種の保存法とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 種の保存法の意味・解説 

種の保存法 (しゅ-ほぞんほう)

 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律野生動植物が、生態系の重要な構成要素であるだけでなく、自然環境の重要な一部として人類豊かな生活に欠かすことのできないのであることから、絶滅のおそれのある野生動植物種の保存を図ることにより良好自然環境保全し、現在および将来国民の健康で文化的な生活の確保寄与することを目的とした法律平成4年6月法律75号。

絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律

(種の保存法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/03 17:00 UTC 版)

絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(ぜつめつのおそれのあるやせいどうしょくぶつのしゅのほぞんにかんするほうりつ)は、絶滅のおそれのある野生動植物のの保存を図ることを目的とする日本の法律である。法令番号は平成4年法律第75号、1992年(平成4年)6月5日に公布1993年(平成5年)4月1日施行。野生動植物保存法種の保存法[1][2]とも呼ばれる。




「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「種の保存法」の関連用語

種の保存法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



種の保存法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
環境省環境省
Copyright © 2020 Kankyosho All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS