青磁とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 陶器 > 青磁の意味・解説 

あお じ あを- [0] 【青瓷・青磁】

平安時代に焼かれた、緑釉りよくゆう)・三彩などの彩釉陶器

せい じ [0] 【青磁・青瓷

釉(うわぐすり)に含まれる還元されて、緑青色あるいは黄みを帯びた青色呈する磁器中国発達し、安南朝鮮日本などに伝わった。

青磁 (せいじ)

石の粉を原料にして形をつくり、を含んだ釉薬ゆうやく]をかけて焼いた器です。が色を出し、青や緑がかった色になります

関連項目

青磁

読み方:セイジ(seiji)

鉄分を含む特有釉薬をかけ、高火度の完全な還元炎焼成したもの

別名 青磁釉


青磁

名称
青磁<せいじ>
区分
重要無形文化財
保持
三浦小平二<みうら こへいじ> (東京都

資料一覧
解説
青磁は,中国生まれ発達した,東洋独特の陶芸技法である。還元焔焼成による,素地釉薬含まれる微量鉄分働きで,青磁色が得られる。中国では,3世紀,漢末三国時代から本格的に焼造され,宋時代隆盛期迎えた。その製品我が国にも数多く請来されて,日本の文化大きな影響を及ぼした。我が国では,江戸時代初期肥前地方制作開始された。近代以降においても,青磁技法駆使する多く陶芸家による作陶活動が行われており,歴史的にも芸術的にも価値の高い工芸技術である。

青磁

読み方:せいじ

青味を帯びた灰釉施し磁器質のやきもの青色は灰にわずかに含まれる酸化鉄還元焔焼成による発色です。中国の漢末ころから作られ、宋代最高潮達し優れた青磁が作られました。

青磁{浮牡丹香炉一/浮牡丹花瓶二}

主名称: 青磁{浮牡丹香炉一/浮牡丹花瓶二}
指定番号 25
枝番 00
指定年月日 1914.08.25(大正3.08.25)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 工芸品
ト書
員数 3箇
時代区分 南宋
年代
検索年代
解説文: 南宋作品

青磁

名称: 青磁
ふりがな せいじ
芸能工芸区分 工芸技術
種別 陶芸
認定区分 各個認定
指定年月日 2007.06.06(平成19.06.06)
解除年月日
指定要件
備考
解説文: 青磁は、中国生まれ発達した、東洋独特の、釉薬を用いる伝統的陶芸技法代表的なものである還元焔焼成による、素地釉薬含まれる微量鉄分はたらきで、青磁色が得られる。中国では、三世紀、漢末三国時代から本格的に焼造され、宋時代隆盛期迎えた。その製品わが国にも数多く請来されて、日本の文化大きな影響を及ぼした。わが国においては江戸時代初期肥前地方制作開始され、以後その技法京都兵庫県三田【さんだ】等に伝わった。近代以降今日においても、青磁技法駆使する多く陶芸家による作陶活動が行われており、わが国工芸史上重要な地位占め芸術価値の高い工芸技術である。

青磁

名称: 青磁
ふりがな せいじ
芸能工芸区分 工芸技術
種別 陶芸
選択年月日 1957.03.30(昭和32.03.30)
選択要件
備考
解説文:  青磁は、中国生まれ発達した、東洋独特の、釉薬を用いる伝統的陶芸技法代表的なものである還元焔焼成による、素地釉薬含まれる微量鉄分はたらきで、青磁色が得られる。中国では、三世紀、漢末三国時代から本格的に焼造され、宋時代隆盛期迎えた。その製品わが国にも数多く請来されて、日本の文化大きな影響を及ぼした。わが国においては江戸時代初期肥前地方制作開始され、以後その技法京都兵庫県三田【さんだ】等に伝わった。近代以降今日においても、青磁技法駆使する多く陶芸家による作陶活動が行われており、わが国工芸史上重要な地位占め芸術価値の高い工芸技術である。
工芸技術のほかの用語一覧
陶芸:  瀬戸丸窯  磁器大物成型のろくろ技法  祥瑞  織部  萩焼  辰砂  青磁

青磁

作者竹河聖

収載図書マスカレード異形コレクション
出版社光文社
刊行年月2002.1
シリーズ名光文社文庫


青磁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/09 01:41 UTC 版)

青磁(せいじ)とは、青磁釉を施した磁器(Porcelain)または炻器(Stoneware)のこと。


  1. ^ 米色青磁瓶」常盤山文庫、2015年11月10日閲覧。
  2. ^ 彭 2012, pp. 34-37.
  3. ^ 彭 2012, pp. 37-41.
  4. ^ 格古要論
  5. ^ 彭 2012, pp. 46-62.
  6. ^ 彭 2012, pp. 68-81.


「青磁」の続きの解説一覧



青磁と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「青磁」の関連用語

青磁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



青磁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2020,Hofu Virtual Site Museum,Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright © 2020 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2020 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2020 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青磁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS