絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律の意味・解説 

種の保存法

読み方:しゅのほぞんほう
別名:絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律、絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律
英語:the Act for the Conservation of Endangered Species of Wild Fauna and Flora

国内外希少な動植物絶滅のおそれのある野生生物国内希少野生動植物種)を保護する目的制定された法律1993年施行された。

種の保存法により、特定の希少野生動植物生きている個体捕獲採取したり、殺傷したりすることが禁じられている。また、販売譲渡することは個体生死関わらず禁止されている。剥製販売譲渡てはならない

ワシントン条約において指定されている種に関しては、登録を受ければ譲渡剥製陳列する許可を得ることは可能である。

国内希少野生動植物種の例として、トキオオワシハヤブサイリオモテヤマネコ、ヤドリコケモモなどが指定されている。特に猛禽類については、鷹狩りなどに用いる目的で不正に捕獲ようとするケースが度々発生している。

関連サイト
種の保存法の解説 - 環境省
絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律 - e-Gov


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律」の関連用語

絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS