岩崎卓爾とは? わかりやすく解説

岩崎卓爾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 03:36 UTC 版)

岩崎卓爾(いわさき たくじ、明治2年10月17日[1]1869年11月20日) - 昭和12年(1937年5月18日)は日本気象観測技術者石垣島において気象観測を通じ台風の研究を行った一方、沖縄県八重山地方の生物民俗歴史に関する研究も行い、著書などを通じて、それまであまり世に知られていなかった同地を広く世に知らしめた。南方熊楠同様、当時としては珍しい地方に根を下ろした多面的文化人といえる。


  1. ^ a b 明治5年12月2日まで天保暦を採用していた。


「岩崎卓爾」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岩崎卓爾」の関連用語

岩崎卓爾のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



岩崎卓爾のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岩崎卓爾 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS