運転席とは? わかりやすく解説

操縦席

(運転席 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 06:00 UTC 版)

操縦席(そうじゅうせき)(英語Cockpit)とは、乗り物の操作をするための座席の総称。一般的に進行方向の一番先頭に設置されている。




「操縦席」の続きの解説一覧

運転席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 02:22 UTC 版)

叡山電鉄700系電車」の記事における「運転席」の解説

正面大型窓の正面貫通となったが、ワンマン運転時の客扱い容易にするため、運転席は在来車同様左側に寄せられている。デッドマン装置付き主幹制御器制動弁は5度傾斜して取り付けられた。運転士前のパネル木目化粧板となり、ワンマン運転用の放送装置スイッチなどが主幹制御器制動弁の間にある。運転席内に冷風ダクトひかれるとともに扇風機設置され作業環境の向上が図られた。

※この「運転席」の解説は、「叡山電鉄700系電車」の解説の一部です。
「運転席」を含む「叡山電鉄700系電車」の記事については、「叡山電鉄700系電車」の概要を参照ください。


運転席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 20:02 UTC 版)

フィアット・500」の記事における「運転席」の解説

旧世代自動車ということもあり、現代の車とは使い勝手異な部分多数ある。 キー - オンオフ・パーキング。セルモーターワイヤー式でレバー引いて動作させる。シフトノブ後方に設置されている。 ワイパー - オンオフのみ。動力エンジンバキュームやスピードメータケーブルではなく電気モーターにて駆動される初期型から最終型まで同じ仕様である。電気モーターなので簡単な回路追加速度調整間欠動作可能であるウインカー - 最初期型以外はハンドルのコラムスイッチにて操作するガソリンタンク - 容量は21Lでフロントフード内に設置されており、給油時にはフード開け必要がある。フロントフード下はトランクだがガソリンタンクスペアタイヤ占領されおり物入れスペースほとんどない燃料計 - 残量5リットル警告灯点灯Lタイプには残量計が付く。 チョークレバー - エンジン始動時使用する。セルモーターレバーの横にある。 ハンドスロットル - エンジン暖気のための装備

※この「運転席」の解説は、「フィアット・500」の解説の一部です。
「運転席」を含む「フィアット・500」の記事については、「フィアット・500」の概要を参照ください。


運転席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 07:18 UTC 版)

タワークレーン」の記事における「運転席」の解説

運転席は大型のものの場合、最上部回転する中心部分運転台がある。運転台への移動はクレーンマスト内の梯子を使用するオペレーター昇り降り回数最小限抑えるため、運転台には冷暖房トイレ設置されている。 小型のものの場合、運転台がなく、『ペンダントスイッチ』と呼ばれる押しボタンスイッチ方式か、または無線操縦機で運転する小型のものを含め運転席を設けず無人化する傾向みられる2019年6月韓国では無人小型クレーン使用中止求めタワークレーン労働組合韓国労働組合総連盟系、全国民主労働組合総連盟系)によるストライキ発生した

※この「運転席」の解説は、「タワークレーン」の解説の一部です。
「運転席」を含む「タワークレーン」の記事については、「タワークレーン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「運転席」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「運転席」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「運転席」の関連用語

運転席のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



運転席のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの操縦席 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの叡山電鉄700系電車 (改訂履歴)、フィアット・500 (改訂履歴)、タワークレーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS