テレビタレントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > テレビタレントの意味・解説 

テレビ‐タレント

《(和)televisiontalentから》テレビ放送活躍する芸能人

[補説] 英語ではTV performerTV personalityなどという。


芸能人

(テレビタレント から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 06:04 UTC 版)

芸能人(げいのうじん)は、芸能職業とする人[注 1]


注釈

  1. ^ 厚生労働省編職業分類によれば、生計維持・社会的役割を継続的に遂行していれば職業とみなせる[1]。職業まで至っていない素人のライブ配信等は芸能活動と呼ぶ[2]。芸能事務所に所属しているか否かは関係ない。広義には伝統芸能を披露する人々も含む。YouTube[3]Twitter[4]Instagramなども芸能活動の一種とみなされる場合がある[5]
  2. ^ 2009年12月時点での調査。
  3. ^ これ以外にも「落語家」「司会者」「ギタリスト」等。

出典

  1. ^ 石井和広 (2009年5月15日). “職業分類表の改訂にあたって”. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT). 労働政策研究・研修機構. 2022年6月1日閲覧。
  2. ^ 「芸能活動に直結するライブ配信アプリ」3選! narrowユーザーの成功の秘訣を徹底取材!”. narrow. ジェミー (2020年8月4日). 2022年6月1日閲覧。
  3. ^ “菅田将暉、弟・菅生新樹に芸能界への憧れを与えた「家族愛」父も明かしていた東京での“家族同居”生活”. Smart FLASH (光文社). (2022年6月21日). https://smart-flash.jp/entame/187308/1 2022年9月2日閲覧。 
  4. ^ “死活的事件が続出! 芸能界の「木下姓ドミノ」が怖すぎる”. Asagei Biz (徳間書店). (2022年9月4日). https://asagei.biz/excerpt/47956 2022年9月4日閲覧。 
  5. ^ “本領発揮! 木下優樹菜の「背中がっつりあきドレス姿」にファン感激”. FRIDAYデジタル (講談社). (2022年9月10日). https://friday.kodansha.co.jp/article/263559 2022年9月10日閲覧。 
  6. ^ a b c d e 井上 貴子 『近代インドにおける音楽学と芸能の変容』2006年、24-25頁。 
  7. ^ 実は便利な日本語「芸能人」は英語でなんて言う?”. 英語ぷらす. 2019年5月30日閲覧。
  8. ^ a b c d 『日経エンタテインメント』2006年10月号。
  9. ^ 捨てる神あれば拾う神…薬物汚染、浄化遠い芸能界 朝日新聞 特集「芸能界薬物汚染」2009年8月28日付
  10. ^ 深読みエンタ:華原と酒井の芸能界復帰 チャンス生かせるか1/2 2/2 毎日新聞2012年12月1日 スポーツニッポン編集委員・佐藤雅昭。
  11. ^ 『日経エンタテインメント!』2006年4月号。
  12. ^ modelpress編集部 (2021年7月4日). “乃木坂46大園桃子、卒業を発表 芸能活動も引退へ”. モデルプレス (ネットネイティブ). https://mdpr.jp/news/detail/2655948 2022年8月26日閲覧。 
  13. ^ modelpress編集部 (2021年9月13日). “乃木坂46卒業&芸能界引退の大園桃子さん、アパレルブランド発表 インスタも継続へ”. モデルプレス (ネットネイティブ). https://mdpr.jp/news/detail/2768453 2022年8月26日閲覧。 
  14. ^ 大村大次郎 (2015年1月26日). “なぜ売れっ子芸能人は会社を作るのか?”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). https://toyokeizai.net/articles/-/58734?page=2 2022年8月26日閲覧。 
  15. ^ “エイスリー タレントやYouTuberの確定申告や節税を支援。専門家マッチングサービス「タスケル税務」提供開始へ” (プレスリリース), PR TIMES, (2022年9月15日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000038184.html 2022年9月15日閲覧。 
  16. ^ 大槻智之 (2021年2月3日). “電通やタニタ導入「社員の個人事業主化」の死角”. 東洋経済オンライン (東洋経済新報社). https://toyokeizai.net/articles/-/408924 2022年8月26日閲覧。 
  17. ^ 週刊ポスト (2019年11月12日). “芸能人が頼る「節税請負人」、個人事務所設立や経費計上の手法”. マネーポストWEB (東洋経済新報社). https://www.moneypost.jp/600276 2022年8月26日閲覧。 
  18. ^ “どうなる? 芸能人の働き方 フリーランス・個人事務所・労組など多様化するか”. リアルライブ (REAL LIVE). (2019年8月16日). https://npn.co.jp/article/detail/6369405 2022年8月26日閲覧。 
  19. ^ FINANCIAL FIELD編集部 (2022年8月9日). “個人事業主は法人化すべき? 法人化によって得られる節税効果とは?”. ファイナンシャルフィールド (ブレイクメディア株式会社). https://financial-field.com/tax/entry-154384 2022年8月26日閲覧。 
  20. ^ 個人事業者の廃業時における消費税の効果的な節税方法について詳しく解説”. オーナー社長のための事業承継総合センター. 株式会社リクルート (2020年3月29日). 2021年1月12日閲覧。
  21. ^ 山田宏逸 (2019年11月11日). “チュート徳井問題と「中小企業不要論」を結ぶ点と線”. 日経ビジネス電子版 (日経BP). https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00080/110700001/ 2022年8月26日閲覧。 
  22. ^ 進藤太郎; 吉岡俊; 岩辺智博; 松嶋三郎 (2020年5月8日). “元国税実査官が教える「怪しい申告」の特徴。脱税がバレやすいのは…”. 日刊SPA! (扶桑社). https://nikkan-spa.jp/1649645 2022年9月20日閲覧。 
  23. ^ 山田ゴメス (2021年3月11日). “芸能人が「脱税」に溺れるまでの全真相”. 現代ビジネス (講談社). https://gendai.media/articles/-/81042 2022年9月20日閲覧。 
  24. ^ ヤーコン大助 (2019年11月25日). “脱税で話題になった芸能人4人! 徳井義実だけじゃない…1億8000万円の脱税&4億借金男も!”. TOCANA (サイゾー). https://tocana.jp/2019/11/post_124726_entry.html 2022年9月20日閲覧。 
  25. ^ anomado (2022年7月23日). “脱税発覚の女優ユエン・ビンイエンの現在は?「自業自得」ネットでは厳しい声も”. Record China (Record China). https://www.recordchina.co.jp/b898160-s36-c70-d0196.html 2022年9月20日閲覧。 


「芸能人」の続きの解説一覧

テレビタレント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 17:09 UTC 版)

滝沢カレン」の記事における「テレビタレント」の解説

2015年6月2日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)で度々話の筋が見えないような発言をしたり、場違いな表現使ったりするため、他の出演者から「何歳から日本暮らしているのか?」などと質問されたが、日本生まれ日本育ちで、日本語しか話せない。そして初登場ながら「踊る! ヒット賞」を獲得した以降タレントとして各種バラエティ番組出演するようになり、その独特な言語感覚が「じわじわくる」「クセになる」など視聴者からの反響呼び、「生まれも育ちも日本なのに日本語が苦手」というキャラクター特徴注目を集める存在となる。

※この「テレビタレント」の解説は、「滝沢カレン」の解説の一部です。
「テレビタレント」を含む「滝沢カレン」の記事については、「滝沢カレン」の概要を参照ください。


テレビタレント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 05:07 UTC 版)

中山千夏」の記事における「テレビタレント」の解説

高校卒業した翌年1968年5月東宝から独立してフリーとなる同時に主たる活動の場テレビ移した1968年から1976年まで8年間、日本テレビお昼のワイドショー』の司会務めアシスタントながら自己の主張個性惜しげもなく表に現す司会ぶりを見せた同時にテレビドラマ主演し歌手としてもヒットを飛ばし雑誌エッセイ連載し単行本次々と出版芸能界でも「この道一筋」が一般的だった時代に、その多彩な活動目立ちマルチタレント才女などと呼ばれた。 しかし、テレビメディア疑問持ち、『お荷物小荷物・カムイ編』(ABC制作1971年12月72年4月)の打ち上げで、以後ドラマには出演しないことを宣言してドラマから撤退、『お昼のワイドショー』を降板した1978年以降は『じゃりン子チエ』等の声優活動以外、タレントとしてテレビ出演からもほぼ完全にセミリタイアした。 2005年1月に、「おんな組いのち」の活動の一環として開始したトーク番組痛快!おんな組』(朝日ニュースター)のレギュラーコメンテーターとして月一回、テレビに姿を見せていた。

※この「テレビタレント」の解説は、「中山千夏」の解説の一部です。
「テレビタレント」を含む「中山千夏」の記事については、「中山千夏」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「テレビタレント」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「テレビタレント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テレビタレントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テレビタレントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芸能人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの滝沢カレン (改訂履歴)、中山千夏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS