継続企業の前提とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 継続企業の前提の意味・解説 

継続企業の前提

読み方:けいぞくきぎょうのぜんてい
別名:ゴーイングコンサーン
英語:going concern

会社将来わたって事業継続することを前提とする考え方

日本においては2003年より「継続企業の前提」に関する検討義務付けられている。検討する者は経営者公認会計士監査法人などの監査人の2者である。

「継続企業の前提」に関する検討内容には、債務超過債務返済などが挙げられる。なお、検討内容疑義が生じた場合には経営者は、財務諸表などに記載するとともに改善計画策定し、監査人に説明なければならない

継続企業の前提

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/19 21:31 UTC 版)

継続企業の前提(けいぞくきぎょうのぜんてい)とは、企業等が将来にわたって存続するという前提のこと。ゴーイングコンサーンgoing concern)とも呼ばれる。企業以外の組織体の場合は、継続事業の前提、継続組合の前提などと呼ばれることもある。




「継続企業の前提」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「継続企業の前提」の関連用語

継続企業の前提のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



継続企業の前提のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの継続企業の前提 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS