かちかち山とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > かちかち山の意味・解説 

かちかち‐やま【かちかち山】

日本の昔話の一。室町末期成立か。悪い(たぬき)に婆(ばば)を殺された爺(じじ)のために、兎(うさぎ)が敵討ちをする。


かちかち‐やま【━山】

〔名〕 童話一つばあさんを殺されたじいさんのために兎がかたきうちをする勧善懲悪復讐譚。かちかち山は、背負って歩いているに、兎が後から火打ち石で火をつけた山のこと。室町期成立したとみられているが、主人公兎と熊とにした古風類例もある。


かちかち山

作者武者小路実篤

収載図書武者小路実篤全集 第2巻
出版社小学館
刊行年月1988.2


かちかち山

作者佐野洋子

収載図書嘘ばっか
出版社マガジンハウス
刊行年月1992.9
シリーズ名Visual Books

収載図書嘘ばっか―新釈世界おとぎ話
出版社講談社
刊行年月1998.3
シリーズ名講談社文庫


かちかち山

作者松谷みよ子

収載図書やさしさ感情を豊かに
出版社日本漢字能力検定協会
刊行年月2006.11
シリーズ名漢検


かちかち山

作者桜澤麻衣

収載図書本当は怖い日本童話―残酷で妖艶な男と女の物語
出版社G.B.
刊行年月2008.8


かちかち山―残虐な狸に死の報復を

作者中見利男

収載図書あなたの知らない日本おとぎ話
出版社角川春樹事務所
刊行年月2008.7
シリーズ名ハルキ・ホラー文庫


かちかち山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 03:51 UTC 版)

かちかち山(かちかちやま)は、老婆を残虐に殺したタヌキを、老爺に代わってウサギが成敗する日本の民話


  1. ^ ここまでの部分が原話に存在せず、後味の悪さから後になって付け加えられたとする説もある。
  2. ^ 太宰治『お伽草紙』(1945、作中年代は戦中末期) より「現今発行せられてゐるカチカチ山の絵本は、それゆゑ、狸が婆さんに怪我をさせて逃げたなんて工合に、賢明にごまかしてゐるやうである」
  3. ^ 学習百科大事典(学研)等
  4. ^ 笠原政雄,中村 とも子 『雪の夜に語り継ぐ』 福音館書店、2004年。 
  5. ^ 高松地方裁判所・広報活動 『裁判官が小学校の研究授業に参加
  6. ^ 法テラス長崎・お知らせのバックナンバー 『模擬裁判「かちかち山タヌキ殺し事件」 Archived 2011年11月23日, at the Wayback Machine.』


「かちかち山」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かちかち山」の関連用語

かちかち山のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かちかち山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかちかち山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS