蒸溜とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 蒸溜の意味・解説 

じょう りゅう -りう [0] 【蒸留・蒸溜・蒸餾

( 名 ) スル
液体熱し気化させ、その気体冷却して、再び液体とすること。不純物が除かれ、純粋な液体が得られる。 「海水を-する」 → 乾留
成分混合溶液熱し沸点違い利用して各成分分離すること。精留分留


蒸溜

読み方:ジョウリュウ(jouryuu)

液体熱し気化させ、その気体冷却して、再び液体とすること


蒸留

(蒸溜 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/18 14:41 UTC 版)

蒸留(じょうりゅう、Distillation)とは、混合物を一度蒸発させ、後で再び凝縮させることで、沸点の異なる成分を分離・濃縮する操作をいう。通常、目的成分が常温で液体であるか、融点が高々100℃程度の固体の場合に用いられる。共沸しない混合物であれば、蒸留によりほぼ完全に単離精製することが可能であり、この操作を特に分留という。




「蒸留」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蒸溜」の関連用語

蒸溜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



蒸溜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蒸留 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS