エッセーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 文芸 > 散文 > エッセーの意味・解説 

エッセイ

別表記:エッセー
英語:essay

 エッセイとは、特定の文学的形式持たず書き手随想思ったこと・感じたこと・考えたこと)を思うがままに書き記した文章のことである。「随想録」ともいう。

エッセイは基本的に文章作品のジャンルであるが、マンガ作品のジャンルとしても、作者自身の身の回り些細な出来事などを淡々と描いたヤマオチも特にない)ような作品を「エッセイ漫画と呼ぶことが多々ある

エッセイの語源古フランス語遡る原義は「試み」(trial)。現代でも、英語の essay は「小論」「試論という意味合い色濃くアカデミックな文脈で(学術分野で)も多用される語彙である。

エッセイの書き手は「エッセイストもしくは随筆家」ともいう。エッセイストとしての活動本業とする作家もいるが、本業とは別に執筆活動にも取り組んだ結果としてエッセイスト」という肩書得た者もいる。

エッセイが書かれた(エッセイのジャンル区分される書籍は、「エッセイ本」と呼ばれることも多い。

エッセー【(フランス)Essais】

読み方:えっせー

随想録(ずいそうろく)


エッセー【essay】

読み方:えっせー

《「エッセイ」とも》

自由な形式意見・感想などを述べた散文随筆随想

特定の主題について述べ試論小論文論説


随筆

(エッセー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 09:36 UTC 版)

随筆(ずいひつ)とは、文学における一形式で、筆者の体験読書などから得た知識をもとに、それに対する感想思索思想をまとめた散文である。随想(ずいそう)、エッセイエッセー: essai[1], : essay[1])などともいう。


  1. ^ a b 新村出編『広辞苑』「エッセー」による直接の伝来元
  2. ^ a b c 日野龍夫「公開講演 江戸時代の随筆をめぐって」『国際日本文学研究集会会議録』第15号、国文学研究資料館、1992年3月、 127-147頁、 doi:10.24619/00002172ISSN 0387-7280NAID 1200066686092022年4月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 野谷士「世界の随筆日本の随筆:モンテ-ニュから俵万智まで-下-」『追手門学院大学文学部紀要;Faculty of Letters review, Otemon Gakuin University』第29号、追手門学院大学文学部、1994年、 280-269頁、 ISSN 03898695NAID 1100087931962022年4月4日閲覧。
  4. ^ a b c d 日本古典文学大辞典編集委員会 『日本古典文学大辞典 第2巻』岩波書店、1984年1月、528-530頁。 


「随筆」の続きの解説一覧

エッセー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 09:42 UTC 版)

呉明益」の記事における「エッセー」の解説

《迷誌》 麥田出版社2000年。(The Book of Lost Butterflies Wheat Field Press)、改題夏日出版社2017年。 《蝶道》 二魚文化2003年修訂2010年)。(The Dao of Butterflies 2-fishes)。 《家離水邊那麼近》 二魚文化2007年。(So Much Water So Close to Home 2-fishes) 《浮光》新經典文化2014年。(Above Flame ThinKingDom) 呉 明益天野 健太郎(訳)「台湾 十元アゲハ」『飛ぶ教室 : 児童文学冒険』第52号:冬(特集飛ぶ教室」的 世界一周旅行!)、光村図書出版2018年

※この「エッセー」の解説は、「呉明益」の解説の一部です。
「エッセー」を含む「呉明益」の記事については、「呉明益」の概要を参照ください。


エッセー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 09:34 UTC 版)

磯辺弥一郎」の記事における「エッセー」の解説

媒体ごとにまとめる。 『成功成功雑誌社国立国会図書館/図書館送信参加館内公開第5巻第2号「英語 初等英語獨修法」p54~ (0033.jp2)、1904年8月第5巻第3号中等英語獨修法」p52~ (0033.jp2)、1904年9月第6巻第5号英語學卒業者需要口」p42~ (0027.jp2)、1905年1月第7巻第4号第3周年紀念臨時増刊戰後英學者p30~ (0019.jp2)、1905年9月第9巻第3号受験者和文英訳法」p21~ (0018.jp2)、1906年6月第13巻第1号「英語熟達捷徑はやみち)」p17~ (0021.jp2)、1908年1月。 第28第6号3月号「文豪オスカーワイルドの皮肉」p31~ (0024.jp2)、1915年3月。 第30第1号英和対訳高原川p59~ (0045.jp2)、doi:10.11501/11207633、国立国会図書館内/図書館送信。 「二十年前学生今日学生」『男女学生気質』新公論社(編)、東京声堂、 井冽堂(共同刊行)、1906年明治39年)、(0005.jp2)、国立国会図書館書誌ID:00000045911、マイクロ / オンライン国立国会図書館内/図書館送信注記 附録: 学生消夏法。 『学生タイムス』、学生タイムス社、国立国会図書館/図書館送信参加館内公開外国語研究に就て」第3巻第3号1907年8月p3~5 (0002.jp2-)。 「外交官志望者吿ぐ第4巻第2号1908年1月p3~3 (0002.jp2)。 『実業世界実業世界社、三田商業研究会実業世界社。国立国会図書館/図書館送信参加館内公開掲載誌別題実業世界』「神経衰弱国民第10巻第9号創刊5週年記念号、1913-05-01、8646~8647頁 (0034.jp2)。 「一国教育須らくすべからく国民性従ふ可し(べし)」第10巻第15号大正2年8月1日号、1913-08-01、9272~9274頁 (0021.jp2-)、doi:10.11501/10292873。 『実業日本実業之日本社大日本実業学会実業之日本社国立国会図書館公開 共同執筆余の好きな英雄好かぬ英雄・57大家英雄豪傑寸鉄評」、第15巻第1号、1912-01、p9096 (0111.jp2-)。 共同執筆余の嗣子は――名士回答第20巻第21号、1917-10、p117~121 (0088.jp2-)。 共同執筆我国民は何を目標として躍進すべきか」第21巻第8号、1918-04、p92~102 (0067.jp2-)。 共同執筆数十名「余が日試みつゝある健康法」第27第7号、1924-04、p214~243 (0140.jp-2)。 共同執筆現代35名士問合せ回答私の受難時代」第32巻第23号、1929-12、p136~141 (0086.jp2-)。 「長い英語Smiles」『英語青年』第63第10号通号821)、英語青年社、1930年8月、p348~348 (0009.jp2)。doi:10.11501/4434724、国立国会図書館公開掲載誌別題The rising generation』。 国民英学会会長 磯部彌一郎明治初年英語教育」『明治文化発祥記念誌大日本文明協会1924年96頁 (コマ番号0131.jp2)、doi:10.11501/1078981、インターネット公開フルベッキ評。 「百科式の「大英和」に就いて所感(上)」1928年4月20日初出不明。『新聞集成昭和編年史昭和3年度版第2巻四月六月)、明治大正昭和新聞研究会、1988年12月260ページ収載

※この「エッセー」の解説は、「磯辺弥一郎」の解説の一部です。
「エッセー」を含む「磯辺弥一郎」の記事については、「磯辺弥一郎」の概要を参照ください。


エッセー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 18:46 UTC 版)

始皇帝」の記事における「エッセー」の解説

アルゼンチン作家であるホルヘ・ルイス・ボルヘス1899年 - 1986年)は、1952年に『続審問』(Otras Inquisiciones)の中でLa muralla y los libros」(「壁と書の意味)を書いた。これは始皇帝についてのエッセーであり、万里の長城建設焚書に対して否定的な見解述べている。

※この「エッセー」の解説は、「始皇帝」の解説の一部です。
「エッセー」を含む「始皇帝」の記事については、「始皇帝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エッセー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

エッセー

出典:『Wiktionary』 (2021/12/07 22:41 UTC 版)

異表記・別形

語源

英語 essay 又はフランス語 essai からの借用語

発音

名詞

エッセー

  1. (文学) 随筆散文
  2. 小論文評論試論

「エッセー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



エッセーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

エッセーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エッセーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの随筆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの呉明益 (改訂履歴)、磯辺弥一郎 (改訂履歴)、始皇帝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエッセー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS