椎名誠とは? わかりやすく解説

しいな‐まこと〔しひな‐〕【椎名誠】


椎名誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 10:18 UTC 版)

(しいな まこと、1944年6月14日 -)は、日本作家エッセイスト写真家映画監督


注釈

  1. ^ 月刊ストアーズレポート
  2. ^ CiNii 渡辺一枝
  3. ^ a b 出版元やNDCの分類ではエッセイとなっているが、シリーズ物の中の一つとしてこの項目に記載。

出典

  1. ^ 椎名本人などからは「スーパーエッセイ」などとも呼ばれた。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 椎名 1996, pp. 344–368.
  3. ^ a b 椎名誠、目黒孝二 『本人に訊く〈壱〉 よろしく懐旧篇』椎名誠旅する文学館、2016年10月、67頁。ISBN 978-4908920059 
  4. ^ a b 椎名 1996, pp. 317–319.
  5. ^ 椎名の『哀愁の町に霧が降るのだ』に詳しい。
  6. ^ 椎名 1996, pp. 326–327.
  7. ^ 椎名 1996, p. 231.
  8. ^ 南伸坊『さる業界の人々』(ちくま文庫)の関川夏央の解説より。なお、関川も同時期にエロ漫画雑誌の編集長及び、原作執筆を手がけていたという。
  9. ^ 編集委員|週刊金曜日公式サイト”. 株式会社金曜日. 2016年8月4日閲覧。
  10. ^ 椎名誠 旅する文学館 こんなふうに生きてきた”. 2015年11月25日閲覧。
  11. ^ マガジン9とは?”. マガジン9. 2019年5月18日閲覧。
  12. ^ ごあいさつ”. 2019年5月18日閲覧。
  13. ^ 人気の電子書籍シリーズ刊行!「椎名誠 旅する文学館」 椎名誠氏デビュー作『さらば国分寺書店のオババ』電子で登場”. 株式会社クリークアンドリバー. 2017年3月12日閲覧。
  14. ^ 椎名誠さんが告白した「35年間の不眠症歴」”. デイリー新潮. 新潮社. 2017年3月12日閲覧。
  15. ^ 渡辺一枝 プロフィールHMV&BOOKS
  16. ^ 渡邉葉 (@YoWatShiinaEsq)さん - Twitter”. 渡邉葉. 2018年8月11日閲覧。
  17. ^ 渡辺葉|新潮社”. 2017年2月2日閲覧。
  18. ^ 椎名誠「「岳物語」と僕」 『定本岳物語』集英社、1998年。ISBN 4087743470 
  19. ^ 椎名誠「胃によくない一日」 『モンパの木の下で』文藝春秋。 
  20. ^ 椎名誠「クルマごときに」 『時にはうどんのように』文藝春秋。 
  21. ^ 椎名 1996, p. 323.
  22. ^ 椎名誠 『五つの旅の物語』講談社、2010年。ISBN 9784062160582 [要ページ番号]
  23. ^ 椎名 1996, pp. 254–260.
  24. ^ 『酔うために地球はぐるぐるまわってる』”. 椎名誠 旅する文学館. 2019年5月18日閲覧。
  25. ^ 『ナマコ』”. 椎名誠 旅する文学館. 2019年5月18日閲覧。
  26. ^ 椎名誠 『どーしてこんなにうまいんだあ!』集英社〈集英社文庫〉、2016年、103-107頁。 


「椎名誠」の続きの解説一覧

「椎名誠」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「椎名誠」の関連用語

椎名誠のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



椎名誠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの椎名誠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS