アルタイ山脈とは? わかりやすく解説

アルタイ‐さんみゃく【アルタイ山脈】


アルタイ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 14:42 UTC 版)

アルタイ山脈(アルタイさんみゃく)は、西シベリアモンゴルカザフスタンにまたがる山脈漢字阿爾泰山脈とも[1]


  1. ^ 百科事典マイペディアの解説”. コトバンク. 2018年2月17日閲覧。
  2. ^ 相馬拓也『草原の掟-西部モンゴル遊牧社会における生存戦略のエスノグラフィ』ナカニシヤ出版、2022年1月。


「アルタイ山脈」の続きの解説一覧

アルタイ山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 07:56 UTC 版)

喉歌」の記事における「アルタイ山脈」の解説

伝統的には、喉歌はアルタイ山脈周辺のオイラトモンゴル人テュルク系諸民族間に伝わ特殊な歌唱法である。それらの民族とは、オイラト諸族(モンゴル国西部オブス県バヤン・ウルギー県ホブド県中国新疆ウイグル自治区北西部に住むアルタイ・オリアンハイ人、バイト人など)、ロシア連邦内テュルク系の諸族であるトゥバ共和国トゥバ人ハカス共和国ハカス人アルタイ共和国アルタイ人ケメロヴォ州ショル人間に伝わっている。この地域では、浪花節浪曲のような喉を詰めた声で歌う叙事詩賛歌発達しており、喉歌はその叙事詩装飾する目的で発達してきた。したがって「笛のような音」は必ずしも顕著でないことがある。またロシア連邦カルムイク共和国ウズベキスタン共和国トルクメニスタンなどにも喉を詰めた声で歌う英雄叙事詩存在しており、関連性考えられる喉歌確実な記述は、ペーター・ジーモン・パラスによる18世紀中旬のものがおそらく最古である。20世紀入ってからの共産主義政権による音楽政策の中で民間芸能から舞台芸術として喉歌大きな変化こうむった顕著な例としてソロ・パフォーマンスが主体であったものから、舞台化されるようになって以降の1980年代あたりから演者グループ化進んだ各語における表記 モンゴル語Khöömii、Xöömii (ホーミーフーミー) トゥバ語Khöömei、Xöömei (フーメイホーメイ) アルタイ語Kai (カイ) ハカス語KhaiXai (ハイ) ショル語Kai (カイ)

※この「アルタイ山脈」の解説は、「喉歌」の解説の一部です。
「アルタイ山脈」を含む「喉歌」の記事については、「喉歌」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アルタイ山脈」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アルタイ山脈」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アルタイ山脈」の関連用語

アルタイ山脈のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アルタイ山脈のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアルタイ山脈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの喉歌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS