抑止力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 抑止力の意味・解説 

抑止力

抑止力とは、抑止力の意味

抑止力(よくしりょく)とは、「相手活動やめさせる力」「相手行動移さないようにする(未然に防ぐ)力」を意味する語。抑止する力、思いとどまらせる力。特に法律刑罰や、防衛国家安全保障などの文脈用いられることの多い語だが、「思いとどまらせるためのもの」という意味では日常会話の中で用いられる

抑止力の使い方

「抑止力」という言葉は、もっぱら相手行動未然に抑え込むことのできる要素を指す意味で用いられる。その要素は、相手行動もたらす被害影響に対し同等それ以上の影響もたらす力が求められる。仮に相手が行動を起こした場合報復措置が行われ、その報復によって相手甚大な不利益損害を被ることになる。「行動を起こす大変なことになる」「行動しない方がましだ」と相手判断させることによって、抑止力が抑止力として機能する

たとえば法律における刑罰規定や、警察による啓発取り締まり活動は、犯罪行為に対する抑止力として機能している側面があるまた、平和主義標榜する国家多大な軍事費国防費投じて軍を維持しているのは、他国に対して軍事的な抑止力が必要だからという側面がある

防衛分野における「抑止」の概念について、防衛省次のような義を紹介している。 一般に抑止とは、「相手攻撃してきた場合軍事的な対応を行って損害を与える姿勢を示すことで攻撃そのもの思いとどまらせる軍事力役割とされる。―― 平成22年版防衛白書
もっと俗な文脈では、たとえば「財布入れておくお札新札にしておくと浪費の抑止力になる。ピン札もったいなく無駄に使いくなくなるから」というような使い方もされる

抑止力の類語と使い分け

「抑止力」の類語としては「抑制」「阻止」「ブレーキ」などが挙げられる抑制よくせい)は「抑えとどめること」を意味し、特に「抑制効かない」というような表現において「抑止力」と同様の意味用いられる。「阻止」や「ブレーキ」は「相手食い止める力」という意味で抑止力の類義語なり得る。ただし「未然に防ぐ」というニュアンス希薄である

抑止力の語源

抑止力は「抑止+力」の2要素からなる語である。「抑止」は「抑」と「止」という類義語並べた一般的な形の漢語である。中国語にも「抑止」という語彙がある。

仏教では、衆生が犯そうとする悪を(仏が)あらかじめ抑えることを「抑止(おくし)」という。すでに犯してしまった悪を仏が赦すことを「摂取せっしゅ)」といい、合わせて抑止摂取」という。

よくし‐りょく【抑止力】

読み方:よくしりょく

活動やめさせる力。思いとどまらせる力。「―」「犯罪の―」

[補説] 安全保障分野で、侵略行えば耐え難い損害を被ることを明白に認識させることによって、侵略思いとどまらせることをいう。

「抑止力」に似た言葉

抑止力

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

【抑止力】(よくしりょく)

国家が、軍隊・警察どの物的な強制力保持運用することにより、戦争犯罪発生未然に抑える
ことを骨子とした、現代安全保障最たる考え方

冷戦時代においては代理戦争こそあったものの、世界大戦規模戦争核兵器の抑止力により起こることが無かった

関連:相互確証破壊


抑止力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/27 12:43 UTC 版)

抑止力(よくしりょく、: deterrence)とは、抑止する力であり、つまり相手に有害な行動を想いとどまらせる力、作用[1]。なにかをしようと思っている者にそれを行うことを思いとどまらせる力。やろうかと思っている活動をやめさせる力[2]




「抑止力」の続きの解説一覧

抑止力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 01:18 UTC 版)

空の境界」の記事における「抑止力」の解説

現在の世界存続を図る、カタチのない力。集合的無意識本作での使われ方超個体に近いもの)が生んだ安全装置世界保護するという点で優先対象の異な二つの抑止力が存在し地球という星を守るためならば人間という種を滅ぼすこともためらわないガイアの抑止力」と、人の世存続のためならば星を食い潰すこともためらわないアラヤの抑止力」(霊長の抑止力)とがある。無意識から発生した力であるため大抵の場合その場にいる誰にも気づかれない、誰の意識にも止まることのない自然な形で発動する例えば、世界安定脅か危機排除するため、それと敵対する存在大抵は無力な唯の一般人)を後押しして力を与え絶対に勝利できるように導く(これを「世界との契約」という)。ちなみにアラヤ契約した場合その人間は英雄となり、死後英霊としてアラヤに取込まれることになる。

※この「抑止力」の解説は、「空の境界」の解説の一部です。
「抑止力」を含む「空の境界」の記事については、「空の境界」の概要を参照ください。


抑止力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 10:18 UTC 版)

TYPE-MOON」の記事における「抑止力」の解説

現在の世界存続を図るために、世界滅ぼ要因発生した瞬間に出現、この要因を抹消するカタチのない力。カウンターガーディアンとも呼ばれる

※この「抑止力」の解説は、「TYPE-MOON」の解説の一部です。
「抑止力」を含む「TYPE-MOON」の記事については、「TYPE-MOON」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「抑止力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「抑止力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「抑止力」の関連用語

抑止力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



抑止力のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの抑止力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの空の境界 (改訂履歴)、TYPE-MOON (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS