家禄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 家禄の意味・解説 

家禄

読み方:カロクkaroku

幕府では旗本御家人に、大名では家臣の家についていた禄高


(家禄 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/16 02:21 UTC 版)

(ろく)とは、仕官している者に対し、その生活の資として給与された金銭・物資あるいはその代替のこと。


  1. ^ 唐の律令においては、食邑(日本における封戸に相当)を扱う封爵令と禄を扱う禄令が分離されていたが、日本の律令では封爵令が設けられず、封戸は禄令にて扱われた。
  2. ^ 村尾次郎「位禄」『平安時代史事典』(角川書店、1994年)
  3. ^ 俣野「封禄」『日本歴史大事典』
  4. ^ 賜禄儀は禄令には規定がないものの、『弘仁式』や『儀式』に規定が設けられている。
  5. ^ 山下、2012年、P27-36
  6. ^ 地方知行の場合においても、免(年貢率)の上限は藩によって定められ、家臣による勝手な徴税は規制されていた。
  7. ^ 落合弘樹 & 1994-10, pp. 178.
  8. ^ a b 落合弘樹 & 1994-10, pp. 179.
  9. ^ 落合弘樹 & 1994-10, pp. 189.
  10. ^ 落合弘樹 & 1994-10, pp. 193.
  11. ^ 落合弘樹 & 1994-10, pp. 194.


「禄」の続きの解説一覧





家禄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「家禄」の関連用語

家禄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



家禄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの禄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS