かちかちとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > かちかちの意味・解説 

かち‐かち

【一】[副]堅い物がぶつかってたてる、軽く澄んだ音を表す語。多く規則的連続的な音にいう。「時計のかちかち(と)いう音」「かちかちと拍子木の音がする」

【二】形動

非常に堅いさま。かちんかちんこちこち。「かちかちに凍る」「のりが乾いてかちかちだ」

緊張恐怖でからだがこわばっているさま。「初舞台でかちかちになる」

融通きかないさま。こちこち。「かちかちの石部金吉

アクセント【一】チカチ、【二】はカチカチ


かち‐かち

1 〔副〕 (「と」を伴って用いることもある)

堅い物がぶつかってたてる音を表わす語。規則的に、また、軽く打ち合う音で、火打ち石拍子木の音、時計秒針時を刻む音などにいうことが多い。

玉塵抄(1563)三六「火うちの石をかちかちと打ば火がづるぞ」

堅く感じられるさまを表わす語。

別天地(1903)〈国木田独歩〉下「オイ、こんな乾物が食へるか。かちかちして板のやうだ」

2形動

① 物が非常に堅いさま。

山彦(1907)〈鈴木三重吉〉三「は乾いてかちかちになる」

堅苦しく緊張しているさま。また、性質などががんこで、融通のきかぬさま。こちこち

③ 生活などがどうにかこうにか成り立っているさま。ぎりぎり余裕のないさま。かつかつ

防雪林(1928)〈小林多喜二〉六「余市鰊場へ行くことになってゐた。そして四月終りへ帰ってくる。それはどの百姓も大抵さうした。━それで百姓の生活がカチカチだった」

3 〔名〕

火打ち石、または火打ち金

洒落本三千紙屑(1801)初「『安ど火縄はいいか』『カチカチがありやすと』」

拍子木をいう児童語


カチカチ

読み方:かちかち

  1. お座敷出掛ける時縁起祝ひて妓の後より燧石ひうちいし)にてカチカチとやる事。東京に限る。

分類 花柳界


カチカチ

読み方:かちかち

  1. 放火犯のこと。カチカチ山童話からきている。

分類 犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

かちかち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/11 09:32 UTC 版)

かちかちとは株札を用いた遊戯。最強の役の名称から「じゅんじゅん」とも呼ばれる。賭博として行われる場合もある。






「かちかち」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かちかち」の関連用語

かちかちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



かちかちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかちかち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS