乱闘騒ぎとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 乱闘騒ぎの意味・解説 

乱闘騒ぎ

読み方:らんとうさわぎ
別表記:乱闘さわぎ

相手殴りかかる騒動。特に、敵味方殴り合い発展するような揉め事

乱闘騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 18:29 UTC 版)

城島健司」の記事における「乱闘騒ぎ」の解説

1998年8月12日の対近鉄戦の6回裏近鉄先発高村祐(城島より7歳年長)から背中死球を受け、激高してマウンドに駆け寄り両手高村突き飛ばす乱闘騒ぎを起こし城島暴力行為退場処分受けた

※この「乱闘騒ぎ」の解説は、「城島健司」の解説の一部です。
「乱闘騒ぎ」を含む「城島健司」の記事については、「城島健司」の概要を参照ください。


乱闘騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 02:07 UTC 版)

ジョージ・ライト (外野手)」の記事における「乱闘騒ぎ」の解説

気性荒く、以下の乱闘騒ぎを起こしている。 1988年5月13日の対ロッテ戦荘勝雄から死球を受け激昂しロッテコーチ選手暴力振るって退場処分となった翌日パ・リーグから「スポーツマンシップ反す粗暴な行為」として制裁金10万円を受けた。なお、この乱闘では同僚のトニー・バナザードロッテ当時トレーナー務めていた、河原田明暴行働いた退場にはならなかった。そのため、後年日本テレビ勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレーでは、バナザード暴行部分ライト退場宣告部分だけが編集され流され日本人には黒人アフロ区別がつかないために2人取り違えられて退場処分になったというナレーション当てられた。その影響か、その取り違え史実であるかのように記述した本も登場しタレントその本記述取り違え)を実際の出来事として紹介したテレビ番組もあった。 1988年8月15日の対近鉄戦で加藤哲郎内角攻めをして投げた球がライトの頬をかすめ、ライト激怒し加藤に詰めよった。加藤激昂しお互い睨み合いになった瞬間無関係バナザードが突然ベンチから出てきて加藤に対して暴行働いたことから乱闘発展。(バナザード加藤に対する暴力行為退場。) 日本復帰後1993年7月29日近鉄戦で本塁打放った後に清川栄治から死球を受けてバッテリーに詰め寄る。この時周囲なだめられ退場にはならなかったが、一塁へ進むようにユニフォーム引っ張ってきた村田康一審判に対してユニフォーム振りほどいて激昂している。

※この「乱闘騒ぎ」の解説は、「ジョージ・ライト (外野手)」の解説の一部です。
「乱闘騒ぎ」を含む「ジョージ・ライト (外野手)」の記事については、「ジョージ・ライト (外野手)」の概要を参照ください。


乱闘騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 03:56 UTC 版)

ジム・トレーバー」の記事における「乱闘騒ぎ」の解説

1991年5月19日秋田八橋球場行われたロッテオリオンズ戦で、園川一美からの死球激昂して園川追いかけて乱闘騒ぎを起こした。この乱闘際にロッテ監督金田正一に、顔面スパイクで2回蹴られた事はプロ野球珍プレー・好プレー大賞放送されたことによって有名になり、一時期同番組内で繰り返しそのシーン放送されていた。ただし、退場させられたのはトレーバーだけであって金田退場宣告されなかった。この試合後に近鉄マネージャーからロッテマネージャーに「トレーバー狙いに行くから気をつけて」という内容電話があって金田監督1日ホテルから一歩も出なかったと金バラエティ番組語っている。

※この「乱闘騒ぎ」の解説は、「ジム・トレーバー」の解説の一部です。
「乱闘騒ぎ」を含む「ジム・トレーバー」の記事については、「ジム・トレーバー」の概要を参照ください。


乱闘騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/27 01:43 UTC 版)

ジェレミー・パウエル」の記事における「乱闘騒ぎ」の解説

2002年10月10日千葉マリンスタジアムでの対ロッテ戦パウエルロッテ堀幸一初芝清死球与えたことから両軍ベンチから一斉に飛び出しマウンド上で小競り合いに。一旦は収まりかけたが、その後パウエルロッテコーチ山下徳人殴りあいになり、両チーム総出大乱闘発展パウエル暴力行為退場処分となった。しかし同じく暴力行為働いた山下退場処分免れたちなみにこの試合消化試合であり、消化試合での乱闘騒ぎは珍しかった。(このシーンこの年プロ野球珍プレー・好プレー大賞でも取り上げられた)また退場はなっていないが、2006年2008年には楽天山崎武司死球を巡って両者詰め寄乱闘寸前騒ぎ起こしている。

※この「乱闘騒ぎ」の解説は、「ジェレミー・パウエル」の解説の一部です。
「乱闘騒ぎ」を含む「ジェレミー・パウエル」の記事については、「ジェレミー・パウエル」の概要を参照ください。


乱闘騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 07:25 UTC 版)

ダン・グラッデン」の記事における「乱闘騒ぎ」の解説

1994年5月11日神宮球場でのヤクルト戦で7回表、ヤクルト西村龍次投手内角球が原因で乱闘騒ぎになった西村投球頭部をかすめ、倒れこんかわしたものの、グラッデン叫びながら2、3マウンド歩き西村に詰寄ろうとしたが、制止した中西親志捕手食って掛かり、キャッチャーマスクの上から中西殴りつける中西激昂してグラッデン顔面キャッチャーミット殴ったり振り払う応戦し、さらにグラッデン中西アッパーカット倒れた所を容赦なく襲いかかったりと本塁上で激し殴り合い発展したことで、両軍ベンチから飛び出して大乱闘となったグラッデン左手小指右手親指骨折殴り合った中西顔面骨折左目打撲重傷負ったその後グラッデン中西暴力行為退場西村も危険投球退場処分受けた。なおこの時殴り合っていた二人制止しなかったとして球審批判受けた。 この試合では2回表に西村巨人村田真一頭部死球与え負傷退場へと追いやり、続いて3回裏、今度巨人木田優夫打席立った西村の左腰付近に死球与えたため、ヤクルト野村克也監督が「報復死球ではないか」と球審抗議するなど、乱闘に至る前から両チーム険悪な雰囲気漂っていた。この乱闘グラッデン制裁金10万円と10日間の出場停止処分受けた球審田中俊幸塁審久保田治渡田均橘高淳)。この試合翌日には西村木田グラッデン3人セントラル・リーグから事情聴取を受けている。この乱闘グラッデンヤクルト選手らに押し倒された上顔を踏みつけられ、中西巨人選手らに背中等を数十蹴られたほか選手雪崩のようにグラウンド崩れ落ち本来の乱闘の場とは別の所で乱闘している選手がいたりするなどすさまじ光景であった。 この試合当時川島廣守セ・リーグ会長観戦していたこともあり報復合戦末の乱闘騒ぎとなったこの試合は両球団選手首脳陣野球ファンのみならずプロ野球関係者にも衝撃を与える結果となったまた、この試合以降危険球制度導入された。

※この「乱闘騒ぎ」の解説は、「ダン・グラッデン」の解説の一部です。
「乱闘騒ぎ」を含む「ダン・グラッデン」の記事については、「ダン・グラッデン」の概要を参照ください。


乱闘騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 02:55 UTC 版)

マイク・ディアズ」の記事における「乱闘騒ぎ」の解説

1989年4月23日福岡ダイエーホークス戦で、山内和宏から左腰に死球受けたことに激高山内追っかけ乱闘騒ぎを起こして退場処分受けた。またこの乱闘際にダイエートニー・バナザードウィリー・アップショーなだめられているシーン同年の珍プレー好プレーおもしろおかしく取り上げられた。また同年9月試合では、清原和博西武)が平沼定晴投手襲い掛かった後、味方ベンチ逃げ込もうとした時にヘッドロック掛けたシーン何度も珍プレー好プレー流された本人もこの番組出演して来年紳士的にプレーする」と笑顔で語っていた。翌年西武新人潮崎哲也挑発激怒してベンチ向かっていったり近鉄戦では内角攻め捕手に詰め寄るなど普段のひょうきんさを含めて同番組ではお馴染み人物として愛された。

※この「乱闘騒ぎ」の解説は、「マイク・ディアズ」の解説の一部です。
「乱闘騒ぎ」を含む「マイク・ディアズ」の記事については、「マイク・ディアズ」の概要を参照ください。


乱闘騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 03:30 UTC 版)

ロッド・アレン」の記事における「乱闘騒ぎ」の解説

1990年6月24日大洋戦では7回表にクロスプレー捕手秋元宏作体当たりし負傷交代させる。そして9回表大門和彦からの内角球を秋元に対する報復とみなし激怒チームメイト無関係ヤングと共に大門外野まで追い掛け回したとして退場処分受けたヤング退場処分はなっていない)。この時映像は『プロ野球珍プレー好プレー』でも放送された。なお、当時大洋監督だった須藤豊は、この試合審判団の前で帽子叩きつける様子映されており、「一人エキサイトオヤジ」と評された。退場後に代打出場したのは新人前田智徳であった2017年11月26日放送された「中居正広プロ野球珍プレー好プレー大賞2017」では、『乱闘被害者の会』というコーナーで、アレン止めようとして失敗したとして高木豊出演している。高木は、「まさかアレンがこっちに来るとは思ってませんでした」と当時振り返った

※この「乱闘騒ぎ」の解説は、「ロッド・アレン」の解説の一部です。
「乱闘騒ぎ」を含む「ロッド・アレン」の記事については、「ロッド・アレン」の概要を参照ください。


乱闘騒ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 00:09 UTC 版)

西山秀二」の記事における「乱闘騒ぎ」の解説

1993年6月6日の対ヤクルト広島市民球場)の7回表、一死三塁の場面でヤクルト打者レックス・ハドラー放ったゴロ間に走者池山隆寛本塁突入の際、余裕アウトタイミングだったにも関わらず西山タックルしたことから西山激怒し、池山を殴ったことから両軍総出大乱闘発展した西山暴力退場処分受けた5月20日にも池山にタックル食らっていたため、それが伏線となっていた。また乱闘際にジャック・ハウエル捕まったシーン珍プレー番組でも取り上げられた。後日西山は池山に謝罪し両者和解している。 1999年4月、対巨人戦上原浩治から執拗なまでの内角攻めをされた上、死球受けた怒った西山捕手杉山直樹胸ぐらをつかみ乱闘寸前騒ぎになるこの時上原マウンドら出るなと指示したのはその当時広島在籍していた江藤智であった

※この「乱闘騒ぎ」の解説は、「西山秀二」の解説の一部です。
「乱闘騒ぎ」を含む「西山秀二」の記事については、「西山秀二」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「乱闘騒ぎ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「乱闘騒ぎ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乱闘騒ぎ」の関連用語

乱闘騒ぎのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乱闘騒ぎのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの城島健司 (改訂履歴)、ジョージ・ライト (外野手) (改訂履歴)、ジム・トレーバー (改訂履歴)、ジェレミー・パウエル (改訂履歴)、ダン・グラッデン (改訂履歴)、マイク・ディアズ (改訂履歴)、ロッド・アレン (改訂履歴)、西山秀二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS