負けると後がないため本気を出さない」という性格は、霊夢に似ているとされる[12]

修行嫌いでほとんど修業はしていないため、強さは「そこそこ」[11]。『萃夢想』では、修行不足を天性の才能でカバーしており非常に強いとされている[9]

妖怪退治を仕事としているため妖怪に対しては厳しい態度を取っているが、自身は人間にも妖怪にもさほど興味はない[13]。誰でも平等に扱う[14]が、その反面、誰も仲間として見ていない[15]。仕事に関しては無慈悲[16]。強い妖怪からはこのような性格が好まれているが、弱い妖怪からは怖れられている[14]

生業

博麗神社の巫女としての仕事を行なっている。

特殊能力

色々な不思議な力を持つ[17]が、特に上記の「空を飛ぶ程度の能力」を使う。一部の技ではあらゆるものから宙に浮き、透明人間のような状態(無敵)になることも可能で、もし遊び(時間制限付きのスペルカードルール)でなければ誰も勝つことができないとされる[18][19]

結界に関連した力も持っていて、一部のスペルカードで結界を使っているほかに、任意に博麗大結界を緩めたりすることもできる[20]。『妖々夢』では、幽明結界に触れただけで消滅させた[21]

『儚月抄』では「神降ろし」という能力を修行し始めた。これは、神の性質などを示す神霊を身体に宿すことで、神の力を使うことができるというものである。その他、神降ろしではないが神に関するものとして、『香霖堂』単行本第23話での神の力を用いた疫病封じや、『三月精 第2部』第15話-16話での神を鎮める儀式なども行なっている。

骨に宿る魂を見ることができるが、霊夢本人に言わせるとこれは巫女だからとのこと[22]

その他

スペルカードルールは、妖怪からの相談を受けて博麗霊夢が制定したものである[14]

「予知夢」という意味を持つ霊夢という名前のとおり勘が非常に鋭く、サイコロの目を確実に当てることができる。

霊夢いわく「私が賽の目を予想したということをサイコロが覚えている」からという。[23]

博麗神社と博麗の巫女

博麗霊夢は、博麗神社の巫女である。博麗神社の巫女は代々、博麗大結界を管理し、妖怪を退治し、異変が起きればそれを解決している。幻想郷の維持のためには、博麗神社と博麗の巫女が不可欠であるとされる[14]

『靈異伝』では「現在、この神社は彼女一人でもっている。」とされている。霊夢が現役を務める以前は、博麗神社は参拝客はそれなりに居て妖怪も神社に近寄らなかったとされるが、霊夢の代では「妖怪神社」と呼ばれるほど妖怪に居つかれており、参拝客もほとんどいない[24]

『妖々夢』のマニュアルには、「幻想郷風土記」の追記として「博麗神社 第13代巫女」が記したとされる文章がある。『求聞史紀』では、「幻想郷縁起」の参考文献として博麗神社社務所編「幻想郷風土記」が挙げられている。『封魔録』では靈夢に関して「博麗の血を引くもの」という文章があるが、『儚月抄 漫画版』第20話では月へ行ったまま帰ってこない霊夢に関して射命丸文が「そろそろ新しい巫女を捜さなきゃいけない」と言っており、博麗の血縁の設定が曖昧になっている。

博麗神社のおみくじには末吉はないが、これは努力をすれば報われるという考えを霊夢が信じていないため[11]。ただし、魔理沙がいたずらで末吉を混ぜることがある[25]

陰陽玉

陰陽勾玉巴

ゲームにおける博麗霊夢の装備のひとつ。陰陽太極図模様の球体。作品によっては、複数個現れたり、1つしかないような扱われ方をされることもある。

PC-98版ゲーム作品では、博麗神社最大の秘宝。霊力が籠った不思議な鉱石で出来た玉とされている。一見するとただの玉でありとても武器とは思えないが、博麗の血筋が使うと底知れない霊力を発する[26]。正体不明の玉だが強大な霊力があるため、何かの霊魂が宿っているか生命体であるらしい。霊体や魔性の物は、陰陽玉のような霊力のある武器でのみ倒すことができる[2]。魅魔によれば、博麗の血統である靈夢しか扱えない。使用者の力に影響され、それを吸収していく。満ち足りればその究極の力を放出し、元に戻り再び吸収を始める[5]

『靈異伝』のグッドエンディングでは、魔界ルートでは妖精に、地獄ルートでは山歩き(竹本泉作品の登場人物)に変化する。バッドエンディングでは大爆発を起こしたり地球を消滅させた後、背景に靈夢と「うそ」という赤文字が現れる。『封魔録』のグッドエンディングでは、玄爺により、博麗の力とは陰陽玉の「真の力」を引き出すためのものであると説明される。「真の力」は、高機動タイプでは匂いを選べる芳香剤、防御タイプでは甘味を食べても太らなくなる力、攻撃タイプでは餌やトイレなどの世話が不要な猫となる。

『紅魔郷』以降の作品でも引き続き霊夢の装備として登場する。『地霊殿』で地下に潜る際、八雲紫により地上と遠隔通信できる機能が付けられた。この通信機能は『地霊殿』後も継続していたが、『三月精 第3部』第10話で紫から指摘されるまで霊夢は気付いていなかった。『三月精 第3部』第17話では、陰陽玉が博麗神社の神体であることが示唆されている。

関連する人物

玄爺
『封魔録』から『怪綺談』まで登場する空飛ぶ亀。空を飛ぶことができない靈夢が、乗り物として使役していた。
霧雨魔理沙
東方Projectのもうひとりの主人公。魔法使い。霖之助が見た限りでは、霊夢と魔理沙は仲が良い[27]
八雲紫
幻想郷の妖怪の賢者。『永夜抄』では霊夢のパートナーを務める。
綿月依姫
『儚月抄』に登場する月の指導者のひとり。霊夢と同様に神降ろしを行なうことができ、作中では霊夢が降ろしたものより上位の神を自身に降ろした。

テーマ曲

  • 東方妖恋談 - 『夢時空』対戦時。
  • 少女綺想曲 〜 Capriccio - 『東方幻想郷』4面ボス時。
  • 二色蓮花蝶 〜 Ancients - 『秋霜玉』エキストラステージボス時。
  • 少女綺想曲 〜 Dream Battle - 『永夜抄』4面ボス時。「少女綺想曲 〜 Capriccio」のアレンジ。
  • 春色小径 〜 Colorful Path - 『花映塚』対戦時。

その他のメディアにおける「博麗霊夢」

出典

  1. ^ 東方の夜明け-単発質問”. 明治大学アニメ・声優研究会 (2005年2月11日). 2010年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『靈異伝』同梱の「靈異伝.TXT」。
  3. ^ a b 『秋霜玉』同梱の「創曲幻想.txt」。
  4. ^ 『夢時空』靈夢ルートの8面、9面。
  5. ^ a b 『封魔録』5面。
  6. ^ 『封魔録』エンディング。
  7. ^ 『夢時空』付属の「夢時空.TXT」。
  8. ^ 『香霖堂』単行本第1-2話。
  9. ^ a b 『萃夢想』付属の「上海アリス通信.txt」。
  10. ^ 『永夜抄』付属のマニュアル。
  11. ^ a b c 『妖々夢』付属のマニュアル。
  12. ^ 『妖々夢』「キャラ設定.txt」のアリス・マーガトロイドの項。
  13. ^ 『風神録』付属の「キャラ設定.txt」。
  14. ^ a b c d 『求聞史紀』pp.112-116「博麗霊夢」。
  15. ^ 『永夜抄』付属の「キャラ設定.txt」。
  16. ^ 『三月精 第2部』第9話。
  17. ^ 『妖々夢』付属の「キャラ設定.txt」。
  18. ^ 『永夜抄』スペルプラクティス「カードの補足」No.215。
  19. ^ 『The Grimoire of Marisa』p.17。
  20. ^ 『香霖堂』単行本第11話。
  21. ^ 『妖々夢』魔理沙(恋符)ルートのエンディング。
  22. ^ 『香霖堂』単行本第10話。
  23. ^ 『香霖堂』単行本第二十七話。
  24. ^ 『香霖堂』単行本第25話。
  25. ^ 『儚月抄 漫画版』23頁
  26. ^ 『封魔録』同梱の「封魔録.TXT」。
  27. ^ 『香霖堂』単行本第1話。
  28. ^ pop'n music ラピストリア おしらせ 2014年4月(2015年4月27日)

関連項目




霊夢と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霊夢」の関連用語

霊夢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



霊夢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霊夢 (改訂履歴)、博麗霊夢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS