チアミナーゼとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > チアミナーゼの意味・解説 

チアミナーゼ

別名:サイアミナーゼアノイリナーゼ
英語:thiaminase

魚介類などに含まれる酵素で、ビタミンB1破壊する作用がある。加熱することで破壊作用は失われる。

猫にイカタコ与えると腰を抜かすとされるのは、チアミナーゼによりビタミンB1破壊される症状のため。人間も生のイカなどを大量摂取するとB1欠乏により健康を害するおそれがある

チアミナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/06 04:28 UTC 版)

チアミナーゼ(Thiaminase)は、チアミンを2つの分子に代謝する酵素である。かつてはアノイリナーゼ(Aneurinase)と言った[1]


  1. ^ Fujita A, Nose Y, Kozuka S et al. (1952). “Studies on thiaminase”. J.Biol.Chem. 196 (1): 289–295. PMID 12980969. 
  2. ^ a b Thiaminases
  3. ^ a b c ビタミンB1解説 - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  4. ^ スギナ(ツクシ/モンケイ) - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所
  5. ^ NcCleary BV and Chick BF. (1977). “The purification and properties of a thiaminaseI from Nardoo (Marsilea drummondii)”. Phytochemistry 16: 207–213. doi:10.1016/S0031-9422(00)86787-4. 
  6. ^ Boś M, Kozik A (2000). “Some molecular and enzymatic properties of a homogeneous preparation of thiaminase I purified from carp liver”. J Protein Chem 19 (2): 75–84. doi:10.1023/A:1007043530616. PMID 10945431. 
  7. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110002871209
  8. ^ Wittliff JL and Airth RL. (1968). “The extracellular thiaminase I of Bacillus thiaminolyticus I. Purification and physicochemical properties”. Biochemistry 7 (2): 736–44. doi:10.1021/bi00842a032. PMID 4966932. 
  9. ^ Nakatsuka T, Suzuki K, Nakano Y, Kitaoka S. (1988). “Physicochemical properties of intracellular thiaminase II of Bacillus aneurinolyticus”. Vitamins (Japan) 62: 15–22. 
  10. ^ Toms A, Haas A, Park J, Begley T, Ealick S (2005). “Structural characterization of the regulatory proteins TenA and TenI from Bacillus subtilis and identification of TenA as a thiaminase II”. Biochemistry 44 (7): 2319–29. doi:10.1021/bi0478648. PMID 15709744. 
  11. ^ a b http://ir.jikei.ac.jp/bitstream/10328/3445/3/TK_igaku_164.pdf
  12. ^ Nishimune T, Watanabe Y, Okazaki H, Akai H. (2000). “Thiamin is decomposed due to Anaphe spp. entomophagy in seasonal ataxia patients in Nigeria”. J.Nutr. 130: 1625–28. 
  13. ^ Ramos J, Marca C, Loste A, García de Jalón J, Fernández A, Cubel T (2003). “Biochemical changes in apparently normal sheep from flocks affected by polioencephalomalacia”. Vet Res Commun 27 (2): 111–24. doi:10.1023/A:1022807119539. PMID 12718505. 
  14. ^ Evans WC. (1975). “Thiaminases and their effects on animals”. Vitamins and Hormones 33: 467–504. doi:10.1016/S0083-6729(08)60970-X. PMID 779253. 
  15. ^ Fisher JP, Brown SB, Wooster GW and Bowser PR. (1998). “Maternal blood, egg and larval thiamin levels correlate with larval survival in landlocked Atlantic salmon”. J.Nutr. 128 (12): 2456–66. PMID 9868194. 
  16. ^ Adamolekun B, Adamolekun WE, Sonibare AD and Sofowora G. (1944). “A double-blind, placebo-controlled study of the efficacy of thiamin hydrochloride in a seasonal ataxia in Nigerians”. Neurology 44 (3 Pt 1): 549–51. PMID 8145931. 


「チアミナーゼ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チアミナーゼ」の関連用語

チアミナーゼのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チアミナーゼのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチアミナーゼ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS