山田菜々とは?

山田 菜々

山田菜々の画像 山田菜々の画像
芸名山田 菜々
芸名フリガナやまだ なな
性別女性
生年月日1992/4/3
星座おひつじ座
干支申年
血液型A
出身大阪府
身長152 cm
URLhttp://yamadanana.net/
デビュー年2010
プロフィール大阪府出身1992年生まれ2010年NMB48オープニングメンバーとして加入。グループの中心メンバーとして活動2015年4月NMB48卒業その後テレビラジオ等を中心にタレントとして活動する他、映画、舞台にも活動の場を広げており、2017年4月には初主演となる劇場映画「マスタード・チョコレート」が公開。また最近では海外での活動展開もしている。現在フジテレビもしかしてズレてる?」、Abema TVAbema Prime」にレギュラー出演中。
代表作品1年2017
代表作品1映画『マスタード・チョコレート主演(津組倫子役)
代表作品2フジテレビちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?レギュラー
代表作品3TBSアッコにおまかせ!』準レギュラー
職種タレント俳優女優
好きなスポーツバレーボール/野球(観戦)
好きな映画RENT/図書館戦争/君に読む物語
資格・免許小型船舶/秘書/珠算/簿記/ビジネス/暗算/ワープロ
趣味・特技旅行(台湾)/中国語/映画観賞(月間10本以上)/観劇/料理/どこでも寝る/起きたら5分で用意ができる
好きな音楽back number
尊敬する人石原さとみさん

» タレントデータバンクはこちら

山田菜々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 20:26 UTC 版)

山田 菜々(やまだ なな、1992年4月3日 - )は、日本タレント。女性アイドルグループNMB48の元メンバー[3]




注釈

  1. ^ チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演の楽曲「AKB48」をNMB48用に作詞し直したものである。
  2. ^ 2014年に『大人AKB48 オーディション』に合格しAKB48で期間限定で活動した塚本まり子

出典

  1. ^ a b c d “NMB最年長・山田菜々の弟は中山優馬”. デイリースポーツ. (2010年10月10日). オリジナルの2011年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110618213321/http://www.daily.co.jp/gossip/nmb48/article/2010/10/10/0004065494.shtml 2012年11月30日閲覧。 
  2. ^ “山田菜々(NMB48)『きっとサヨナラじゃない』”. 週プレNEWS (集英社). (2015年3月29日). http://wpb.shueisha.co.jp/2015/03/29/45700/ 
  3. ^ 「見てください」山田菜々“超絶爆乳謎写真”公開”. オリコンニュース (2020年6月17日). 2020年7月25日閲覧。
  4. ^ ジャニーズアイドルの姉 - リアルライブ(2013年10月7日)
  5. ^ “NMB48に姉妹メンバー誕生 上西恵&山田菜々の妹加入”. ORICON STYLE. (2016年6月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2074157/full/ 2016年6月29日閲覧。 
  6. ^ 「AKB48 27thシングル選抜総選挙結果」 - AKB48オフィシャルブログ(2012年6月6日)
  7. ^ a b “NMB山田菜々がチームM移籍”. 日刊スポーツ. (2013年4月18日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20130418-1114332.html 2013年4月18日閲覧。 
  8. ^ AKB48 32ndシングル選抜総選挙 開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2013年6月8日)
  9. ^ 【AKB組閣】大島優子“解説員”、涙のエール 後任は横山由依 - オリコン(2014年2月24日)
  10. ^ 「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」開票結果 - AKB48オフィシャルブログ(2014年6月7日)
  11. ^ “【動画】NMB48山田菜々、卒業発表にメンバー涙「イチかバチか旅立つ」”. ORICON STYLE. (2014年10月15日). http://www.oricon.co.jp/news/2043354/full/ 2014年10月16日閲覧。 
  12. ^ NMB山田菜々が初単独MC アイドル密着「裏側をお届け」 - スポーツニッポン(2015年1月30日)
  13. ^ 山田菜々が誕生日に卒業公演 次の主将は藤江れいな - 日刊スポーツ(2015年4月3日)
  14. ^ NMB山田 アイドル人生を完走 - デイリースポーツ(2015年4月4日)
  15. ^ NMB48 卒業メモリアル・フォトブック 山田菜々 4+3=7 - 光文社 2015年5月12日閲覧。
  16. ^ 山田菜々 バスタオル姿の胸元が…初写真集は「半生がギュッ」 - スポーツニッポン(2015年4月14日)
  17. ^ 山田菜々 初の声優挑戦に中田敦彦監督は“アニメ映えする声”と絶賛! - Girlsnews(2015年5月22日)
  18. ^ 山田 菜々 - NMB48公式サイト(2015年3月18日時点のオリジナルよりアーカイブ)2015年4月29日閲覧。
  19. ^ 山本彩-さやか- すいません(>_<") - NMB48オフィシャルブログ 山本彩(2011年8月11日)
  20. ^ a b c d e f 山田菜々 NMB48名鑑 Archived 2013年7月29日, at the Wayback Machine. - スポーツニッポン
  21. ^ ジャニーズアイドルの姉 - リアルライブ(2013年10月7日)
  22. ^ 2016年6月28日の発言[リンク切れ]
  23. ^ NMB5期生に山田菜々&上西恵の妹2人が同時加入 日刊スポーツ(2016年6月28日)
  24. ^ NMB48『25人全員スペシャルインタビュー!!』 - web De-view(2010年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ)2015年4月19日閲覧。
  25. ^ おでこ、初公開。[リンク切れ] - Google+(2012年3月26日)
  26. ^ a b c d NMB48 special interview 山田菜々 - オリコン(2010年12月4日)
  27. ^ NANA(. U`)♪ - NMB48オフィシャルブログ(2010年12月18日)(2010年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ)2015年4月26日閲覧。
  28. ^ 【エンタがビタミン♪】奥華子への思いが募るSNH/AKB48・鈴木まりや。「どうして結婚してくれないの?」 - Techinsight(2015年02月21日)
  29. ^ 2010年11月22日発売『Myojo』(集英社)2011年1月号[要ページ番号]
  30. ^ SKE48 全国ツアー チームKⅡ in 石川! - 山田菜々 Twitter(2015年3月20日)
    23才になりました。 - 大場美奈 Twitter(2015年4月2日)
  31. ^ NANA*おはっぴ〜* - NMB48オフィシャルブログ(2012年4月16日)(2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ)2015年4月29日閲覧。
  32. ^ a b c d e 、2015、「3カ月連続短期集中連載最終回 NMB48山田菜々「アイドルだった私と、これからの私」」、『月刊エンタメ』5月号(167)、徳間書店 pp. 30-32
  33. ^ 、2015、「4月3日NMB48卒業! メモリアル特集 山田菜々〜桜色の涙〜」、『FLASHスペシャル グラビアBEST』3月25日増刊号、光文社 pp. 20-27
  34. ^ NMB山田菜々 卒業発表、ファン悲鳴 - デイリースポーツ(2014年10月15日)
  35. ^ NANA(.U`)♪ - NMB48オフィシャルブログ(2011年1月27日)(2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ)2015年4月29日閲覧。
  36. ^ 【AKB組閣】たかみな、チームAキャプテン復帰 副キャプテン導入へ - オリコン(2014年2月24日)
  37. ^ NMB48山田菜々がグループ内初異動 涙こらえ「NMBをもっと大きくしたい」 - オリコン(2013年4月19日)
    『AKB48総選挙 公式ガイドブック2012』(講談社)p.150上段 NMB48劇場支配人・金子のコメントより。
  38. ^ a b 「NMB48 ポスト山田菜々オーディション」が開催決定! - エンタメNEXT(2014年12月1日)
  39. ^ NMB ポスト山田菜々は大阪出身16歳 - デイリースポーツ(2015年2月4日)
  40. ^ “ポスト山田菜々”オーディションを開催 - オリコン(2014年11月30日)
  41. ^ NMB48の第3弾シングル「純情U-19」のテーマとは?”. YomerumoNEWS (2014年2月12日). 2015年5月2日閲覧。
  42. ^ *私の推しメン*NANA - NMB48オフィシャルブログ(2011年10月14日)(2014年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ)2015年4月29日閲覧。
  43. ^ 皆様、すみません。[リンク切れ] - 峯岸みなみ Google+(2012年4月13日)
  44. ^ 平成ノブシコブシが隊員に、スーパーカーの魅力伝える「自動車冒険隊」始動”. お笑いナタリー (2015年9月28日). 2015年9月28日閲覧。
  45. ^ “チュートリアル・千鳥・山田菜々がレギュラー出演決定『Shadowverse』初の視聴者参加型ゲームバラエティ番組「シャド場」放送開始”. music.jpニュース. (2017年9月15日). http://music-book.jp/video/news/news/158355 2017年10月8日閲覧。 
  46. ^ “「王様のブランチ」に新顔続々 注目集める6人の美女<プロフィール&コメント>”. モデルプレス. (2017年10月12日). https://mdpr.jp/news/detail/1720726 2020年5月2日閲覧。 
  47. ^ “元NMB48山田菜々×太田基裕が共演、冬川智子の「マスタード・チョコレート」映画化”. 映画ナタリー. (2016年8月16日). http://natalie.mu/eiga/news/198281 2016年8月17日閲覧。 
  48. ^ “柳下大、山田菜々らで“舞台”のリアルを描いた映画『紅葉橋』8月18日・19日にプレミア上映会開催”. エンタステージ. (2018年8月17日). https://enterstage.jp/news/2018/08/010048.html 2206年5月29日閲覧。 
  49. ^ ““新婚カップル”藤森慎吾&山田菜々、『Bの戦場』出演ショット解禁 藤森はキャラ同様チャラさ全開”. ORICON NEWS. (2019年3月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2130549/full/ 2019年3月1日閲覧。 
  50. ^ “新たに生まれ変わる、手塚治虫の傑作歴史漫画。舞台『新 陽だまりの樹』に上川隆也らが出演” (プレスリリース), 株式会社キョードーメディアス, (2019年10月18日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001356.000012949.html 2020年2月24日閲覧。 
  51. ^ 2016年4月12日放送”. AbemaPrime. AbemaTV (2016年4月12日). 2016年5月20日閲覧。
    出演者”. AbemaPrime. AbemaTV. 2016年5月20日閲覧。
  52. ^ “360Channel、「元NMB48・山田菜々 7つのバレンタイン物語」チャンネルを公開 色々なシチュエーションでチョコを手渡し”. Social VR Info. (2017年2月11日). http://svrinfo.jp/detail?p=178381 2017年5月29日閲覧。 
  53. ^ 全国4都市行脚 全日本パリピ選手権 in大阪#1”. AbemaTV. 2018年5月26日閲覧。
  54. ^ アベマ大縁日〜人気番組勢ぞろい!神宮花火大会生中継で豪華プレゼント大放出SP〜”. AbemaTV. 2018年8月11日閲覧。
  55. ^ “元NMB48山田菜々、新カレンダーで黒の下着に初挑戦「自分で見てもセクシーって思いました」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年2月24日). https://thetv.jp/news/detail/224412/ 2020年2月24日閲覧。 


「山田菜々」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「山田菜々」の関連用語

山田菜々のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



山田菜々のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの山田菜々 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS