小さな家とは? わかりやすく解説

小さな家

作者星新一

収載図書これからの出来事
出版社新潮社
刊行年月1993.11
シリーズ名新潮文庫


小さな家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 08:21 UTC 版)

ネットワーク・セキュリティ」の記事における「小さな家」解説

基本的なファイアウォール、あるいは統合脅威管理システム ウィンドウズ利用者には、Microsoft Security Essentialsマカフィー アンチウイルスノートン アンチウイルス、あるいはAVG Anti-Virusのような基本的なアンチウイルスソフトウェアがある。Windows DefenderあるいはSpybot - Search & Destroyのようなアンチ・スパイウェア・プログラムも、良い考えでもある考慮されるべきアンチ・ウイルスあるいはアンチ・スパイウェアプログラム他にも数多く存在している。 無線接続使用する場合には、しっかりしたパスワード使用されるべきである。また、利用する無線装置サポートするWPAまたはWPA2のようなセキュリティの中で最も強力なものを使用するように努めるべきである。 子供たち情報セキュリティに関する認識の向上

※この「小さな家」の解説は、「ネットワーク・セキュリティ」の解説の一部です。
「小さな家」を含む「ネットワーク・セキュリティ」の記事については、「ネットワーク・セキュリティ」の概要を参照ください。


小さな家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/15 08:21 UTC 版)

大塚泰子」の記事における「小さな家」解説

自著によると大塚は、建築家としてさまざまな家を手がけていく中で、小さな家の魅力目覚めた施主の夢を「できない」とするのではなく、「できる方法考える」という姿勢崩さなかったが、それは同時に施主とともにそれまでの家や住まいに関する固定観念外していく作業でもあった。一般的には居住スペース広ければ広いほどよいとされるが、人が快適と感じスペースはそう単純ではないとした上で、小さな家を成功させるためには、「なんとなく思い描いていた世間一般の家の概念頭から外してみる必要がある」と述べ玄関洗面所各部屋のクローゼットリビングなどの各パーツをいかにパズルのように家に収めるかという視点だけで家づくり進んでしまう結果狭くて住みづらい家ができ上がってしまいがちであることを指摘具体的な解決例として玄関テラスリビングまとめた例「H/HOUSE 」(2007年)や、玄関階段室一体化した例「小うさぎのいえ」(2012年)などを挙げている。

※この「小さな家」の解説は、「大塚泰子」の解説の一部です。
「小さな家」を含む「大塚泰子」の記事については、「大塚泰子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「小さな家」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「小さな家」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

小さな家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



小さな家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのネットワーク・セキュリティ (改訂履歴)、大塚泰子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS