ダイアグラムとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 分析 > ダイアグラム > ダイアグラムの意味・解説 

ダイアグラム [4] 【diagram】


ダイヤグラム [4] 【diagram】

一定の線路列車運転状況を表した図表縦軸に距離と駅,横軸時刻をとり,列車おりおり位置斜線で示す。ダイヤ

図式(ダイアグラム)

研究結果発表において論点図解するために、グラフ表示 1ないし図示 1の手法を用いることがあるデータは図 2グラフ 2統計図表 2、または地図 3によって示される。変数間の関係の図式的表示は、たとえばレキシスの図式レキシス・ダイアグラム)(437参照)のように、図式(ダイアグラム) 4呼ばれることが多い。一方座標軸対数的に、他方等間隔目盛られたグラフ片対数グラフ 5呼ばれるが、そのようなグラフ対数グラフ 5不正確ないい方で呼ばれることが多い。真の対数グラフ 6両方の軸が対数的に目盛られたもので、両対数グラフ 6呼ばれることもある。度数分布グラフ表示には、階級度数表示する点を直線で繋ぐことによって得られる度数多角形 7階級間隔底辺とする長方形面積によって階級度数表示される柱状図ヒストグラム) 8階級度数が棒の長さ比例する棒グラフ 9累積度数分布を表す累積度数分布図オージャイブ) 10などがある。


ダイアグラム[diagram]

ギターなどのコード押さえ方やスケールスケール音の位置を示すフィンガー・ボードした図のこと。ギターのダイアグラムはフィンガー・ボードそのまま図式化したもので、非常にわかりやすい。コード・ダイアグラムの場合、6本の弦と4、5本のフレットが描かれており、表したいフレット数が表記されている。そして弦を押さえ部分黒丸マークされており、そのすぐ近く左手指番号が記されている。左手指番号人差し指から小指に向かって1、2、3、4となっている。指番号は、記されていないダイアグラムもある。スケール・ダイアグラムも表記方法は全く同じだか、コード・ダイアグラムに比べ使用音数が多いのでフレット数が増え、ダイアグラム自体長いものになる。

ダイアグラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/16 10:02 UTC 版)

ダイアグラム(diagram)とは、情報を整理し象徴的に線描など幾何学的に図示したものを指す。3次元の2次元への投影による視覚化も含む。関数などのそれはグラフと呼ぶ。


  1. ^ Michael Anderson (1997). "Introduction to Diagrammatic Reasoning". Retrieved 21 July 2008.
  2. ^ a b Lowe, Richard K. (1993年). “Diagrammatic information: techniques for exploring its mental representation and processing”. Information Design Journal 7 (1): 3–18. 
  3. ^ a b c d Brasseur, Lee E. (2003). Visualizing technical information: a cultural critique. Amityville, N.Y: Baywood Pub. ISBN 0-89503-240-6. 
  4. ^ White, Jan V. (1984). Using charts and graphs: 1000 ideas for visual persuasion. New York: Bowker. ISBN 0-8352-1894-5. 
  5. ^ Martin, James Lenial; Carma L. McClure (1985). Diagramming techniques for analysts and programmers. Englewood Cliffs, NJ: Prentice-Hall. ISBN 0-13-208794-4. 
  6. ^ a b Michael Friendly (2008). "Milestones in the history of thematic cartography, statistical graphics, and data visualization".
  7. ^ HIPO diagram


「ダイアグラム」の続きの解説一覧



ダイアグラムと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ダイアグラム」の関連用語

ダイアグラムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ダイアグラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2019 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイアグラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS