女の勲章とは?

女の勲章

原題:
製作国:日本
製作年:1961
配給:大映
スタッフ
監督:吉村公三郎 ヨシムラコウザブロウ
製作:永田雅一 ナガタマサイチ
原作:山崎豊子 ヤマザキトヨコ
脚色:新藤兼人 シンドウカネト
企画:土井逸雄 ドイイツオ
撮影:小原譲治 オバラジョウジ
音楽:池野成 
美術:間野重雄 カンノシゲオ
録音:須田武雄 スダタケオ
スクリプター:薫森良民 
照明:久保田行一 クボタコウイチ
キャスト(役名
京マチ子 キョウマチコ (大庭式子
若尾文子 ワカオアヤコ (津川倫子
叶順子 カノウジュンコ (坪田かつ美)
中村玉緒 ナカムラタマオ (大木富枝
田宮二郎 タミヤジロウ (八代銀四郎)
森雅之 モリマサユキ (白石教授
船越英二 フナコシエイジ (曽根英生)
内藤武敏 ナイトウタケトシ (野本敬太
三津田健 ミツダケン (大原泰造
細川ちか子 ホソカワチカコ (大原京子
村田知栄子 ムラタチエコ村田知英子 (安田兼子)
日高澄子 ヒダカスミコ (伊東歌子
瀧花久子 タキハナヒサコ (女中きよ)
宮川和子 ミヤカワカズコ (白川洋子
伊藤光一 イトウコウイチ (平山事務部長
杉田康 スギタコウ (倉田
早川雄三 ハヤカワユウゾウ (病院新聞記者A)
磯貝昇 イソガイノボル (病院新聞記者B)
松本幹二  (六甲ホテルボーイ)
穂高のり子 ホダカノリコ (看護婦
浜田ゆう子 ハマダユウコ (モデルA)
市田ひろみ イチダヒロミ (モデルB)
三浦友子  (モデルC)
田中三津子 タナカミツコ (女給仕)
解説
山崎豊子新聞小説映画化で、「「挑戦」より 愛と炎と」の新藤兼人脚色し、「婚期」の吉村公三郎監督した。撮影は「若い仲間」の小原譲治
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
船場いとはん育ち大庭式子神戸魚崎こじんまりした洋裁教室を開いたのが四年前生徒もふえて大阪進出計画したのが一昨年だった。式子八代銀四郎を相談相手に選んだ。彼は大学を出た布地問屋息子で、事業欲にもえる野心家であった。銀四郎の活躍で、甲子園式子院長とする聖和服学院開校した。式子には、内弟子として長年つかえてきた三人デザイナーがいた。津川倫子坪田かつ美、大木富枝である。倫子中でも野心的で、三和繊維会社宣伝部員野本と関係し、彼を通じて学院三和生地を提供させ、学院内でいい地位をえようとしていた。しかし、倫子企みはすぐ銀四郎に見破られ、式子と銀四郎を一層接近させる原因となっただけだった。関西デザイナー協会ファッション・ショーで、式子デザインが“新し大阪モード”として脚光を浴びたのは、銀四郎の友人新聞記者曽根の力が大きかった。学院経営とんとん拍子に運んだ。夏、六甲ホテルに泊まった式子と銀四郎は、霧の夜結ばれた。銀四郎は、倫子とは学院心斎橋本校を建てた場合甲子園分校院長にする条件で、かつ美には京都分校を、また富枝には縫製工場をまかすという約束で、次々と関係を結んだ。銀四郎の事業欲はとどまるところを知らなかったフランスランベール型紙購入するために、式子渡仏することになった。出発前日彼女は銀四郎が、三人弟子と関係を持っていることを知った。式子はみすぼらしくむせび泣いた。フランスでは、国際仏文学会に出席していた白石教授骨折りで、ランベールとの取引き成功した。式子白石の胸にもたれたかった。帰国した式子は、銀四郎に白石との結婚話を持ち出した。ランベール・ショーの利益も、本校分校もすべて譲渡すると言った。しかし、銀四郎はその申し出承認するはずもなかった--。

女の勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/03 02:19 UTC 版)

女の勲章』(おんなのくんしょう)は、1961年に発表された山崎豊子による小説。「毎日新聞」に連載された。同年、中央公論社にて単行本が2巻で刊行され、翌年に新装版が刊行された。1962年には同社で文庫化され、1965年には新潮文庫版が全1冊で刊行された(のち、2005年に上下2分冊で再刊された)。




[ヘルプ]


「女の勲章」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女の勲章」の関連用語

女の勲章のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



女の勲章のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女の勲章 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS