安城家の舞踏会とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 安城家の舞踏会の意味・解説 

安城家の舞踏会

原題:
製作国:日本
製作年:1947
配給:松竹
スタッフ
監督:吉村公三郎 ヨシムラコウザブロウ
製作:小倉武志 オグラタケシ
原作:吉村公三郎 ヨシムラコウザブロウ
脚色:新藤兼人 シンドウカネト
撮影:生方敏夫 ウブカタトシオ
音楽:木下忠司 キノシタタダシ
美術:浜田辰雄 ハマダタツオ
録音:大村三郎 オオムラサブロウ
照明:加藤政雄 カトウマサオ
キャスト(役名
滝沢修 タキザワオサム (安城忠彦)
森雅之 モリマサユキ (正彦)
入江たか子 イリエタカコ (昭子)
原節子 ハラセツコ (敦子
日守新一 ヒモリシンイチ (由利武彦)
清水将夫 シミズマサオ (新川三郎
植田曜子 ウエダヨウコ (曜子)
神田隆 カンダタカシ (遠山庫吉)
殿山泰司 トノヤマタイジ (家令吉田
幾野道子 イクノミチコ (小間使
竹久千恵子 タケヒサチエコ (千代
高松栄子 タカマツエイコ (老女
岡村文子 オカムラフミコ (中年女客
文谷千代子 フミヤチヨコ (令嬢風の客)
解説
象を喰つた連中」に次ぐ吉村公三郎監督で、自身原作を「待ちぼうけの女」「結婚(1947)」の新藤兼人脚色し、「象を喰つた連中」「処女は真珠の如く」の生方敏夫撮影担当する。滝沢修入江たか子原節子久しぶり竹久千恵子らが顔を合せている。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
皇族までが漬物屋を始めるという御時世華族没落いうまでもない華族の中で名門うたわれ安城家もその例にもれず、今迄通りの生活をするために全てのものを手放し今や抵当に入れた家屋敷まで手放す時が来た。彼等言葉借りていえば「まるで嘘のように無くなり、夢のように消えて行く」のである。その夢のように消えて行く華族安城家の最後記念するために舞踏会催したが、その舞踏会の裏には安城最後種種なあがきがあった。安城家の当主忠彦は家を抵当にインチキヤミ会社社長新川から金を借りていたが華族生活から脱けきれないままに、今やギリギリのところまで来たが、やはり家を手放すことが惜しく新川を招いて最後哀願をするが新川は肯じないだけでなく、自分の娘曜子と安城家の長男正彦との婚約解消すると言い出した。それを立聞きした正彦は、新川を憎むあまりに、何も知らずに正彦を慕う曜子に残忍復讐をする。やがて夜が更けて客も帰り安城家は無気味な迄に静まり返った。今日限り伯爵安城家の凡てが夢のごとく消えて行くという寂しさは、年老いた忠彦には堪える事が出来ず、彼は自分ノドピストル当てるのだった

安城家の舞踏会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/08 08:08 UTC 版)

安城家の舞踏會』(あんじょうけのぶとうかい)は、1947年(昭和22年)9月27日公開の日本映画である。松竹製作・配給。監督は吉村公三郎、脚本は新藤兼人、主演は原節子モノクロスタンダード、89分。




  1. ^ 本作がデビュー作である。


「安城家の舞踏会」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安城家の舞踏会」の関連用語

安城家の舞踏会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



安城家の舞踏会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安城家の舞踏会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS