ウェアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ウェアの意味・解説 

ウエア【ware】

読み方:うえあ

製品商品。「―ハウス

食器類。「テーブル―」

ソフトウエア」の略。「シェア―」


ウエア【wear】

読み方:うえあ

衣類。「スキー―」


ウェア

名前 WeirWeyrWareWeah

ウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/07 03:46 UTC 版)

英語で「着用する」などを表す動詞、「衣服」「着用品」などを表す名詞。カタカナ転記では「ウエア」とも書かれる。アウターウェアインナーウェアトレーニングウェアかりゆしウエア等。




「ウェア」の続きの解説一覧

ウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 01:24 UTC 版)

ファビオ・フォニーニ」の記事における「ウェア」の解説

ウェアはプロになる前からFILA着用しており、プロ転向後数年FILAのウェアを着用していた。その後アディダス契約を結び、アディダスのウェアを着用2016年11月からイタリアの高級スポーツブランドであるハイドロゲンのウェアを着用2019年から高級ファッションブランドであるアルマーニ兄弟ブランドであるエンポリオ・アルマーニ契約結んだ

※この「ウェア」の解説は、「ファビオ・フォニーニ」の解説の一部です。
「ウェア」を含む「ファビオ・フォニーニ」の記事については、「ファビオ・フォニーニ」の概要を参照ください。


ウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/03 11:01 UTC 版)

バックカントリースノーボード」の記事における「ウェア」の解説

状況によって通常のスキーウェアでも対応できるが、雪山登山同じレベル機能性能望ましい。登高時は汗をかくので、体温調節できるようにレイヤリングしたり、アウターにはベンチレーションついているものが良い。ニットキャップ、ゴーグルグローブ予備携行すると安心。

※この「ウェア」の解説は、「バックカントリースノーボード」の解説の一部です。
「ウェア」を含む「バックカントリースノーボード」の記事については、「バックカントリースノーボード」の概要を参照ください。


ウェア(ユニフォーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/19 13:45 UTC 版)

楽ミントン」の記事における「ウェア(ユニフォーム)」の解説

バドミントン競技は、動き激しくまた、それにより多くの発汗伴うため、伸縮性吸湿性速乾性防臭性などが優れた高機能素材のウェアが好まれ選ばれている。ウエアの色や柄に制限はない。

※この「ウェア(ユニフォーム)」の解説は、「楽ミントン」の解説の一部です。
「ウェア(ユニフォーム)」を含む「楽ミントン」の記事については、「楽ミントン」の概要を参照ください。


ウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 09:15 UTC 版)

カーリング」の記事における「ウェア」の解説

スウィーピング時にはかがんだ態で腕を細かく動かすため、腕の動き阻害しないタイトな上着着用する余裕がありすぎるとかがんだ際に視界遮ってしまう)。屋内競技あるため分厚い防寒着必要なく、会場室温によっては半袖選手も多い。

※この「ウェア」の解説は、「カーリング」の解説の一部です。
「ウェア」を含む「カーリング」の記事については、「カーリング」の概要を参照ください。


ウェア(ユニフォーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 10:10 UTC 版)

バドミントン」の記事における「ウェア(ユニフォーム)」の解説

バドミントン競技は、動き激しくまた、それにより多くの発汗伴うため、伸縮性吸湿性速乾性防臭性などが優れた高機能素材のウェアが好まれ選ばれている。 ウエアの色や柄に制限はない。以前は白地でなければならない等のルールがあったため、非常に地味でファッション性乏しいウェアが多かったが、規制緩和されたことでカラフルなウェアを使用でき、使用している選手多くいる。ただし、日本国内公式大会では日本バドミントン協会検定審査合格品着用することとされている。 2000年代初頭まではショートパンツは前ファスナー付きのものが多かったが、現在はジャージ形式のものが主流である。 ウエア前面には1行の文字列(チーム名またはスポンサー名いずれか)と番号表示背番号同一とすること)が認められている。 ウエア背面には3行までの文字列の表示認められており、プレイヤー名、チーム名スポンサー名都道府県名を表示できるが、これらは項目ごとに別の行に表示しなければならず同一行に異なる項目を並べてならない背番号2桁以内は文字列の中央下に表示しなければならない各行の文字列はウエア前面背面ともに高さ6~10 cm、横30cm以内でなければならないウエア左右襟、左右袖、前面(計5か所)のいずれか3か所にはスポンサーロゴ、チーム名プレーヤー名を1個ずつ表示することができる(メーカーロゴはその数に含まれない)。

※この「ウェア(ユニフォーム)」の解説は、「バドミントン」の解説の一部です。
「ウェア(ユニフォーム)」を含む「バドミントン」の記事については、「バドミントン」の概要を参照ください。


ウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 03:47 UTC 版)

リーボック」の記事における「ウェア」の解説

他のスポーツ用品ブランド同様、吸湿発熱衣服内温調整帯電防止などの高機能繊維多くの製品採用している。競技カテゴリ分類される製品は「フィットネス」「ランニング」「バスケットボール」があり、このほかに「スポーツファッション」「ストリートファッション」など幅の広いカテゴリ分類される製品もある。特徴的なものとしては「タイカン」のランニング時の姿勢サポートするウェアや、「ハローキティ」や「シルク・ドゥ・ソレイユ」とのコラボ製品などが挙げられる

※この「ウェア」の解説は、「リーボック」の解説の一部です。
「ウェア」を含む「リーボック」の記事については、「リーボック」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ウェア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ウェア

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 20:32 UTC 版)

名詞

  1. 衣類

翻訳

造語成分

  1. 情報システム構成する、装置又はプログラム等を一定の性質カテゴライズしたもの。特にプログラムについて用いる。

翻訳


「ウェア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ウェア」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウェア」の関連用語

ウェアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウェアのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファビオ・フォニーニ (改訂履歴)、バックカントリースノーボード (改訂履歴)、楽ミントン (改訂履歴)、カーリング (改訂履歴)、バドミントン (改訂履歴)、リーボック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのウェア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS