はっぴいえんどとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > ミュージシャン > 日本のバンド > はっぴいえんどの意味・解説 

はっぴいえんど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/19 03:55 UTC 版)

はっぴいえんど(HAPPY END)は、1969年から1972年まで活動した日本バンド。活動期間中には、レコードがヒットしなかったバンドとしても知られている。つのだひろ、宇崎竜童らは、はっぴいえんどは「フォーク」であると発言した。また松任谷由実は、当時はっぴいえんどを知らなかったと証言している。




注釈

  1. ^ もっとも60年代末から70年代初頭には、日本でもすでにハードロックやプログレッシブ・ロックが注目されていた。しかし、1970年の洋楽専門雑誌では、特集で彼らが回顧された
  2. ^ 細野がアメリカ音楽からの影響を強く受けていたことや、単に売れている物を否定するというアンチの精神もある。
  3. ^ 1974年1月15日発売 SHOW BOAT ⁄ TRIO LP:3A-1014
  4. ^ ファースト・アルバム『センチメンタル・シティ・ロマンス』(1975年)では細野がチーフ・オーディエンスとしてクレジットされている。

出典

  1. ^ http://www.allmusic.com/artist/the-beatles-mn0000754032
  2. ^ 『TJ MOOK 聴け! 伝説の日本ロック1969-79』(宝島社、2004年、ISBN 4-7966-3862-8)p.32
  3. ^ 劇場アニメ『銀河鉄道の夜』(LD解説書の細野の発言)
  4. ^ 「日本で作詞・作曲家になる方法」、『月刊平凡』1980年6月号、平凡出版、 114頁。
  5. ^ 「保存版 音を2倍楽しむためのニューミュージック百科」、『月刊セブンティーン』1979年8月号、集英社、 32-33頁。
  6. ^ a b c d e Jロック&ポップスCD名盤ガイド編集委員会 『Jロック&ポップスCD名盤ガイド』 立風書房、2001年、199頁。ISBN 4651820484
  7. ^ 『MUSIC×WORDS』MUSEUM TALK 松本 隆(作詞家) × 佐野 史郎(俳優/ミュージシャン)」(Internet Archive)
  8. ^ 中川右介 『松田聖子と中森明菜』 幻冬舎幻冬舎新書064〉、2007年、151頁。ISBN 978-4-344-98063-1
  9. ^ 『BAND LIFE―バンドマン20人の音楽人生劇場独白インタビュー集』 メディアックス、2008年、270頁。ISBN 9784862016140
  10. ^ バンド少年たちから<神>と呼ばれた超テク・バンド! 伝説の最強ロック・トリオ「フライド・エッグ」。(Internet Archive)
  11. ^ a b c 「ニューロック基礎講座 証言#2 つのだ☆ひろ」、『ROCKS OFF Vol.04』2008年3月16日発行、シンコーミュージック・エンタテイメント、 21頁、 ISBN 9784401631827
  12. ^ a b 「特集 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 宇崎竜童インタビュー」、『ROCKS OFF Vol.04』2008年3月16日発行、シンコーミュージック・エンタテイメント、 165頁、 ISBN 9784401631827
  13. ^ a b 恩蔵茂 『ニッポンPOPの黄金時代』 KKベストセラーズ、2001年、234頁。ISBN 4584120250
  14. ^ 小貫信昭 『歌のなかの言葉の魔法』 ヤマハミュージックメディア、2003年、112頁。ISBN 4636206541
  15. ^ 野地秩嘉 『芸能ビジネスを創った男-渡辺プロとその時代』 新潮社、2006年、96 - 99頁。ISBN 9784104141029


「はっぴいえんど」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「はっぴいえんど」の関連用語

はっぴいえんどのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



はっぴいえんどのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのはっぴいえんど (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS