フォーマルウェアとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フォーマルウェアの意味・解説 

礼服

(フォーマルウェア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/01 16:40 UTC 版)

礼服(れいふく)は、冠婚葬祭の儀式典礼[1]といった、改まった席[2]で着用する衣服。洋装の場合は、フォーマルウェアともいう[3]。礼服の着装状態を礼装[4]といい、衣服の格式によって、正装略装正礼装準礼装略礼装平服などと区別される場合がある。特に夜会[5]で着用される衣服は、夜会服と呼ばれる[6]




  1. ^ 『ブリタニカ国際大百科辞典 小項目版 2015』「礼服」
  2. ^ 『三省堂国語辞典 第七版』「礼服」
  3. ^ 『世界大百科事典 第二版』「礼装」
  4. ^ 『ブリタニカ国際大百科辞典 小項目版 2015』「礼服」
  5. ^ 夜に行われる会合のこと。舞踏会晩餐会
  6. ^ 『新明解国語辞典 第七版』「夜会服」
  7. ^ Kimbei KUSAKABE Marriage”. オーストラリア国立美術館. 2018年1月1日閲覧。
  8. ^ 清家壽子 2002, p. 39.
  9. ^ 清家壽子 2002, p. 77.
  10. ^ 時間(=英語: time)・場所(=英語: place)・目的(=英語: occasion)。
  11. ^ 清家壽子 2002, p. 74.
  12. ^ 清家壽子 2002, pp. 35-36.
  13. ^ 清家壽子 2002, p. 85.
  14. ^ a b 寺西千代子 2014, p. 152.
  15. ^ 寺西千代子 2014, pp. 22-23.
  16. ^ a b 寺西千代子 2014, pp. 156-157.
  17. ^ 寺西千代子 2014, p. 161.
  18. ^ a b 寺西千代子 2014, pp. 158-159.
  19. ^ オバマ前大統領は「何年も同じタキシードを着てた」ミシェル夫人が教えてくれたこと”. ハフポスト (2017年6月8日). 2017年12月30日閲覧。
  20. ^ a b 寺西千代子 2014, pp. 157-158.
  21. ^ Court suit”. メトロポリタン美術館. 2018年1月8日閲覧。
  22. ^ 清家壽子 2002, pp. 142-144.
  23. ^ Man's Morning Coat and Vest”. ロサンゼルス・カウンティ美術館. 2018年1月1日閲覧。
  24. ^ 清家壽子 2002, pp. 144-146.
  25. ^ 清家壽子 2002, p. 150.
  26. ^ UNITED STATES NAVY UNIFORM REGULATIONS Article 3207〜3212 他
  27. ^ 昭和39年総理府告示第16号「勲章等着用規程」第3条
  28. ^ a b 寺西千代子 2014, p. 154.
  29. ^ 2015年4月9日「中日新聞」朝刊35面
  30. ^ 皇室:写真特集・天皇、皇后両陛下がパラオ訪問”. 毎日新聞 (2015年4月8日). 2017年12月30日閲覧。
  31. ^ かりゆしウェアとは”. 沖縄県 (2014年8月29日). 2018年1月8日閲覧。
  32. ^ かりゆしウェアの定義・歴史”. 内閣府. 2018年1月8日閲覧。
  33. ^ かりゆしウェアとは”. 沖縄県 (2014年8月29日). 2018年1月8日閲覧。
  34. ^ 写真より、家紋が袖の背面にあり、前胸にはないため、三つ紋であることが分かる。
  35. ^ 小池百合子都知事、ファッションという名の大きな「武器」”. AFPBB News (2016年12月5日). 2018年1月6日閲覧。
  36. ^ 木村孝 2010, pp. 60-61.
  37. ^ 木村孝 2010, pp. 80-82.
  38. ^ 木村孝 2010, pp. 124-125.


「礼服」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フォーマルウェア」の関連用語

フォーマルウェアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フォーマルウェアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの礼服 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS