密造酒とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > > 密造酒の意味・解説 

密造酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/17 14:42 UTC 版)

密造酒(みつぞうしゅ)とは、酒造を管理する法令のある社会において、公権力による管理から外れて非合法に製造されたアルコール飲料の総称である。飲酒そのものを規制する法令をくぐって酒類を提供するためのものや、酒税脱税するために製造されたものなどが相当する。酒税確保のための規制により非合法化された自家消費用の酒類のような、中間的な類型もある。


  1. ^ メタノール入り密造酒で17人死亡 ウガンダ”. www.afpbb.com. 2022年9月16日閲覧。
  2. ^ 密造酒で30人死亡 体内から致死量3~5倍のメタノール ロシア”. 毎日新聞. 2022年9月16日閲覧。
  3. ^ 密造酒飲んで37人死亡 インド「禁酒州」”. www.afpbb.com. 2023年1月16日閲覧。
  4. ^ 税務職員の殉難小史-酒類密造等の沿革と併せて- - 内薗惟幾
  5. ^ 『定本柳田國男集 第24巻』p.280,柳田國男,筑摩書房,1963年
  6. ^ 米地文夫「宮沢賢治の「税務署長の冒険」における創作地名──イメージのなかの景観と関わって」『岩手大学教育学部研究年報』第56巻第2号、岩手大学教育学部、1997年2月、21-39頁、doi:10.15113/00011537ISSN 03677370NAID 110000109192 
  7. ^ 『税務職員の殉難小史』,p.288
  8. ^ 『税務職員の殉難小史』,p.325
  9. ^ 第001回国会 財政及び金融委員会 第46号 衆議院
  10. ^ 『税務職員の殉難小史』,p.327
  11. ^ 酒税法施行令(昭和三十七年三月三十一日政令第九十七号)第50条第10項第2号及び酒税法施行規則(昭和三十七年三月三十一日大蔵省令第二十六号)第13条第3項)
  12. ^ 【自家醸造】|お酒についてのQ&A|国税庁
  13. ^ 【自家醸造】・ビールキットに関して
  14. ^ 橋口 孝司 『ウイスキー銘酒事典』 p.53、54 新星出版社 2001年3月25日発行 ISBN 4-405-09663-5
  15. ^ 福西 1976, p. 234.
  16. ^ 笹野 好太郎 『趣味の酒つくり ドブロクを作ろう実際編』 p.258 農山漁村文化協会 1982年2月25日発行
  17. ^ アルコール消費「3割減」、ただし密造酒が急増 ロシア
  18. ^ ロシア“代用酒”で年1万人超死亡 「テロ、戦争より深刻」「民族的虐殺」 貧困、腐敗…根本問題の解決急務
  19. ^ 北朝鮮で密造酒を飲んだ人々が相次ぎ死亡、工業用アルコールが原因か
  20. ^ 金正恩氏「ニセ焼酎」に激怒 公開処刑で銃弾を60発ずつ
  21. ^ 橋口 孝司 『ウイスキー銘酒事典』 p.127 新星出版社 2001年3月25日発行 ISBN 4-405-09663-5
  22. ^ 橋口 孝司 『ウイスキー銘酒事典』 p.93 新星出版社 2001年3月25日発行 ISBN 4-405-09663-5
  23. ^ Taste Test: The Best Legal MoonshineThe Huffington Post 2013年12月13日
  24. ^ 【日本初輸入】イギリスの密造酒を再現したスピリッツを9/30発売”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2022年9月16日閲覧。


「密造酒」の続きの解説一覧

密造酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/27 21:05 UTC 版)

オウスリー郡 (ケンタッキー州)」の記事における「密造酒」の解説

禁酒法によって作られ闇市場があり、合法的にアルコール飲料販売できる地域に遠いことで、法に敬意払わない者には機会提供してきた。アルコール飲料作り高値販売する密造者は、郡がドライ続けることで加速され市場利益を出すために、リスク進んで取り込んできた。宗教心のあつい人々による保守的な運動が、密造者に終わりのない非課税事業機会提供してきた。この現象オウスリー郡に限ったことではない。ウェット郡から遠い州内地域アルコール取得不便な地域では普通にあることである。

※この「密造酒」の解説は、「オウスリー郡 (ケンタッキー州)」の解説の一部です。
「密造酒」を含む「オウスリー郡 (ケンタッキー州)」の記事については、「オウスリー郡 (ケンタッキー州)」の概要を参照ください。


密造酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 09:51 UTC 版)

ラク」の記事における「密造酒」の解説

トルコでは酒税高率であることから、しばしばメタノールなどで増量した粗悪な密造酒が横行し問題となっている。密造酒の被害地元住民ばかりではなく2011年にはロシア人観光客にも及んだことから、当局メルスィンにある密造酒製造所摘発密造業者関係者22人を逮捕、さらにイスタンブールアンタルヤでも摘発行なった

※この「密造酒」の解説は、「ラク」の解説の一部です。
「密造酒」を含む「ラク」の記事については、「ラク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「密造酒」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「密造酒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



密造酒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「密造酒」の関連用語

密造酒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



密造酒のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの密造酒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオウスリー郡 (ケンタッキー州) (改訂履歴)、ラク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS