野狐とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > > 野狐の意味・解説 

の ぎつね [2] 【野狐

野にすむ野生

や こ [1] 【野狐

野にすむ野生キツネ

野狐

作者澤田ふじ子

収載図書花篝小説日本女流画人伝
出版社中央公論新社
刊行年月2001.9
シリーズ名Chuko on demand books

収載図書花篝小説日本女流画人伝
出版社光文社
刊行年月2002.7
シリーズ名光文社時代小説文庫

収載図書これから澤田ふじ子自選短編集
出版社中央公論新社
刊行年月2007.1


野狐

作者田中英光

収載図書日常のなかの危機 新装
出版社學藝書林
刊行年月2003.5
シリーズ名全集 現代文学発見


野狐(やこ)

作者沢田ふじ子

収載図書花篝小説 日本女流画人伝
出版社中央公論社
刊行年月1989.5
シリーズ名中公文庫

収載図書神無月の女禁裏御付武士事件簿
出版社実業之日本社
刊行年月1991.1

収載図書禁裏御付武士事件簿神無月の女
出版社徳間書店
刊行年月1997.5
シリーズ名徳間文庫


野狐(やこ)

作者田中英光

収載図書昭和文学全集 32短編小説
出版社小学館
刊行年月1989.8


野狐

読み方:ヤコ(yako)

作者 田中英光

初出 昭和24年

ジャンル 小説


野狐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/09 03:19 UTC 版)

野狐(やこ)は日本に伝わる狐の妖怪。普通の野生の狐、人間を化かしたりする狐、神格を持たない狐などを差して野狐と称する。野犴(やかん[2])と表記する場合も室町時代以前にはある。野狗(やこ・やく)、野狛(やこ)の字をあてられることもある。「狗」も「狛」も当時では犬の類といった意味。


  1. ^ 『竹原春泉 絵本百物語 -桃山人夜話-』 多田克己編、国書刊行会1997年、158頁。ISBN 978-4-336-03948-4
  2. ^ 犴(かん)は野生の犬もしくはそれに近いイヌ科の動物・狐などの類という意味。元来はインド圏に生息するジャッカルを指す。
  3. ^ 中村禎里 『狐の日本史 古代・中世びとの祈りと呪術』 戎光祥出版 2017年 260頁 ISBN 978-4-86403-248-3 (旧版 『狐の日本史 古代・中世編』 日本エディタースクール出版部 2001年)
  4. ^ 笹間良彦 『図説・日本未確認生物事典』 柏書房、1994年、110頁。ISBN 978-4-7601-1299-9
  5. ^ a b c d e 石塚尊俊 『日本の憑きもの 俗信は今も生きている』 未來社1972年(原著1959年)、復刊、62-66頁。NCID BN02482167
  6. ^ a b 大藤時彦他 『綜合日本民俗語彙』第4巻、民俗学研究所編、柳田國男監修、平凡社1956年、1619-1620頁。NCID BN05729787
  7. ^ 宮本袈裟雄他 『民間信仰辞典』 桜井徳太郎編、東京堂出版1980年、294頁。ISBN 978-4-490-10137-9


「野狐」の続きの解説一覧

野狐

出典:『Wiktionary』 (2011/11/01 16:09 UTC 版)

名詞

(やこ、のぎつね

  1. 野生キツネ
  2. キツネ妖怪

熟語




野狐と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「野狐」の関連用語

野狐のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



野狐のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの野狐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの野狐 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS