掴みとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 動作 > 掴み > 掴みの意味・解説 

つかみ【×掴み/×攫み】

読み方:つかみ

つかむこと手で握ること多く他の語複合して用いる。「ひと―」「わし―」

相手気持ち引きつけること。また、その事柄。お笑い芸人観客引きつけるために最初に放つ独創ギャグまた、講演説明会最初に聴衆の関心興味高めるために話す事柄。「―のうまい芸人

囲碁互先(たがいせん)のとき、先手決め方法一方碁石任意の数だけ握り他方がその数の奇数偶数かを当てたら先手となり、違えば後手となる。にぎり。

花札で、出来役手札中にそろえて持つこと。

破風(はふ)板の合う部分固める板。板(ありいた)。

欲の深いこと。また、その人欲ばり

残り臣下は欲づらの―の達者」〈浄・今国性爺〉

草履取り

召し連れたる―が言ふやう」〈咄・軽口大矢数


掴み

読み方:つかみ

マ行五段活用動詞「掴む」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

掴み

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 03:45 UTC 版)

デス バイ ディグリーズ」の記事における「掴み」の解説

R1ボタンを押すことで、近くにいる敵を掴むことが可能。この時、右スティックを倒すことで、倒した方向に向けて敵を投げ飛ばし続けてスティックもう一度倒すことで関節技を極めることができる。また、背後から掴むことで敵の首を締めることができ、ずっと首を絞めることで敵の首を折り一撃で倒すことができる。

※この「掴み」の解説は、「デス バイ ディグリーズ」の解説の一部です。
「掴み」を含む「デス バイ ディグリーズ」の記事については、「デス バイ ディグリーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「掴み」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「掴み」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



掴みと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「掴み」に関係したコラム

  • 株式相場で用いられる高値、安値とは

    株式相場で用いられる高値とは、ある期間での一番高かった株価のことです。また、安値は、一番安かった株価のことです。また、高値、安値を付けた日は大商いの取引になったり、相場の転換点であったりすることがあり...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「掴み」の関連用語

掴みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



掴みのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのデス バイ ディグリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS