児玉幸多とは?

児玉幸多

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/07 09:00 UTC 版)

児玉 幸多(こだま こうた、1909年明治42年〉12月8日 - 2007年平成19年〉7月4日)は、「日本近世農村・交通史の泰斗」と呼ばれた文学博士。学習院大学名誉教授、学習院大学元学長、学習院女子短期大学元学長、品川区立品川歴史館名誉館長、千曲市名誉市民




  1. ^ 成蹊高等学校一覧 昭和3年度』 成蹊高等学校、1929年、59頁。 
  2. ^ a b c 没後10年 児玉幸多‎ -歴史学に捧げた生涯 展 (PDF)”. 学習院大学史料館. 2018年10月22日閲覧。
  3. ^ 3月31日学士試験合格(『官報』第1602号、昭和7年5月6日、p.134
  4. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年8月13日閲覧。
  5. ^ 第七高等学校造士館編『第七高等学校造士館一覧 自昭和11年4月至昭和12年3月』第七高等学校造士館、1936年、p.97
  6. ^ a b c 増田廣實「児玉幸多先生をお偲びして」、『交通史研究』第63巻、交通史学会、2007年、 1-2頁、 doi:10.20712/kotsushi.63.0_1
  7. ^ 椎谷, 哲夫 『敬宮愛子さまご誕生 宮中見聞記』 明成社、2002年、初版第二刷、143-152頁。ISBN 4-944219-10-5


「児玉幸多」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「児玉幸多」の関連用語

児玉幸多のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



児玉幸多のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの児玉幸多 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS