図式とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 図式の意味・解説 

ず‐しき〔ヅ‐〕【図式】

読み方:ずしき

物事の関係をわかりやすく説明するために書いた図。「流通機構を―で示す」「―化」

カント哲学で、純粋悟性概念感性的な直観とを媒介するもので、純粋直観としての時間


図式(ダイアグラム)

研究結果発表において論点図解するために、グラフ表示 1ないし図示 1の手法を用いことがあるデータは図 2グラフ 2統計図表 2、または地図 3によって示される変数間の関係の図式的表示は、たとえばレキシスの図式レキシス・ダイアグラム)(437参照)のように、図式(ダイアグラム) 4呼ばれることが多い。一方座標軸対数的に他方等間隔に目盛られたグラフ片対数グラフ 5呼ばれるが、そのようなグラフ対数グラフ 5不正確ないい方呼ばれることが多い。真の対数グラフ 6両方の軸が対数的に目盛られたもので、両対数グラフ 6呼ばれることもある。度数分布グラフ表示には、階級度数表示する点を直線で繋ぐことによって得られる度数多角形 7階級間隔底辺とする長方形の面積によって階級度数表示される柱状図ヒストグラム) 8階級度数が棒の長さ比例する棒グラフ 9累積度数分布を表す累積度数分布図オージャイブ) 10などがある。


ダイアグラム

(図式 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 16:27 UTC 版)

ダイアグラム(diagram)とは、幾何学的な図示を指す。情報を整理し象徴的に表現しモデル化する.ko


  1. ^ Michael Anderson (1997). "Introduction to Diagrammatic Reasoning". Retrieved 21 July 2008.
  2. ^ a b Lowe, Richard K. (1993). “Diagrammatic information: techniques for exploring its mental representation and processing”. Information Design Journal 7 (1): 3–18. 
  3. ^ a b c d Brasseur, Lee E. (2003). Visualizing technical information: a cultural critique. Amityville, N.Y: Baywood Pub. ISBN 0-89503-240-6 
  4. ^ White, Jan V. (1984). Using charts and graphs: 1000 ideas for visual persuasion. New York: Bowker. ISBN 0-8352-1894-5 
  5. ^ Martin, James Lenial; Carma L. McClure (1985). Diagramming techniques for analysts and programmers. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall. ISBN 0-13-208794-4 
  6. ^ a b Michael Friendly (2008). "Milestones in the history of thematic cartography, statistical graphics, and data visualization".
  7. ^ HIPO diagram


「ダイアグラム」の続きの解説一覧

図式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 06:13 UTC 版)

石油食料交換プログラム」の記事における「図式」の解説

この不正の図式は以下のようなものである。つまり、イラク体制共鳴するもしくは賄賂動きやすい個人組織に対して石油食料交換プログラムを通じて石油売買契約持ちかけその際は意図的に市場価格より安い価格設定販売されたというのだ。こうして契約した者は、石油1バレルあたり推定15セントから50セント(1立方メートルあたり94セントから3ドル14セント)安く設定された価格からの転売中間利益得てイラク政府一定の割合の手数料の見返り払っていたとされる。(尚、イラク石油品質が良いためプレミアついている可能性があり、この汚職金額全容分かりにくくされている。)また、石油食料交換プログラムを通じて生活必需品売っていた会社最大10%割り増し価格課して割増分の一部はサッダーム・フセインやその他政府要職人物の個人口座送られ残り会社分け前になったという。この様に輸入輸出双方価格マージン設定して行われた贈賄である。 2004年2月プログラムの実行責任者であるベノン・セバンがイラク石油省の文書現れると、この疑惑国連自身の関与疑惑加わったセバンには、少なくとも1100バレル(170立方メートル)、金額にして約350ドル石油引換券受け取った疑いもたれている。なお、セバン自身は疑惑否認している。

※この「図式」の解説は、「石油食料交換プログラム」の解説の一部です。
「図式」を含む「石油食料交換プログラム」の記事については、「石油食料交換プログラム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「図式」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

図式

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 07:45 UTC 版)

名詞

(ずしき)

  1. 複雑物事説明するに、もちいて簡略し、などにあらわしたもの

構造

類義語

発音(?)

  • ず↗しき

翻訳

関連語


「図式」の例文・使い方・用例・文例




図式と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「図式」の関連用語

図式のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



図式のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
かんこうかんこう
2022 (C) KANKO All Rights Reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイアグラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの石油食料交換プログラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの図式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS