オガララ帯水層とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > オガララ帯水層の意味・解説 

オガララ帯水層

読み方:オガカラたいすいそう
別名:ハイ・プレーンズ帯水層
英語:Ogallala Aquifer

米国の中ほどに存在する地下帯水層日本の国土匹敵する面積わたって大量地下水を湛えている。帯水層含まれる水量は4兆トンとも言われている。アメリカ中部乾燥した気候において重要な水源であり、農業用水、および飲料水として欠かせないものとなっている。

オガカラ帯水層位置するアメリカ中部は、雨量少な気候ありながら大規模穀倉地帯として開発進んでいる。その背景には、オガカラ帯水層から地下水汲み上げることで豊富な量の給水が可能だったという事実があるしかしながら機械化されたポンプによる大量水の汲み上げなどが続けられたことなどによって、オガカラ帯水層では深刻な水量低下進行しているとされ、問題視されている。

オガララ帯水層

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/16 20:10 UTC 版)

オガララ帯水層(オガララたいすいそう、英語Ogallala Aquifer)は、アメリカ合衆国中部、グレートプレーンズの地下に分布する浅層地下水層。ハイ・プレーンズ帯水層High Plains Aquifer)とも呼ばれる。世界最大級の地下水層で、総面積は450,000km²(日本の国土の約1.2倍)におよび、同国中西部南西部8州にまたがる。この帯水層は1899年ニューヨーク地学者ネルソン・ホラティオ・ダートン(Nelson Horatio Darton)によって命名された。名称はネブラスカ州西部の町オガララOgallala)に由来している[1]


  1. ^ Darton, N.H. 1898. Preliminary report on the geology and water resources of Nebraska west of the one hundred and third meridian. In: Walcott, C.D. (ed), Nineteenth Annual Report of the United States Geological Survey, 1897-1898, Part IV, pp. 719-785.
  2. ^ North Plains Groundwater Conservation District


「オガララ帯水層」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オガララ帯水層」の関連用語

オガララ帯水層のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オガララ帯水層のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオガララ帯水層 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS