パークとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 公園 > パークの意味・解説 

PARC

フルスペル:Palo Alto Research Center
読み方:パーク
別名:パロ・アルト研究所パロアルト研究所Xeroxパロアルト研究所Xerox PARCゼロックスパーク

PARCとは、米国Xeroxによって、コンピュータサイエンスに関する新技術開発のために設立された、研究施設の名称である。カリフォルニア州パロ・アルト所在地とする。

PARCは、1969年Xerox買収したSDSScientific Data Systems)を母体として1970年設立された。PARCの設立に際してNASA米国国防総省への勤務経歴があるロバート・テイラー中心となり、研究員招集進められた。結果として今日コンピュータサイエンス歴史に名を残す多くの技術者がPARCに集っている。例えば、オブジェクト指向プログラミング言語であるSmalltalk開発したアラン・ケイイーサネット開発したロバート・エトカルフェワープロソフトWYSIWYG実現したチャールズ・シモニーページ記述言語開発したジョン・E・ワーノックなどがPARCに在籍していた。

PARCにおける研究成果は、1970年代から1980年代にかけてコンピュータ世界多くの影響与えたGUIマウスレーザープリンタパーソナルコンピュータ概念ユビキタスコンピューティング果てはコンピュータウイルスもPARCの研究より生み出されとされている

また、スティーブ・ジョブズビル・アトキンソンビル・ゲイツなどがPARCを見学訪れ大い刺激を受け、それがGUIOSであるMacintoshWindows開発つながったとも言われている

PARCは2002年Xeroxから独立した2008年10月現在、物理コンピューター生物学社会科学分野において、約170人の研究者研究活動行っている

ちなみに日本国内にJ-PARCJapan Proton Accelerator Research Complex)という研究施設があるが、これは大強度陽子加速器実験施設であり、PARCとは特に関係ない


参照リンク
PARC (Palo Alto Research Center) - (英文
企業活動のほかの用語一覧
海外企業・団体:  Niantic  OCA  OGF  PARC  Qualcomm  RIM  SGI

パーク

 伐採した樹木の皮。樹皮のこと。

 木材全体10%前後達し製材所などから大量に排出される通常コンポストにしたり、燃料としてサーマルリサイクルしたりすることができる。筏(いかだ)に組んで輸送してきた木材海水塩分含まれていたり、輸入してきた木材には防虫剤含まれているものもあって、利用焼却困難な場合もある。


パーク

樹皮のこと。砕いたものをパークチップという。未発酵のパークチップは鉢や花壇マルチング材として使う。またパークチップを発酵させて腐らせパーク堆肥は、土壌改良材に使う。

パーク

名前 ParkeParkParquePugh

パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 10:28 UTC 版)

パーク (park, parke, perc)




「パーク」の続きの解説一覧

「パーク」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



パークと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

パークのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



パークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリPARCの記事を利用しております。
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2022 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2022 engei.net all rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのパーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS