シュリンクラップ契約とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 契約 > シュリンクラップ契約の意味・解説 

シュリンクラップ けいやく [8] 【シュリンクラップ契約】

商品を包んでいる封を開けた際に、商品提供者利用者との間で成立する合意契約合意内容商品自体包装材などに、あらかじめ利用者目に見える形で提示されている。

シュリンクラップ契約(しゅりんくらっぷけいやく)


使用許諾契約内容表面印刷したパッケージを、透明フィルムによって包装しておき、ユーザーがこの透明フィルムを破いた時点使用許諾契約成立させようとするもの。主にビジネス用のパッケージソフトウェアに用いられている。

インターネットなどでダウンロード供給されるソフトウエアでは、画面上に使用許諾内容表示し、同意ボタンクリックさせる形態多く用いられている。これは、オンクリック契約、クリックラップ契約などと呼ばれる


シュリンクラップ契約

読み方シュリンクラップけいやく
【英】Shrink wrap contract

シュリンクラップ契約とは、商品使用許諾契約書を包んだ透明な包装シュリンクラップ)を破いて開封することによって、契約同意したとみなすタイプ契約方法のことである。

通常使用許諾書の締結には文書署名を交わす手続きがとられる場合一般的である。しかしライセンス販売などの場合多くユーザー個別相手にする必要がある上、小売店通して販売されることも多いので、契約書作成するような方式は困難となる。包装開けることで契約への同意とみなすシュリンクラップ契約の方法は、通常の契約形態煩雑さ省くことができるため、市販パッケージソフト販売方式中心として広く採用されている。ちなみにソフトウェアオンライン入手する際に「許諾内容同意する」ボタンクリックする行為は、クリックラップ契約などと呼ばれることもある。

シュリンクラップ契約は、従来契約方式比べ様々な手間を省くことができるが、ユーザー側で「許諾書に同意した」という意識希薄になりがちであるなどの問題点持っている米国では2000年にシュリンクラップ契約の有効性について裁判が行われ、ワシントン州最高裁はシュリンクラップ契約が有効であると判決下しているが、連邦法規定連邦裁の判決などはない。日本では法的根拠判例等もなく、法的にはグレーゾーンにあるとされている。

知的財産のほかの用語一覧
著作権保護:  ライセンス  SDMI  セキュアCD  シュリンクラップ契約  ステガノグラフィ  ダビング10  デジタル万引き

シュリンクラップ契約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/27 03:53 UTC 版)

シュリンクラップ契約(シュリンクラップけいやく、Shrink-wrap contract)とは、主に市販のパッケージ・プログラムの外箱内に封入される形で添付される使用許諾条項に、プログラムの記憶媒体の包装を開封すると当該条項に同意したものとみなされる旨の記載があるため、包装の開封と同時に成立するとされる契約の俗称である。このような契約締結の手法が有効な契約を成立させるかについては、疑義が提示されている。


  1. ^ a b 中山信弘・東京大学法学部教授『ソフトウェアの法的保護(新版)』83頁。
  2. ^ a b 加戸守行・文化庁著作権課長『著作権法逐条講義』562頁。
  3. ^ a b 北川善太郎・京都大学法学部教授『ソフトウェアの使用と契約-開封契約批判』NBL435号11~12頁。


「シュリンクラップ契約」の続きの解説一覧



シュリンクラップ契約と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シュリンクラップ契約」の関連用語

シュリンクラップ契約のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シュリンクラップ契約のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2019 FURUTANI PATENT OFFICE
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシュリンクラップ契約の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシュリンクラップ契約 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS