タモとは? わかりやすく解説

たも【攩網】

読み方:たも

たもあみ」の略。


たも【賜も/給も】

読み方:たも

動詞「たもる」の命令形「たもれ」の音変化

ください

「盃こちへ―」〈浮・新色五巻書・三〉

動詞連用形接続助詞「て」を添えたに付いて)…してください

放して殺してと言ふも聞かず」〈浄・浪花鑑


ヤチダモ

別名:タモ
【英】:Fraxinus mandshurica
(モクセイ科)


北海道本州北、中部、また朝鮮中国樺太シベリアにも分布します。北海道なかでも産地としてよく知られ代表的な木材一つです。この類木材有用なものが多く本州四国九州分布するシオジ:F.spaethiana、北海道本州四国九州屋久島分布するアオダモ:F.lanuginosa var.serrataその他がありますまた、野球バット用材として有名な北米産のホワイトアッシュ:F.americanaは同類です。この類木材の特徴は、世界的に運動具用材として有名なことです。

木材
年輪境界大きな道管帯状配列して環状になっているので、年輪はっきりしてます。このような組織のため成長よく年幅が広いと、比重高く、重硬となり、成長が悪いと逆に木材は軽軟となりますしたがっ運動用具に使う場合には強い成長のよいもの、逆に家具用材には加工しやすい成長の悪いものが、それぞれ好まれます。心材褐色で、辺材淡黄白です。アオダモはヤチダモより淡色です。木材保存性中庸で、加工し易さ中庸です。気乾比重は0.43~0.55 (平均値)~0.74:ヤチダモ、0.62~0.71 (平均値)~0.84:アオダモ、0.41~0.53(平均値)~0.77:シオジなどです。ヤチダモとシオジ家具合板用材として日本の代表的な樹種いえます同類ですが利用のされ方が違っているのがアオダモです。プロ野球選手使っているバットが日本製であれば、ほとんどがアオダモでしょう

用途
家具器具合板内部装飾などがあります。かって木製テニスラケット全盛時期には、この類木材がほとんど全てに使われいました


タモ

魚津弁(☆印は「ス」と発音する 意味
タモ内股歩き

タモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/07 00:56 UTC 版)

タモ



タモ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/05 23:17 UTC 版)

暁星記」の記事における「タモ」の解説

スズシロの村中堅対抗試合では連勝続け間での商取引でもめているところを仕切るなど、戦い実務能力は高い。二日酔いスグリ薬草思わせてただの葉っぱ喰わせたり、市場では女の子の尻を触ったりと、冗談好きでノリが軽いところがある。

※この「タモ」の解説は、「暁星記」の解説の一部です。
「タモ」を含む「暁星記」の記事については、「暁星記」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「タモ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「タモ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タモ」の関連用語

タモのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タモのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2023 All Rights Reserved, Copyright
魚津弁魚津弁
Copyright (C) All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタモ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの暁星記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS