将棋の駒とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 将棋の駒の意味・解説 

しょうぎ‐の‐こま〔シヤウギ‐〕【将棋の駒】

将棋に用いる駒。双方20個あり、一組は、王将1、金将銀将桂馬(けいま)・香車(きょうしゃ)各2、飛車角行(かくぎょう)各1、歩(ふ)9からなる


駒 (将棋)

(将棋の駒 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 15:09 UTC 版)

(こま)は、将棋において上に並べて動かす用具である。駒を識別するため、先が尖った独特の五角形の木片の表裏面に文字が書かれている。本項では将棋の駒の歴史や製作法について記載する。駒の種類については将棋類の駒の一覧を参照。




  1. ^ 佐々木忠蔵 編『勤王家吉田大八先生』吉田大八伝刊行会、1933年10月。NCID BB24740090
  2. ^ 斎藤 & 堀 2003.
  3. ^ 『常識なのに!大人でも答えられない都道府県のギモン』(2019年12月5日、村瀬哲史著、宝島社発行)121ページ。
  4. ^ 原田 2004, p. 41.
  5. ^ 増山雅人 (2014年7月). “酔棋流書き駒1―「書き駒教室」用の書き駒”. 駒の詩. 酔棋制作駒. 2018年4月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月15日閲覧。
  6. ^ 佐藤友康 (2017年5月6日). “大橋流と伊藤流、これが一体何かわかりますか? 対局前に必ず行うあの方法をご紹介”. 将棋コラム. 日本将棋連盟. 2018年7月24日閲覧。
  7. ^ 原田 2004, p. 58. 森内俊之の証言。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「将棋の駒」の関連用語

将棋の駒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



将棋の駒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの駒 (将棋) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS