ユビキチンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > ユビキチンの意味・解説 

ユビキチン

多くタンパク質寿命は 2,3分で、細胞1つ仕事のためにタンパク質合成し、仕事が終わったら廃棄する、というサイクル延々続けている。細胞タンパク質合成だけでなく廃棄コントロールしており、ユビキチンは使い終わったタンパク質に付けられる「廃棄物タグ」のようなタンパク質である。タグの付いたタンパク質プロテアソームタンパク質分解酵素複合体)で分解される。

ユビキチン

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ユビキチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 04:05 UTC 版)

ユビキチン (ubiquitin) は76個のアミノ酸からなるタンパク質で、他のタンパク質の修飾に用いられ、タンパク質分解、DNA修復翻訳調節、シグナル伝達などさまざまな生命現象に関わる。至る所にある (ubiquitous) ことからこの名前が付いた。進化的な保存性が高く、すべての真核生物でほとんど同じアミノ酸配列をもっている。古細菌も真核生物に近い一部の系統(アスガルド古細菌"Caldiarchaeum"など)がユビキチンを持つ。






「ユビキチン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユビキチン」の関連用語

ユビキチンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ユビキチンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユビキチン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS