ウワバミソウとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 薬用植物一覧 > ウワバミソウの意味・解説 

ウワバミソウ

ウワバミソウ
科名 イラクサ科
別名: ミズ・ミズナ
生薬名: シャクシャシャ赤者使者
漢字表記 蠎草
原産 日本
用途 渓流陰地岸壁自生する雌雄異株多年草。春から夏に・根を採取叩いてその汁を切り傷さされなどに塗ります。取り除いた根や水洗いして、の皮を除き、塩茹でにして細かく刻み食用とします。
学名: Elatostema umbellatum Bl.
   var. majus Maxim.

蟒草

読み方:ウワバミソウ(uwabamisou)

イラクサ科多年草薬用植物

学名 Elatostema umbellatum


蟒蛇草

読み方:ウワバミソウ(uwabamisou)

イラクサ科多年草薬用植物

学名 Elatostema umbellatum


ウワバミソウ イラクサ科

ウワバミソウ
イラクサ科
収穫時期 食べられる部位 清見町での呼び名
5月9月 茎・葉・根

ミズナ


芽 葉 花

味わう

をゆでて、おひたしや、和え物煮物に。また、ゆでて冷やしたものを刻み包丁の背でたたいて、すりつぶしトロロにして食べたり、ニシンと共に煮込んだり、磯巻き切り和えにしたりと、工夫次第面白いものができる。

薬効

特にはありません。


DATA
谷間の湿ったところや水のしたたる岩壁などに群生する多年草で、多肉質柔らか水分多く含んでいることからミズナ水菜)とよも呼ばれている。
また、ウワバミソウのウワバミとは大蛇のことで、食べ過ぎたとき胃腸薬としてこのを食べるとか、いかにも大蛇の住みそうなところに生えているなどといったことからこう呼ばれている。
は、先のとがったゆがんだ卵形で、縁には粗いギザギザがある。また、も花も、直接つくのも大きな特徴です。
この繁殖するのに、種と根茎のほかにムカゴミズというものを落とす。ムカゴミズというのは、秋、このの節が丸くふくらんで肉芽状になり、やがてそこから切れ落ちて新になる現象のことである。

蟒草

読み方:ウワバミソウ(uwabamisou)

イラクサ科多年草四、五月ごろ、黄白色の小さい花がかたまって咲く。食用にする

季節

分類 植物


ウワバミソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/09 13:41 UTC 版)

ウワバミソウ(蟒蛇草、elatostema umbellatum)は、イラクサ科ウワバミソウ属に分類される多年性植物。山菜「みず」としても珍重される。近縁種のヒメウワバミソウ(E. japonicum)も同様に食用とされる。




「ウワバミソウ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ウワバミソウ」の関連用語

ウワバミソウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウワバミソウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2018, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2018 ひだ清見観光協会
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウワバミソウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS