ヒドリガモとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 野鳥映像事典 > ヒドリガモの意味・解説 

ヒドリガモ

ヒドリガモ
ヒドリガモ(メス
ヒドリガモ
ヒドリガモ(オス

映像ファイルをダウンロードして再生することができます



緋鳥鴨

読み方:ヒドリガモ(hidorigamo)

ガンカモ科渡り鳥

学名 Anas penelope


緋鳥鴨

読み方:ヒドリガモ(hidorigamo)

一種

季節

分類 動物


ヒドリガモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/08 02:11 UTC 版)

ヒドリガモ (緋鳥鴨、学名:Anas penelope Linnaeus, 1758)は、カモ目カモ科マガモ属に分類される鳥類の一[2][4]オナガガモマガモコガモなどと並んで、日本で最も普通に見られるカモ類である[5]淡水型カモの一種で、他の淡水型カモよりも上に出る傾向がある[5][6]


注釈

  1. ^ 2008年12月に大分県中津市新田で捕獲されたオスの全長48 cmの個体の体重は895 gであった。
  2. ^ 頭頂部がクリーム色であることが、ヒドリガモのオスの特徴。

出典

  1. ^ a b Anas penelope (Eurasian Wigeon, European Wigeon, Wigeon) in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2013年12月8日閲覧。
  2. ^ a b c d IOC World Bird List 3.5 (Waterfowl)” (英語). 国際鳥類学会議(IOC). 2013年12月8日閲覧。
  3. ^ Anas penelope Linnaeus, 1758” (英語). ITIS. 2013年12月8日閲覧。
  4. ^ 日本鳥類目録 改訂第7版”. 日本鳥学会 (2012年9月15日). 2013年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月8日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 中川 (2010)、57頁
  6. ^ a b c d e f g 真木 (2012)、52頁
  7. ^ a b c d e f 叶内 (2006)、50-51頁
  8. ^ 神山 (2011)、2頁
  9. ^ 伊藤 (2011)、18頁
  10. ^ a b c d 高木 (2002)、30-31頁
  11. ^ a b c 大橋(2008)、26-27頁
  12. ^ a b c 国松 (1995)、18頁
  13. ^ 中川 (2010)、58頁
  14. ^ 叶内 (2006/3)、46頁
  15. ^ 笠原 (2010)、1頁
  16. ^ 笠原 (2011)、41頁
  17. ^ 日本のレッドデータ検索システム”. (エンビジョン環境保全事務局). 2013年12月12日閲覧。
  18. ^ 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年10月31日). 2020年1月10日閲覧。 “2019年12月14日施行分”
  19. ^ 伊藤 (2011)、17頁
  20. ^ 藪 (2002)、41頁


「ヒドリガモ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒドリガモ」の関連用語

ヒドリガモのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヒドリガモのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オーエンオーエン
Copyright (C) 2002-2020 Oen Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒドリガモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS