酒税とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > 消費税 > 酒税の意味・解説 

酒税(しゅぜい)

酒類課せられる消費税

酒税は間接税一種である。酒税は出荷時に課税され、酒類製造者国税庁に酒税を納入する。この分が価格上乗せされ、消費者購入時に酒税を負担するしくみである。

酒税は、1.生活必需品ではない 2.適量上の消費良くない、という観点から課税されている。

酒税額を決めているのは酒税法である。酒税法では、酒税の課税額は1キロリットル(kL)あたりで決めている。酒の種類アルコール度数に応じて、酒税額は異なる。たとえばビール 1kLで222,000円、清酒 1kLで140,500円…のように決まっている。

酒税を身近な小売単位見てみると、ビール 350ml缶で77円、清酒1.8Lで 252円、焼酎甲類1.8Lで 446円、ウイスキー 700mlで 286円、のようになる。

つまり、仮にビール 1缶 250円をスーパーで買うとすると、そのうち77円は酒税の分として払っているわけである。

ちなみに平成11年度の酒税額合計1兆8,721億円である。このうち酒税額トップビール1兆2,898億円と、全体69%を占めている。2位以下になると、雑酒1,528億円、清酒1,365億円…と続く。

今回大蔵省発泡酒ワイン清酒などについて、増税案を出している。酒税引き上げには酒税法改正が必要である。国会でこの案が通ってそれぞれの酒税が引き上げられるとすると、全体では2000億円強の税収増が見込まれるということである。

(2000.11.28更新


酒税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/09 05:58 UTC 版)

酒税(しゅぜい)は、酒税法昭和28年2月28日法律第6号)に基づき、酒類に対して課される日本の国税である。消費税と同様に、間接税流通税に分類されるものである。




  1. ^ 板垣退助 監修『自由党史(中)』遠山茂樹、佐藤誠朗 校訂、岩波書店(岩波文庫)1992年、154 - 184頁
  2. ^ 租税及び印紙収入決算額調一覧 財務省


「酒税」の続きの解説一覧



酒税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酒税」の関連用語

酒税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



酒税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酒税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS