ユビキタスコンピューティングとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > コンピュータ > コンピューティング > ユビキタスコンピューティングの意味・解説 

ユビキタス・コンピューティング ubiquitous computing


ユビキタスコンピューティング

【英】ubiquitous computing

ユビキタスコンピューティングとは、あらゆるモノコンピュータ内蔵され、いつでも、どこでもコンピュータ支援が得られるような世界概念のことである。

ユビキタス」という言葉ラテン語の「ubique」に由来し、日本語の「あまねく」という言葉に相当する。すでにコンピュータコンピュータとして意識されることなく、当然のように身近にあるものとして認識されていることが、ユビキタスコンピューティングの目指すところである。

ユビキタスコンピューティングの概念は、ゼロックス・パロアルト研究所PARC)のマーク・バイザー氏が1988年提唱したものである。マサチューセッツ工科大学MIT)では「ウエアラブルコンピューティング」という名称の元に研究が行われ、米IBMなどは同様のコンセプトコンピューティング環境を「パーベイシブ・コンピューティング」と称している。そして東京大学では1980年代前半坂村健同様の概念である「TRON構想提唱していた。

21世紀入り携帯電話小型化高性能化に見られるようなコンピューティング技術進化や、インターネット普及見え通信環境整備背景として、ユビキタス実現兆し見え始めており、がぜん注目集めている。パソコン携帯電話だけでなく、腕時計メガネ指輪などの装飾品家電製品などあらゆるものがコンピューティングパワーを持つことがユビキタスコンピューティングの姿とされる


参照リンク
「ユビキタスコンピューティングが変える社会」 ~東京大学大学院・坂村健教授の講演
UBI ~情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会
先端技術のほかの用語一覧
コンピューティング:  ソーシャルコンピューティング  Trustworthy Computing  ユーティリティコンピューティング  ユビキタスコンピューティング
ナノテクノロジー:  AFCメディア  青色レーザー  オングストローム

ユビキタスコンピューティング

「ユビキタスコンピューティング」(ubiquitous computing)とは、1989年Xeroxパロアルト研究所提唱した概念で、我々の社会や生活のあらゆる所にコンピュータ存在し、コンピュータ同士自立的に連携し、動作することによって我々の生活を強力にバックアップする情報環境のことをいう。「ユビキタスコンピューティング」研究から生まれ技術としてはカーナビゲーションシステムウェアラブルコンピュータなどがある。「TRON」を開発した東京大学坂村健教授が「どこでもコンピュータ環境実現として、「ユビキタスコンピューティング」社会提唱している。

ユビキタスコンピューティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/07 17:04 UTC 版)

ユビキタスコンピューティングubiquitous computing)は、コンピュータがいたる所に存在(遍在)し、いつでもどこでも使える状態をあらわす概念である。




「ユビキタスコンピューティング」の続きの解説一覧



ユビキタスコンピューティングと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユビキタスコンピューティング」の関連用語

ユビキタスコンピューティングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ユビキタスコンピューティングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2020 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリユビキタスコンピューティングの記事を利用しております。
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユビキタスコンピューティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS