高取焼とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 陶器 > 高取焼の意味・解説 

たかとり やき [0] 【高取焼】

福岡県から産出される陶器慶長年間1596~1615黒田長政の命により朝鮮陶工八山(高取)が筑前高取山麓に開窯したのに始まる。寛永年間1624~1644飯塚白旗山麓に築窯、茶人小堀遠州指導により薄手精巧な作となった。これを遠州高取と称し、遠州七窯の一。

高取焼

読み方タカトリヤキ

福岡県を代表する陶窯豊臣秀吉文禄・慶長の役(1592~1598)後、筑前藩黒田長政指示で、朝鮮から連れ帰った陶工八山(和名・高取八)に鷹取山麓に永満寺宅間窯を慶長11年(1606)築窯させたのが発祥とされる寛永7年(1630)白旗山窯が築かれ、小堀遠州影響を受けた、いわゆる遠州高取作品焼いた茶入水差茶碗向付、手鉢など茶具轆轤技に優れた雅味のある佳品多く、陶質は緻密で、光沢のある褐色釉と白濁釉を組み合わせて肌のしっとりとした独特の作風瀟洒な風格をもつ。

高取焼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/05 02:53 UTC 版)

高取焼(たかとりやき)は、福岡県朝倉郡東峰村福岡市早良区などで継承されている陶器で、400年ほどの歴史を持つ県下有数の古窯。




「高取焼」の続きの解説一覧



高取焼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高取焼」の関連用語

高取焼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高取焼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
陶芸三昧陶芸三昧
Copyright 2019 TOUGEIZANMAI All rights reserved.
陶芸三昧陶芸用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高取焼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS