中華人民共和国の経済とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 中華人民共和国の経済の意味・解説 

中華人民共和国の経済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/25 15:59 UTC 版)

中華人民共和国の経済(ちゅうかじんみんきょうわこくのけいざい)は、名目GDP換算で世界で2番目に大きく、2017年の名目GDPは12.25兆USドル、国際通貨基金世界銀行CIAワールド・ファクトブックによれば購買力平価GDP換算で世界最大の経済である。[6][7][8]、一人当たり名目GDPに換算すると約8,643USドル、購買力平価による換算では16,624USドルとなり、世界水準ではまだ低い(2015年では、187か国中79位)。しかし、中華人民共和国の経済は急速に成長を続けている。2005年、中国のGDPの70%は民間部門が占めており、公有部門は公益事業、重化学工業、資源・エネルギーといった約200の大規模な国有企業によって支配されている[9]




  1. ^ [1]
  2. ^ 引自2012年第4季度GDP指标,数据出自 国家统计局:《2012年国民经济继续保持平稳较快发展》 Archived 2013年1月21日, at the Wayback Machine.
  3. ^ a b c d e f g CIAホームページ
  4. ^ a b c d The World Factbook”. 2019年3月26日閲覧。
  5. ^ a b 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年版』表5-2(産業分類別就業人員数)
  6. ^ Report for Selected Countries and Subjects (PPP valuation of country GDP)”. IMF. 2015年12月4日閲覧。
  7. ^ Data (2015年7月2日). “"Gross domestic product 2014, PPP", World Bank, accessed on 2 July 2015”. Data.worldbank.org. 2015年8月2日閲覧。; European Union calculated by sum of individual countries.
  8. ^ Field listing - GDP (PPP exchange rate), CIA
  9. ^ "China Is a Private-Sector Economy"”. BussinessWeek (2005年8月22日). 2010年3月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年3月27日閲覧。
  10. ^ China's middle class overtakes US as largest in the world”. デイリー・テレグラフ (2015年10月14日). 2016年8月17日閲覧。
  11. ^ 天児[2004] pp.109-111、農産物は1949年以前の生産量最高の年を100として比較すると、穀物109、綿花154、サトウキビ126、豚114、魚貝類111と軒並み回復している。同様に工業生産品も薄絹147、布137、鋼146、セメント125、発電量122となっている。
  12. ^ Official Measures of Industrial Output in Current Prices, China 1952-96 (pdf)”. 2008年5月12日閲覧。
  13. ^ Current GDP per capita
  14. ^ 国家統計局国民経済綜合統計司編 (2009) p.12 表1-9 国内生産総値指数によると、1952年の実質GDPを100とすると1957年の実質GDPは155.6となり、平均すると年率成長している。
  15. ^ Deng Xiaoping on BUILD SOCIALISM WITH CHINESE CHARACTERISTICS on June 30, 1984 Archived 2010年2月10日, at the Wayback Machine.
  16. ^ 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年版』表9-1(各種価格指数) によると1989年で消費者価格指数は118.0となっている。
  17. ^ 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年版』表3-3(GDP指数) によると、1978年から1988年までの11年間でGDPは毎年平均、名目ベース11%で経済成長をしていたが、1989年は4.1%、1990年は3.8%に鈍化し、1991年に9.2%に回復した。
  18. ^ 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年版』表9-1(各種価格指数)
  19. ^ 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年版』表3-3(GDP指数) によると1998年の経済成長率は7.8%、1999年は7.6%だったが、2003年以降は10.0%台に回復している。
  20. ^ "China's National Bureau of Statistics "
  21. ^ "Rise of a New Power," U.S. News and World Report June 20, 2005
  22. ^ John Bryan Starr. Understanding China: A Guide to China's Economy, History and Political Structure.
  23. ^ 丸川 (2002) pp94-109
  24. ^ 2020年 GDP'
  25. ^ 中国の奇跡なお続く、1人当たりGDPランキングは大きく躍進へ
  26. ^ Some data refers to IMF staff estimates but some are actual figures for the year 2017, made in 12 April 2017. World Economic Outlook Database-April 2017, International Monetary Fund.
  27. ^ a b 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2017年版』表3-9地区生産総値(2016年)
  28. ^ 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2017年版』表2-6地域別年末人口数 より。但し、各地域の合計には現役の軍人は計上されていない
  29. ^ 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年版』2-3 国民経済和社会発展総量与速度指標
  30. ^ 小田美佐子 (2004)「中国における物件行為論の展開」 立命館法学
  31. ^ 李先念のスピーチ, published in Hong Kong newspaper Ming Pao on June 14, 1979.
  32. ^ 英語版は "Help Wanted: China Finds Itself With a Labor Shortage" の記事を元にして書いている。
  33. ^ "Labor Shortage in China May Lead to Trade Shif" の記事を元に書いている。
  34. ^ "China Drafts Law to Boost Unions and End Labor Abuse" New York Times, October 13, 2006
  35. ^ "Official Union in China Says All Wal-Marts Are Organized" New York Times October 13, 2006
  36. ^ a b 日本経済新聞 2007年10月19日 第13版
  37. ^ 副島隆彦『あと5年で中国が世界を制覇する』ビジネス社 2009年
  38. ^ 週刊現代』2011年2月5日号
  39. ^ 中野剛志・柴山桂太 『グローバル恐慌の真相』 145-146頁。
  40. ^ 2006年11月6日付配信 産経新聞
  41. ^ 「レアメタルの供給構造の脆弱性」(金属資源情報センター
  42. ^ 2006年11月15日付配信 NNA
  43. ^ a b c 『完成車輸出、許可制に 3月から、品質・サービスなど条件』2007年1月25日付配信 フジサンケイビジネスアイ
  44. ^ 2007年1月23日付配信 産経新聞
  45. ^ 2006年10月24日付配信 読売新聞
  46. ^ a b c d e 『中国の造語に「奴隷」という言葉が増えている』2007年11月2日付配信 日経ビジネスオンライン
  47. ^ a b 『中国で人気の「離婚クラブ」とは』2007年11月16日付配信 日経ビジネスオンライン)
  48. ^ a b c 『「房奴」に転落したのは誰のせいか』2007年5月19日付配信 中国情報局サーチナ
  49. ^ 『「房奴」の実態と高齢化社会への影響』2007年5月17日付配信 中国情報局サーチナ
  50. ^ a b c 中華人民共和国国家統計局編[2008]p.22 国内生産総値指数(一)
  51. ^ a b c 中華人民共和国国家統計局編[2008]pp.19-20 国内総収入和国内生産総値(一)
  52. ^ WFPホームページ Archived 2005年10月25日, at the Wayback Machine.
  53. ^ 『中国 遺伝子組み換え作物で積極政策』2007年10月28日付配信 産経新聞
  54. ^ "Rise in China’s Pork Prices Signals End to Cheap Output" article by Keith Bradsher in the New York Times, June 8, 2007
  55. ^ 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年版』表18-7(輸出入貨物分類金額)
  56. ^ 中華人民共和国国家統計局[2008]pp.30-32 地区生産総値及び増加速度
  57. ^ 2018年の粗鋼生産量は史上最高の9億トン台、前年比6.6%増”. JETRO. 2019年3月26日閲覧。
  58. ^ 中華人民共和国国家統計局[2008]p.129、主要工業産品産量(四)
  59. ^ a b c Top steel producers 2007”. 2008年7月25日閲覧。
  60. ^ 松下幸之助の生涯:152. 中国を訪問 1979年(昭和54年)”. 2007年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月2日閲覧。
  61. ^ 丸川[2007]pp.3-23
  62. ^ 中華人民共和国国家統計局[2008]p.128 主要工業産品産量(二)
  63. ^ 中華人民共和国国家統計局[2008]p.130 主要工業産品産量(六)
  64. ^ “中国製家電、生産量世界一から販売量世界一へ 11年”. 人民網. (2011年12月6日). http://j.people.com.cn/94476/7666941.html 2018年1月2日閲覧。 
  65. ^ “中国のコンピューターなどの生産量が世界一に 11年”. 人民網. (2012年7月18日). http://j.people.com.cn/94476/7742593.html 2018年1月2日閲覧。 
  66. ^ 図1:主要国の四輪車生産台数推移”. 日本自動車工業会. 2019年3月26日閲覧。
  67. ^ 『伸び続ける自動車産業、6人に1人が関連企業に就職』 9月23日付配信 Record China
  68. ^ 中国の自動車販売台数減少で見逃してはいけない業界の構造変化”. 2019年3月26日閲覧。
  69. ^ a b 田原真司「中国自動車市場、1000万台へ マイカーブームに底堅さ、北京オリンピック後は業界再編も」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2008年2月27日付配信
  70. ^ 「中国自動車市場の憂鬱」『日経ビジネスオンライン』日経BP社、2007年11月6日付配信
  71. ^ 『100億足生産の憂鬱、利益薄に悩む靴業界』2007年8月29日付配信 NNA
  72. ^ a b WEO 2007 Fact Sheet - China”. 2008年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月26日閲覧。
  73. ^ 堀井[2006]p.113によると、1995年に72,919あった郷鎮が運営していた炭坑が、2004年には23,793にまで減少している。
  74. ^ 中華人民共和国国家統計局[2008]p.129、主要工業産品産量(三)
  75. ^ 日本経済新聞2007年10月3日 第14版記事による。
  76. ^ a b c d e 柴田[2007] pp.157-165
  77. ^ 『週刊ダイヤモンド』2008年5月3日/10日合併号
  78. ^ 中国中信集団、19.1億ドルでカナダの石油会社を買収(2006年12月31日)”. 2008年7月19日閲覧。
  79. ^ 柯[2007]p.11によると、2004年段階で中国工商銀行18%(5兆6705億元)、中国銀行13%(4兆2704億元)中国農業銀行12%(4兆0128億元)、中国建設銀行12%(3兆9009億元)と4行の合計で55%となる。
  80. ^ Chinese stock market pushes above $1 trillion mark”. 2008年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月12日閲覧。
  81. ^ Xinhua: Chinese mainland stock market to become world's third largest in 10 years
  82. ^ a b 中国(最終更新:平成29年度)”. 総務省. 2019年3月26日閲覧。
  83. ^ http://www.point-topic.com/contentDownload/dslanalysis/world%20broadband%20statistics%20q4%202005.pdf [リンク切れ]
  84. ^ Pakistan, Growth and Export Competitiveness (pdf)”. 2008年5月12日閲覧。
  85. ^ a b 『警備員230万人に、雇用難など表面化も』2007年8月24日付配信 NNA
  86. ^ 黒田[2004] p.18「人民元の為替レートは、1990年代初めまでは社会主義国の例に漏れず、高めの公定レートと、実勢を反映した様々な市場レートに分かれていた。ただし、市場レートは次第に収斂し、「為替調整センター」で取引されるセンターレートと公定レートの二本立てになっていった。このセンターレートが大幅に下落し、一時は1ドル=11.2元にもなったが、介入もあって年末には8.7元にまで回復した。他方、公定レートも何度か切り下げられ、九四年初めには1ドル=5.8元になっていた」事を背景とする。
  87. ^ 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年版』表18-2(為替レート)
  88. ^ FINANCE COMMITTEE QUESTIONS FOR THE RECORD January 21, 2009”. 2009年1月24日閲覧。
  89. ^ a b Chinese Ministry Denies Geithner's Currency Claims”. 2009年1月24日閲覧。
  90. ^ 中国、貿易総額の伸び目標未達…労賃高騰などで[リンク切れ] 2015年1月13日
  91. ^ a b 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年版』表18-8(各国(地域別)税関ベースの貨物輸出入総額)
  92. ^ 中国、米国最大の貿易相手国に=9月の対中貿易赤字は過去最多―米商務省
  93. ^ アーカイブされたコピー”. 2007年10月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月28日閲覧。
  94. ^ Warner Bros to withdraw from Chinese mainland (Xinhuanet.com, with source from China Radio International)
  95. ^ 米グーグル、昨年のサイバー攻撃で中国事業からの撤退検討”. ロイター (2010年1月13日). 2010年3月6日閲覧。
  96. ^ Google、中国から撤退か Google.cn 閉鎖の可能性も” (2010年1月13日). 2010年3月6日閲覧。
  97. ^ Google、中国からの大型サイバー攻撃に中国市場撤退も” (2010年1月13日). 2010年3月6日閲覧。
  98. ^ 更好地実施“走出去”戦略”. 中華人民共和国中央人民政府 (2006年3月15日). 2010年2月20日閲覧。[リンク切れ](中国語)
  99. ^ 中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年』表22-34 城市前十位疾病死亡原因及構成 (2005年) によると、中国の都市における死亡原因のうち、心臓病が占める割合が17.89%で3位、呼吸系疾患が12.57%で4位に入っている。
  100. ^ 同じく、中華人民共和国国家統計局『中国統計年鑑2006年』表22-35 農村前十位疾病死亡原因及構成 (2005年) によると、中国の農村における死亡原因のうち、心臓病が占める割合が11.77%で4位、呼吸系疾患が23.45%で1位に入っている。
  101. ^ 中外対話ホームページ
  102. ^ http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2006/01/data/dbcselm.cfm?G=2001
  103. ^ http://www.chinability.com/GDP.htm




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中華人民共和国の経済」の関連用語

中華人民共和国の経済のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中華人民共和国の経済のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中華人民共和国の経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS